何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2016年02月06日

【アジア系互換品】Wange、中華製モジュールの時代到来!? デザイン良。でも品質は……?



 情報源はpgy様。
https://twitter.com/pgy167/status/695610186703056898
https://twitter.com/pgy167/status/695610106570903552
 画像も上記ツイートから引用させていただきました。
 2016年4月に同時リリースするとか……可能なのかしら?

 なおwange(Ligao)は狂気のイギリス製偽レゴまとめの「communist Lego」によると、この種の互換品の中でもあまり評価は高くない模様。


 Ligao(wange)は24位。ちなみに公式輸入のあるKreoは6位、メガは10位。
 日本でも知名度の高い? 啓蒙(Enlighten)が9位というランキングにおいての話です。つまり、「啓蒙」くらいなら大丈夫だろうと思うと痛い目を見る……?


 いきなり夢の醒める話はともかく、商品を見ていきましょう。


 ユースアパートメント。幅は48ポッチで本家モジュールの32ポッチより過大なサイズです。インテリアも含まれるとか。


 消防署。車庫はシャッターあり。
 これも48ポッチ幅か。奥行も同じく48ポッチありそう。つまりレゴのモジュールビルが「大きすぎるよ!」という方には向きません。
 大柄なのは好みじゃないですが、デザインは良いです。デザインは!


 「スターバックスと7-11」ほんとにこの商品名です。各本部の許諾得てるとしたら凄い話ですが……。
 クラシックなビルに現在風のコーヒー店とコンビニが入居してるという情景はリアルではあります。デザインはむしろ最高かもしれません。

 モジュールそのものも、本家にはない、「島端」用ですね。幅は90ポッチ位ありそうです(規格的には96ポッチか?)。置き場所に悩みそうです。


 「警察署」。重厚なデザインは確かに望ましい。大きさゆえの迫力は否めませんし。


 「Chinese Herbs」 香料屋さん? なんであれチャイナタウン的なビルディングです。これが出てくるのは中国のメーカーならでは……でしょうか。
 これも、悪くはないんですよね。

 さて。
 モジュールビルは「組んだらそのまま」という方は少なく無いと思います。自分もその一人ですし。つまり、偽レゴでも一度素組しちゃってバラすことは前提にせず、そのまま保管すること前提なら問題は少ない?
 また、JAMのような大型催事には、モジュールビルサイズの大型建物を沢山借りたいなぁ……と思うことも多々あります。その意味で数と種類が手に入るのは有難い……。

 些か大きすぎるのは若干の抵抗有り。まぁ大は小を兼ねるので小さく本家モジュールサイズや本家ミニモジュールサイズに再構成すればよいのですけども。

 で、その辺を割りきってもなお残る最大の問題
 「Wangeの品質」(苦笑)。
 せめて「啓蒙」品質ならなぁ。

 レゴで組む時の、デザインの参考にするのが無難かしら。
 
posted by 関山 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品[トレイン]】何処まで信じて良いうわさ話か。ホリデートレイン

 朗報か? しかし。
 情報源が限られているのでなんとも。The Brick Fanの2月4日の記事より

 先方の記事をとりあえずそのまま下訳(google)したものを載せます。
「ここ数日LEGOコミュニティの周りの話は、今年後半に出てくることと噂されている新しいLEGOホリデークリスマストレインについてです。これは、最初Eurobricksでネスクイックによって報告されたとJust2Goodによって明るみに出ました。それは2006年ホリデートレイン(10173)の再リリースではないことを述べたので、私たちは冬の玩具ショップの再リリース(10248)で昨年起きた同じ問題を心配する必要はありません。彼らは真のかもしれないと言っているので、どのような過去に前に合法的な情報を与えているネスクイックに注意してください。いくつかの具体的な詳細が明らかにされるまで、私はこの噂にすぎ入れないように、もちろんの事はホリデーシーズンロールアラウンド時間によって変更することができます。新しい休日列車が実際にこの冬を出ている場合は、あなたたちはそれを拾うだろうか?」



 イメージ画像。2006年の上記製品のそのまま再販ではない、ということらしい。
 

 ただ、幾つかの懸念が有ります。
・未だ公式の話ではないので、情報自体が眉唾。
・10173の復刻ではないとしたら、改悪される可能性だってある。
「4幅でフィグスケールではないマスコットモデルの可能性」もある

 過度な期待はしないことにしましょう。いやマジで。

 あと個人的な意見としては、10173みたいな方向ではなくて欲しいのはもっとリアルなものだったりします
 その一方 あの路線は普通のレゴファン 普通の人々にはアピールする力はあるでしょうし、何より新製品が出て欲しい気はします。無いよりはマシ、みたいな。
(10173もそういう扱いでした。当時)

 ※:更に付け加えると、幼少時に「汽車好きでしょ」っていってプレゼントされれるファンシーな汽車ポッポなグッズとか抵抗感もったことありませんか? そういう雰囲気。

 それにしても。レゴ社はファンのニーズとは微妙に外したものを出しておいて「鉄道系は売れない」と判断してる懸念が拭えません。典型が2015年の「パワフル貨物列車」かも? デザインはさておき、ファンがほしいのは単品の機関車や客貨車であって「セット」じゃないってゆーの!

 あと、トレイン界隈って、欧と米の間の断絶は物凄いんですよね。
 マースク出したら欧のファンはブーイング、ホライゾン出したら米のファンはブーイング、なような(苦笑)。アイテム数が増えれば・増やすことができれば欧米で住み分けもできるのでしょうが……。
 
posted by 関山 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする