何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月20日

【作品紹介】ルビー様のオハネ24。ブルトレ客車のパイロットモデルか?

 さて。レゴでブルートレイン客車(24系など)作る際には2つの選択肢がありました。 一つは10ン年前のこの世界の黎明期からの「トレイン窓使う方法」。awazo様の「夢空間北斗星」や、20系客車が代表でしょうか。

 もう一つが「2x2パネル横倒し」。後者は隼様の「はまなす」とか、taizoon様の「銀河」。昨年のトワイライトエクスプレス合同制作で用いられました。

 今後は後者が主流かな……と思っていたら、この作品です。


 トレイン窓使用のオハネ24。しかし、屋根の表現は今風です。
 また、金帯の表現もダークタン。ここも今様。

 全長は34ポッチ。これも過去に造られてこなかった寸法。意外とバランスは良いのですね
 


 反対側より。
 なお、この写真は「はまなす」のオハネ24内で撮影されたもののようです(笑)。

 屋根は1x3カーブスロープ大量使用に依るものみたいです。その下にプレート1枚入れることで寝台車らしい屋根の深みを表現。

 あぁコストさえが許容されるなら、ベストな表現であることを再認識させられます。あとパーツ小分けにし過ぎると重量の問題が出てきますが。

 両方の問題で、あの曲率の3x4カーブスロープが供給されたら、状況は大きく変わってくるのでしょうが……?(3x2は最近出たらしいですが) 



 実物とご対面。シグフィグ乗車中なのですね!
 こういう使い方を想定すると、大きな窓……トレイン窓のメリットを感じさせられたりもします。

 さて。バランスに欠くと思いますのでここは2x2パネル横倒し作品も見てみましょう。


http://legotrain.seesaa.net/article/430756659.html
 より、隼様のスハネフ14 550番代(元オハネ25)。
 屋根は45度スロープの上に2x4カーブスロープ。これならコスト的にギリギリ許容?


 さて、どちらが良いか?

 簡単には解決しない問題ですが、フルやショートのスケール問題、6幅か7幅か8幅かの幅問題同様、「どちらもあり」が結論でしょうか。
 昨年のトワイライト……のような合同制作以外では、個人で編成モノを統一スケール統一規格統一仕様で作れるようになって久しいですから、無理に合わせるより、「作りたいもの(作りやすいもの)がベスト」と。

 示唆に富んだ、パイロットモデル?ではあります。
 
posted by 関山 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】おもちゃとしての「3Dプリンター」の可能性(マテルの300ドル3Dプリンタ)

http://wired.jp/2016/02/18/mattels-3d-printer/
 より。

【おもちゃメーカーがつくった「おもちゃ製造3Dプリンター」】
玩具メーカーのマテルは「ニューヨークトイフェア 2016」で、自分だけの玩具がつくれる300ドルの3Dプリンター「ThingMaker」を発表した。」


 レゴ・マテル・ハズブロ(……だったと思う)の世界三大玩具メーカーの1角よりから、300ドルの3Dプリンタ登場……だそうです。10月発売予定だとか。

 無論、300ドル。性能やクオリティに過度な期待は禁物でしょう。

 ただ、玩具業界も3Dプリンタに興味を示し、先鞭をつけてるという事実は興味深い。以前、レゴ社は3Dプリント技術に否定的ではない……という記事を記しました。

【ニュース】3Dプリンタでレゴパーツを作れる時代は来るか?
http://legotrain.seesaa.net/article/390539897.html

 将来、3Dプリンタがもっと普及した先で、ユーザによるパーツの出力はあり得るのか?
 非公式にはともかく、「公式」にはレゴ社のお墨付きが求められるでしょう。で、レゴ社はその方面はどうやら積極的なようです。上の「TIME」の記事では、

「3次元印刷が魅力的な開発であり、確かに新たな道をたくさん開く」ジョン・グッドウィン、レゴの最高財務責任者は語った。

 とあります。
 無論、3Dデータには何らかのDRMなどは掛けられるかもしれません。でも、レゴのブランド性を肯定する多くのユーザはDRMを否定的には考えないでしょう(Itunesとユーザの関係の様に)。

 まぁ今のところは、DRMとか著作権侵害以前に3Dプリンタの出力が、「大企業が低賃金国(東欧や中国など)の工場でインジェクション整形されるもの」のコストを下回るって未来は未だ想像しにくいです。

 おそらく3Dプリンタデータとして供給されるのは、小さなフィグ小物や使用数量の少なそうな特殊パーツに留まるのでしょう。あるいはユーザのアバターであるとか、氏名などの彫り込みであるとかのパーソナライズカスタマイズって方向も考えられます。その意味では需要はありそうにも思えますが……。

 ライバル?マテルの玩具3Dプリンタの登場で、この未来が現実に一歩近づくのでしょうか……?

 wiredの記事には記されていませんでしたが、マテルの3Dプリンタは文字通りのプリンター商法(消耗品……フィラメントで稼ぐ)のかもしれません。
 その意味で申せば、「レゴ社の3Dプリンタ」は純正フィラメントで稼げる良いモデルにも思えます。普通のプリンタでは純正カートリッジで稼ぐモデルは破綻しつつありますが(苦笑)、レゴに関しては純正品以外は認めたくない、ロイヤルティの高いユーザが主体という構図がありますものね。
 
 レゴ社の3Dプリンタや、3Dプリントサービス(レゴストアなどで対応)は、案外遠い未来ではないのかもしれません(というか、さっさとやれ! やってください
 
posted by 関山 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする