何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年12月02日

【ヒント・アイディア】小型Y字ポイントを自作してみました

 世の中には、モノレールの桁やポイントを全レゴパーツで自作される方がおります。
 また、ナローゲージのポイントを自作するものも居ります(過去記事)。
http://legotrain.seesaa.net/article/383097926.html
 主に海外事例の紹介。
http://legotrain.seesaa.net/article/383328551.html 
 関山なりの完成作。

 それに比べれば、通常軌間の通常鉄道のポイントの自作、当然なのかも?知れません。
 それほど難しくはないのです?

<画像>
 発想のヒント。なんとなく曲線レール重ねてたら「!」。最近のNゲージにありそうなミニサイズY字ポイントに見えてくる。小さいからレイアウトの自由度高く!
 これ使えねぇか? と思いました。
 
 最終目標?として9vレールを切りはりしちゃう魔改造も考慮に入れつつ、手軽に出来るのは4.5vレールなどを使用した「自作」の方です。





 一次試作品
 以前、ナローポイント造ったとき同様、「外枠」を4.5vカーブレールで造ることから優先します。如何にもポイントな複雑な「中身」は後から考える。
 基礎板の上にポイントの構造を制作していく感じ。レール部分はタイルを縦に使う。クリップで角度つけつつ留める。護輪軌条で兎に角フランジ誘導。

 可動部分は根本の1x4タイル。ここを動かすと車輪フランジが誘導され、左右への切り替えができます。

 しかし、なにか物足りない。
 あと、8x16みたいな特殊サイズ基礎板ってそんなに持ってません(苦笑)。


 量産品
 試作品に対して、薄型化成功! そして基礎板依存からの脱却。
 どれ位薄いかというと、高さが普通のレゴレールと全く同じ3プレート厚。どんな場所でも(いや机か床は必須ですが)段差なくレイアウトできる。



 基本構造は同じですが、内部レールを立てたタイルから通常向きのタイルに変更。タイルは二箇所ドメでそこそこ強度もあり。
 可動部分は調整の末、1x6タイル2本となりました。 


 裏から見ると。


 Y字に分岐させるとこんな感じ。
 複線間隔は枕木除いて5ポッチという微妙な値となります。小さなプラットフォームはおけますね。庫内などの分岐にも適切か。

 直線2本分で側線分岐出来ますので、側線分岐に直線3本分を要する純正品より大幅にコンパクト。小型電車中心のレイアウトでは「小さく見せる」のは重要!


 テストは小型動力車の他、あの「EF58」でも行いました。いや、普通の純正カーブと同じ曲率ですのでEF58(2B+B2 車輪お化け!)でも大丈夫な筈なのです。理論上は。

 製作中の手転がしテストと違い、動力車は小型でもパワーあるので一部構造の破壊なども起こりつつ、最終的に安定通過に成功させました。
 流石にEF58が走る本線系に使う気はないですが、狙ってる「小型電車オンリーの世界観」なら実用になりそうです。速度も控えめで。

 フランジを誘導する転換用タイル(1x6が2枚)は2本を寄り添う形にすると強度出ます。此れならEF58だって通過できる! というかEF58でテストしてこの使い方が良いと結論。

 問題点を上げると、実物やレゴのポイントのように反対方向からの割込進入が出来ません。同じ意味でスプリングポイント的な使い方も出来ない。今後の課題です。


 可能性。ミニサイズの渡り線。

 それもS字カーブ上にあるエクストリームな渡り線! 実用性はともかく、小型電車的路面電車的世界観には似合いそうですよね?
 また、小さなポイント連続できるので、電車区みたいな施設をコンパクトに出来る……かも?


 可能性。小さなデルタ線ができる!
 これも小型車な世界観向けでは有りますが……理論上は、展望車つけたEF58の牽く特急でもこのデルタ線で方向転換できることになりますね(笑)。カーブそのものは通常トレイン用ですから。


 さて。最終的な狙いは言うまでもなく神奈川県の、あの緑の電車。
 或いは、最近鉄コレになったばかりでちと話題の、電動貨車が客貨車牽いてたあの軌道(秋田県、1970年ころ廃止)もいいなぁとか。あんな雰囲気の運転にミニポイント、欠かせません?

 大カーブの複々線をフル編成が行き交うばかり、がレゴトレインじゃないんですから(笑)。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】アイン様の209系ミュートレイン/特別展示は密度感高し!

 気分屋氏の江ノ電300形第二編成が真っ白な広告塗装車再現?で気になるところ。既に真っ白?な電車作品がありました。

 アイン様のブログより「レゴ 209系ミュートレイン」

 209系ミュートレインは余剰の209系を2008年に転用改造したJR東日本の事業用電車。
 各種新機構のテストヘッドとして、その後継続的に使われてる由。2015年現在でも使用されているようです。


 まさかのレゴトレイン化!
 側面のドットパターンの帯は、思いっきり高難度ですのに。

 先ず209系としての造形が良いです。実車の無機的な雰囲気がよく出ている伝わってくる。前面は額縁顔の表現で、タイルは外張りではみ出してはおりますが、全体の印象からすると気になりません。寧ろ前面が6幅+プレート2厚になることで、レゴトレインで起こりがちなウマズラ問題を回避してるかのよう。

 ライトケースはクリアタイル。コスト掛かってますが見栄えが良い。
 車体裾のステップ表現も見逃せません。

 軽そう車体の割に頑丈そうなスカートも印象的です。タイル使うと却って重量感が出るのが面白いと。

 そして、肝心の帯。省略されながらも十分にそれらしい。省略の仕方が巧いのです。


 末期209系の特徴、側窓の開閉(分割)された様子が分かります。面白い表現ですね。

 帯は……手間とコスト掛かっただろうなぁという印象なのですが、無論、その効果は十二分に顕れておりましょう。実物同様「見る人驚かせる!」力を持っています。前面同様、パターンを上手く省略して、雰囲気を伝える。

 なお、209系のような現代的?通勤形表現としてもできの良いモデルですので、何時かノーマル仕様も拝見したいと思うのでした。


 屋根上。つるつるな仕上げが今の電車という感じ。増設された?機器箱も事業用車っぽさを盛り上げる。パンタ周りとか気になるところです。


 話題のE235系との並び。ミュートレインからE235系へ。技術は継承されていったのでしょうが、デザインも関連性がありそうですね。
 
 インパクト十分な白い電車の活躍、楽しみです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


レゴ特別展示 Part1
レゴ特別展示 Part2
レゴ特別展示 Part3



 なお、アイン様は勤め先の催しでの模様を記事で上げてくださっています。個人出展として相当な規模。お子さんの作品持ち込みなどもあり、社内催事として好評だったようですね。複線エンドレス+側線(張りだした「半島」部)という構成。

 先ずは「役者」が良い。E235系と103系の並び。本エリアは徹底した都会風です。


 分岐したエリアは田舎風。畑の表現が楽しい。小さな駅には旧型国電が似合います。


 横をすり抜けてく本線。


 全体の配置。赤いビルと青いビル、相当な高さあり。建物の密度感あるのでより大規模に見えます。魅せ方が巧い! 勉強になります。


 ホームと駅舎。駅舎は黄色い建物。レゴって原色で組んでもどことなく品が良いのを再認識。


 リアル系な建物群。シールによる看板の効果って大きいものですね。OKストアの大きな看板。マクドナルドの部分的に使ったレンガ壁。
 また、ミニフィグ群や車の「密度感」も好ましいのです。

 どこか、公開のところで展開する機会もあればなぁ……と思うのでした。
 

posted by 関山 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする