何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年05月21日

【作品紹介】アイン様のクハ401。可能性拓く「スタンダード」。

 先に紹介したクハ415-1901/モハ414+415 の続きです。

 トピカルな車両であったダブルデッカー クハ415-1901ではなく、今度は極めてスタンダードなスタイルのクハ401形の基本番台。いや、クハ401があってクハ111もクハ115/クモハ115も生まれたのですから近郊形の始原的な形式なのです。
(いわゆる 新性能近郊形は先に交直両用形が常磐線・鹿児島本線に導入されています)

 先方の記事はこちら。
(未だ製作中、とされているのは1500番代も予定されているからとのこと! 楽しみ)



 いわゆる貫通国電高運転台の顔は「awazo系」の平面割切と、「buchi系」の半ポッチずらし製法の2文脈が有ります。g@ひたひた氏のは後者の亜流でしょうか。
 半ポッチずらしは拙作(475系)でも採用しており、これで良いかと思ってましたが……。

 その中で、過去作にとらわれず新たな文脈を持ち込んできました。
 いやawazo系平面割切に近くも有るのですが、ちょっと立体的。彫りが深い。しかし、平面に割り切ったが故のすっきりした感じは「あの顔」の印象でもあり。
(実は半ポチずらしでの段差はデメリット?)

 アイン様のは貫通扉を凹ませることで立体感を出しているのですね。
 車体裾のアンチクライマー/ステップの表現も見逃せません。

 無論、好みはありましょう。この貫通国電の顔はまだまだ、いろいろな手法・表現・文脈が考えられます。
 ただ、全長26ポッチのボディだと、この顔表現はベストバランスにも見えてきます。


 お馴染みの?4両編成。

 集中式クーラーと、ベンチレータがやや大仰な表現であり、やや戯画的なディフォルメを感じます。濃口のディテールと申しますか。無論、良いバランスです。

 おでこの造形も好ましいです。段差を逃げるな! 段差を活かせ?


 サイドビュウ。部品不足か、ドア部分にも青帯入っているのはやや惜しい。ここが帯なしだとリズミカルな印象が更に強くなりますから。
 それでも、先の中間車……モハ414+モハ415同様の側窓+側ドアは巧く3ドア近郊形の特徴を抑えています。

 床下機器はコンテナボックスの横倒し。エンボスでなかなか雰囲気出るものですね。


 ゲテモノ編成? で街をゆく。
 銀色の混じってない常磐線中電は物足りないですよね? 前も記したような気がしますが、常磐線中電は必ずロング・クロス混成の編成であり、オールロングのハズレの少なくなかった東海道筋や東北・高崎筋よりもまともだったのでした。
(その意味でE231/233系で必ずロング・クロス混成になったのは改善ではあります。硬いけど……)

 閑話休題。アイン様作品も更に1500番代の組み込み予定されてるとかで楽しみ。


 E231系との並び。
 常磐線は新型になるのが遅れましたから、2000年代前半の上野等でよく見られた光景であったでしょう。ちょっと、懐かしい。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 最後に。
 前面にしても側面にしても、アイン様の「割切」のおかげで113系や115系各種の制作がかなり現実に近づいた感じがします。その意義は大きいですよ! 可能性を拓く作品です。

 なにより「特殊な部品への依存」も少ない。つまり、どの色でも作れてしまう。湘南色スカ色カフェオレに末期色。その上、あのへんの車両のバリエーションは無限に近い。原型からJR化後の魔改造魑魅魍魎まで。勿論、東海道筋や関西快速のグリーン車バリエーションさえ再現可能性が。

 いや、原点に戻って401系や421系の旧塗装(ダークレッド? レゴ的に)も可能ですよね。
 さて。自分も長く迷ってた「サヤ420」。早く作りましょうか(笑)。肝心の151系はあるので、あとはED73かEF30か……(笑)。
  
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】碧月様の京都丹後鉄道KTR800形「しろまつ」……「乗ってみたい列車」!

 以前もcadは紹介しました。

 また、2年ほど前に、北近畿タンゴ鉄道のktr700/800形の「あおまつ」「あかまつ」etcはレゴトレインの題材にぴったり! という話を記したことも有りました。

 それだけに、実現が感慨深いですね。

 KTR800 コミューター車両は、観光列車「あおまつ」「あかまつ」「くろまつ」に合わせて一般車両を整備したもの。同じ水戸岡デザインを纏い、調和の取れた姿ですので俗称が「しろまつ」。当初KTR800形1両だったものが、後にKTR700も1両追加。

 なおKTR700/800自体が2ドアで丸ライト、側面は2連窓で転換クロスという、萌え要素のカタマリのような車両。「○○まつ」化で一気に魅力を上げた感がありますね。


 正面より。
 丸みの強い前面が再現されています。丸ブロックは昔からある部品ですけど、この種の造形する分には今でもジャスティス。前面窓はポチスロとクリアブロックの組み合わせ。上部にある角形の張り出しはそれほど気になりません。下方の滑らかさが印象を抑えているからでしょう。

 貫通扉は5プレート分の空間に4プレートで表現。これでもって、微妙な隙間を左右に開ける。この表現、自分の知る限り初めて見る手法ですね。埋め込みホロの表現としてベストなものの一つで有りましょう。広く使えそうです。

 連結器はとりあえずダミー。黒いスカートはジャンパ栓等のアクセサリ追加で更に良くなりそうです。


 側面。全長は30ポッチ。乗務員ドアは割愛ですがバランスは良いといえましょう。
 2連窓は1x2ブロックの横組。それゆえに窓配置はほぼ省略なし(7組が6組に)。

 グラディエーションの側帯が綺麗ですね。水戸岡デザインのキモ、エンブレムも表現できています。明るい車体に裾を締めるカラーリングは良いものです。

 屋根はカーブスロープに依るまろやかさ。1x2 2x2 2x4のカーブスロープは確実にトレインビルドを変えつつ定着しつつ。そのうえ、相場も下がりつつあるので使いやすく……。


 反対側面。
 床下機器はスペース面で、走行用機関のみの表現に絞っていますが、良い造形です。
 



 圧巻なのはインテリア表現。
 水戸岡テイストがこの寸法に凝縮! 手間とコストかけられていますが、その価値があるものでしょう。微妙な中間色を使いこなす。タイルとグリルタイルの使い分けも。
 窓框の表現にも注目です。レール付きプレート使っているのですね。小テーブルも見逃せません。「乗ってみたい列車」になっていますよ!

 側ドアは微妙な凹みが表現されています。クリップとバーで微調整。

 屋根上は、気動車ならではの重装感が。やや濃い口の表現が良いアクセント。


 前面。縦横のベクトルが複雑に絡み合う。
 ヘッドライトの取り付けアームは面白い。良い配慮です。


 台車。近年の気動車らしいシンプルなエアサスらしさが表現されています。
 丸プレートΦ1が使われている部分、本当ならΦ1丸タイル使いたかったとか……。未だに出てこない部品ですが、早期の供給がのぞまれますね。


 さて。気になるのは今後の展開です。
 動力車用に標準の水色を製作予定とのこと。その次は……?
 カラフルな、そして整った編成に期待しましょう。


 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする