何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月08日

【作品紹介】あおつき様の京都丹後鉄道 KTR700形(CAD)

 以前、北近畿タンゴ鉄道(現:京都丹後鉄道)のKTR700/800形はプロトタイプとして魅力的という話を振りました。
【実物鉄道】気になるKTR? 赤松・青松・黒松・白松……。
 北近畿タンゴ鉄道線の標準車。KTR700・KTR800(wikipedia)という気動車は意外と萌え要素の塊です。
 側面の2連下降窓は阪急京都線特急か、はたまた往年の急行グリーン車か? シンメトリックなサイドビュー。車内は転換クロス。
 前面は半レトロスタイルの丸ライト。パノラミックウインドウもリッチな印象(略。
 今は観光仕様の「赤松・青松・黒松」があり、加えて「白松」ことコミューター車両KTR803号に703号が加わってる由。

 どれも、レゴで作れそうな造形、配色なのです。

 他力本願な(苦笑)記事では有りましたが。動きがありました。


 あおつき様による、CAD検討です。題材はKTR703号とのこと。
 記事を書いた時とパーツ事情も変わり、想像以上に円やかな姿になっています。

 前面、カーブガラスの表現が美しい。腰回りのカーブと綺麗につながっています。ヘッドライトレンズが未だ付いていませんけど、ここは最後のお楽しみでしょうか……無論 Φ1丸タイル?
 貫通幌は実物の埋め込み幌を再現してきました。車体裾はこの表現が良いのか、3x3片隅丸プレートx2の方が良いのか難しそうですね。自分も造るとしたら迷うと思います。

 オデコと飛び出たヘッドライトもそれっぽい。嫌味ではないレトロ演出です。

 側面に目を向けますと。2連窓を横組。そして実物通り7組。この種の気動車にしては「フルサイズ(20m)」ですので、長さを感じさせる構成は正解でありましょう。

 全長は34ポッチ。32ポッチ=20mと考えるとやや長いのですが、あと2ポッチは詰めるの難しそうですね。ドアと窓の間を詰めるのはエンブレムあるので無理ですし。ここは難しいところです。窓数減らす手も最終的には有りかもしれませんが、7組を6組にすると、車体の印象もまた変わってきそう。落とし所は何処に?
 

 さて、もう一つ素晴らしいのはインテリアの再現。
 ”白松”は飽くまで他の「松」と連結するためのコミューター車両ですので過度に水戸岡デザインは入って居ないはずなのですが、それでも楽しげな車内。

 水戸岡チックなファブリックの使い方が、様々なタイルで再現! デッキ仕切りとのカウンター部分も表現されています。

 思わず、このクオリティで「青松」「赤松」「黒松」も……と言いたくなってしまうのですね。

 ただ、それ以前に動力車として通常色車が必要かもしれないとのこと。9vにすればインテリア問題も解消しますが、9v環境は年を追うごとに悪化していますからお薦めしにくいのが困ったものです。

 それでも、カラフルかつ整った編成が実現すること、楽しみにしております。
posted by 関山 at 23:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】Adiemus様のCADより 別解釈の瑞西国鉄RABe511形電車?……もといBLSのRABe515形



 先日、sauseiji様の瑞西国鉄の近郊型電車「RABe511形」を記事にしました。
 見れば見るほど再現が困難な題材……と称しましたが、別解釈のモデルをAdiemus様が上げてきました。


 sauseiji様の作品は斜めの赤ラインを優先し、その代わりに前面傾斜を省略していましたが、adiemus様のCADでは赤ラインをレゴで作りやすい形……直線的に割りきって、その代わりに前面の傾斜やラウンドを割愛せず再現しています。
(わかりにくいですが、前面下部でカーブスロープにより絞りこまれています)

 やはり、最適解の出てきにくい難しい形状ですね。
 それでも、よく雰囲気は掴んでいる!

 側面は窓を横組に。2階の曲面ガラスは斜めにつけることで解消。
 寸法は40ポッチ超えか? かなり大きいというか、小さく造るのが難しい題材と言えそうです。2階電車であることより、ドア配置がレゴトレイン的には鬼門かもしれません。ホイールベースの間に2ドアですから。

 さて(一拍おいて)。

 この作品は厳密には瑞西国鉄RABe511ではなく、それっぽい嘘モデル?です。
 昔の鉄道模型メーカーなら金型を共用するレベル(笑)の同型車、瑞西の私鉄BLSのRABe515形が本命なのでした。
 ちなみに両者のメーカーは同じシュタッドラーで、姉妹車ではあります。


 塗色と前面の処理の差異でかなり印象が変わってますね。
 前面窓そのものは瑞西国鉄車とくらべておとなしい形状でしょうか。


 

 レゴでのビルドだと、ごまかしの効かない単色のボディは瑞西国鉄版より難度は却って高いかもしれません。しかし、前面側面とも車体造形はリアルです。ボリューミーでもあり、スリムにも見えるあの形状。
 ライムの色差しはきっと実制作されたら鮮やかに見えることでしょう。

 細かいところですが、側ドアの下の裾絞りが芸コマ。ここだけ上下が逆転している……。

 SBB版・BLS版とも、概ねこのラインのまま実製作できそうな雰囲気ですね。
 実制作にいたらずとも、欧州系2階電車ビルドの参考になってくれそうです。
 
posted by 関山 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】minifigures Series16(71013)の噂

 まず、その前に71012 ディズニーシリーズが有ります。

 あと、ドイツのサッカーチーム版があるそうです。しかしサッカー版は全然話題になってませんね……。レゴ社とスポーツ関係は相性あまりよろしくないので「やめときゃいいのに」という感じではありますが。

 情報源はThe Brick Fan より
Babysitter
Wildlife Photographer
Cyborg
Ice Queen
Penguin Guy
Banana Guy
Spy
Imp
Hiker
Rogue
Arabian Knight
Serenader
Spooky Boy
Scalawag Pirate
 この地点での噂話故、眉唾でお願いします。以前もデマは有りましたので。
 ただ、リアルティはあります。

 まず、きぐるみ系が二種類(バナナ+ペンギン)は画期的ではありますし、それが信憑性を損なっているという見方も……。ペンギンは待望されていた方も多いでしょう。
 ベビーシッターは、Series15での「赤ちゃん」思えば納得です。
 ローグは「森の人」風かしら?
 「Arabian Knight」は洒落が効いてるなぁ。少し前のプリンス・オブ・ペルシャ思い出す?
 「Serenader」はセレナーデを歌う人。但し男性です。
 「Spooky Boy」は幽霊のような少年。以前の「Spooky Girl」の対か。
 「Scalawag Pirate」はヤクザものの海賊と訳しゃいいのかしら。腰抜けという意味もあるみたいですが。
 それからリストは14種。あと、2枠ありますね。女の子枠希望待望……。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  

 シンプソンズ壮絶に売れ残ってるみたいです……。パーツとして価値見いだせる方向け?
 Series14は良作だったのになぁ……。ホラー系は堅いはずですし。
 Series15 日本で値上げしすぎ。現状20%offですけど。
 
posted by 関山 at 13:47| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする