何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年05月10日

【イベント】群馬レゴオフ2016レポート ミリタリ・萌・ネタ篇。

 前回記事:
 鉄道篇
 バス篇


 肝心の車関係はtamotsu様がかなり詳細に且つ熱を入れてレポートしてくださってますから、先送りで(笑)。
「カーショーレポートPt.1 | Hot Minifig Rides 2016」


 それよりはミリタリと萌系(この2つは最近は不可分!)。そして「ネタ系」。

 再評価?がなされ最近のレゴオフではすっかりおなじみなベルビル・ジャックストーン……。不遇な彼女・彼らの憂さ晴らしがオフ会と思うと同情せざるも得ません?

 でも、やっぱり可愛くないよ!
 あれ商品企画通した奴ら、バカだろ……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 黒い兵器。良い意味での兵器らしい不気味さに繋っておりましょう。精細な軍用車両モデルは4幅車とはまた違う世界観を作っています。模型なら1/35 みたいな(笑)。


 黒い空系。知識ないので語れないのが申し訳ないです。高度なレゴ的テクノロジと、またコストが注ぎ込まれた作品群であるのは分かるのですが。


 軍モノで見られるのは兵士に装備持たせての「集合」。
 思えば、MMの世界って人形が重要ですし、GIジョーに代表されるミリタリードールの文脈もあります。その意味で、レゴミリタリがミニフィグも重んじるのは当然の流れかもしれません。


 こちらもみなさんの兵士大集合。左のはkimron様の。

 現代戦に於いて人的資源……兵卒のコストが高く付くのは、リアルと同じことのようです。sw……とくにバトルパックはその意味で重宝されているようですね。
(……レゴ社の古参幹部が卒倒しそうな話ですが(笑))


 冗談はともかく。これはパノラマカーと同じく柴様の大型輸送機。
 リベット打ちの角形ボディは遠い過去のもののように見えて、滑らかなキャノピーや翼形は現代性も併せ持っています。ミスマッチも美しい。
 ともあれ、プレートに依るボディは内部容積を取れ、輸送力面で望ましい物のよう。

 長く語ってるのは、輸送機好きなので(笑)。


 おなじみポポ様の防空システム(一部kimron様)。
 ポポ様のミリタリの素敵なところは戦闘車両だけでなく、支援車両も作られてることじゃないかと。世界観があります。


 無論。大洗女子の参戦も見逃せません!
 既に多くの方が作られている題材ですが、年々レベルが向上しているような……。オリーブ色やダークブラウンで戦車作ってしまえる時代、誰は予想したでしょう!

 しかし、右奥のダークブラウンの、特に凶悪そうなんですが。二列のキャタピラとか。


 萌なのとガチなの ロボによる晴れ晴れダンス(懐)。
 真ん中の子。かなり自由にポーズが取れるようです。関節系の進化は止むこと知らず。素体のレベルも上がってます。


 さくりん様の艦むす。これも可動フィギュアの文脈で語って良い作品でしょう。無論、艤装の分は海モノ・ミリタリ・ミニモデル<<続きを読む>>
posted by 関山 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】柴様の名鉄パノラマカー 「適度/製品的」な解像度。

 パノラマカーは既にTN-FACTORY様の作品があります。7000系。

 また、AP様も最近、7500系を作られています。

 どちらもフルスケール精細系ですが、そればかりがレゴトレインの方向性では無いはず!
 違ったパノラマカーが生まて然るべき。名車であり、人気題材なのですから!

 CADなどは少しづつ公開されていた柴様のパノラマカー、先日の群馬オフで完成、お披露目となりました。


 第一印象は「製品的な、適度な解像度」。
 超絶な精細モデルとは方向が違うものの、実車の特徴を的確に捉えたモデリング。プレートを避けてブロックに徹した車体構成も質実剛健に。最近では珍しいトレインプレートに依る台枠もこの作品ではプラスに作用していましょう。車体裾の黒が全体を引き締めているのです。

 一番の特徴は、City6幅車用のキャノピーが、そのまま使えてしまうということ。これがまたパノラマカーの、平面ガラスで構成された展望席周りに見えるのですね。

 そして、前面サボ周り。フロントアイ。やはり角ばった運転台周り。極めつけは運転席への梯子穴。
 パノラマカーに必要なディテールのすべてを備え、バランスよく固めています。

 惜しいのはクーラーの台数が少ないことかもしれません。クーラーの増設と、できればベンチレータの設置で印象は更に化けてくるはず……。


 遠方にモノレールやDRCを眺む。良い意味での絵本的情景♪
 

 中間車。先頭車もそうですが、ドア開閉前提としてドアは両端にアレンジされています。編成としてみると違和感は皆無。パノラマカーベースの有料特急専用車……に見えなくもありません(70年代に検討はされてたらしいですよ?)。
 なにより、ドア開閉は元来のレゴトレインのスペックでもありますので、コダワリは嬉しいところです。

 新濃灰の床下機器や台車のエアサス周りも大きな効果を上げておりましょう。真黒では重苦しい印象になりそうなのを、随分軽快に見せていますから。
 

 窓なし部分はなんかのサービスコーナー? とか思うと夢が膨らみますね。
 8800系のパノラマDXでは、おしぼりサービスや車内販売などもあったことが思い出されます。
 レゴ的には電池boxの置き場ですが。


 そういえば。パノラマカーの魅力の一つは「数の多さ」でもありました。特別な電車というよりは、名鉄の主力車種の一つでありましたから。
(その昔、AL車狙いだと、パノラマはフィルム勿体無いから撮らないなんて酷いことしてました。勿体無い!)

 柴様の製作予定的に可能かどうかは分かりませんが、この解像度ならば複数編成の制作も可能かもしれません。P4(7000系4連)同士の重連とかぜひとも拝んでみたいものです。
posted by 関山 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする