何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年12月01日

【作品紹介】気分屋様の江ノ電300形 イメージ通りの「えのでん」。


 いやもう、敵わないです(笑)  出来も時間も。
 でも、この作品がどれほど製作中の拙作に対してやる気を刺激してくれたことか(笑)。

 江ノ電300形は江ノ電の嘗ての主力車。
 1950年代に登場した初の連接車として、輸送力の向上に貢献。原則旧型車両の改造によるものであり、それが故に6編成有りすべてが違う形状をしておりましたが、現役は305Fのみ残存。而して、イメージリーダー的存在に。

 また、305F同様に近代化改修を重ねた303Fや304Fは21世紀に入っても残存していました。多くの方の記憶にも残っていることでしょう。


 特定の編成の再現では無いとのことですが、1段窓で冷房搭載、全体に近代化された姿から303Fか304Fの1990年代以降の姿がモチーフでしょうか。前面の印象は305Fですね。

 ともあれ、多くの人がイメージする「江ノ電」そのままの姿を旨く要約したとも。

 つるつる仕上げの屋根、張り上げの処理。丁寧な感じが伝わってくる。
 全長は27ポッチ。フルスケールに近い感じ。既存作では嘗てのsuu様の1000系に世界観揃うかも知れません(あの作品も27ポッチ全長)。

 側窓は2x2の新型窓のタン色が潤沢に使えるのは、江ノ電制作には追い風?になっていましょうね。前面も同様に。

 灰色の足回りはレゴ的にはハイコストですが(苦笑)、近代感を盛り上げます。
 近代化というと、屋上の冷房装置もタイル仕上げの丁寧なもの。


 前面は薬師山氏の手法で、ちょっと折妻の後退角が付いてる。微妙な角度が良い感じ。300形は真ん中だけ広い窓(中央運転台)が特徴ですが、ここだけパネルによる事の表現ですがシンプルながら雰囲気が出ているものです。

 おでこ部分。あの丸みは当然、カーブスロープで。
 1x3カブスロは登場以来10年すっかり定着した部品ですが、緑が出まわるようになったのはこの1-2年でしたね。これじゃないと303-305Fじゃない! と。
 なお、おでこ部分は平面で後退角なしですが、ここは不思議と違和感皆無です。

 割愛というと、テールライトは意図的割愛? ここは作者の意図をお伺いしたいところです。無いのは無いなりにすっきり感がありますから。

 連結器はダミー。胴受けが精細です。
 取り外しは容易に見えますので、将来の重連運転?も可能かもしれません。


 側ドアは1/4ポッチの凹み表現。内部でバークリップ固定とのことです。
 よく見ると戸袋窓は2x2窓を裏面で使い、表情に変化出してる。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆




 そして、現在製作中の第2編成。
 真っ白なのが目を引きますが、これは一時期多かった広告塗装再現らしい。これはこれで一時期の江ノ電を思わせます。


 江ノ電。300形以外にも1000形や2000形と云った新型。10形20形といったレトロ電車。個性的な新500形。或いは過去の100形タンコロ(SUU様に昔の作品ありますが、今の技術とパーツなら……)。またまだ魅力的なプロトタイプに溢れていましょう。
 皆様の参戦が楽しみなところです。

(自分も早く301Fと502F完成させたいと……)
 
posted by 関山 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】「12月5日土曜日 レゴ艦船オフ会」に参加します【今週末!】

レゴン様(凄い帆船造る方!)主催の「レゴ艦船オフ会」が今週末に迫りました。

 艦船オフではありますが、スペース的にお許し出たので鉄道系参加です。
 隼さんも参加され、「はまなす」持ち込まれるとか。
 ……船じゃなくて(複数ありますね)列車のほうです(笑)。関東では初お披露目。

 詳細及び参加は以下参照下さい。
 http://twipla.jp/events/166849
開催日時:12月5日(土曜日) 9時〜18時(最大21時)
開催場所:川崎市国際交流センター・レセプションルーム
参加条件:レゴ好きの方
 
 ※twitterのアカウント無いなど、どうしても上記から参加表明送れないという方は、大至急で関山宛にメール下さい。主催者に伝えます。

 いつもどおり? 9v環境を軽めに備えますので、鉄道系持ち込みも(たぶん)大丈夫です。自分は青大将「つばめ」は近作として持ってくる予定。新作も間に合えば良いなぁと思いつつ。

 本来なら港湾っぽく貨車沢山とかあると良いのですが……現状手持ちに無し。港湾っぽく新型の通勤電車(臨海再開発などので)とかもあると良いのですが、これもダメ。
 せめて港湾っぽく8620の牽くボート・トレインでもあると……これすら出てこない(苦笑)。


 あ、南海11001なら船車連絡してましたね(難波〜和歌山〜徳島連絡の特急「四国」)。ギリギリありかしら(笑)。間に合うよう頑張ります。
 



 レゴンさんはこういう船を造られる方です。9月のレゴ八タウンの時は皆の度肝を抜きました……。今回も此れを拝めます! 見学だけでも価値あります。



 豪華会場。華やか!
 これでも参加費500円(笑)。皆様のご参加お待ちしております。
 
posted by 関山 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】エースくんの「エースカー」新塗装! 最速のモデリング

 まさに時事ネタ、です。

 先に話題になった近鉄の汎用特急車の塗色変更。車種にも寄りますけど、やはり新系列の22000系や22600系に塗られると「似合う」としか。賛否は割れるでしょうけど、オレンジメインの現塗色は近鉄特急の伝統……と言い切るには暑苦しい感じが否めなかった。

 対して新塗色は白ベースに、伝統のオレンジを差す。
 白は21000系アーバンライナー以降、寧ろスペシャルな特急車に専用されてきた感が有りましたので、汎用車の底上げ?に使うのも「有り」に思えます。22000系に施された実物よく見ると窓枠とかの21000系同様の丁寧さが窺えますからね。
 電車の隠れた美しさを引き立てる塗色と思うのです。

 ※褒め倒すのも何なので一言申せば、窓下のオレンジ帯は無いほうがすっきりして良いと思いますが。


 その新塗色を、いつもどおりスピーディに再現!
 先ず22000系(22600系)そのもののモデリングとしてはシンプルながら特徴とらえたもの。シンプルが粗さになっていない。製作者の年齢を考慮すると水準を凌駕する出来なのです。というか腕上げてますよね。

 特に前面、運転台窓上のライト表現が秀逸。前面窓を大きく見せつつ、ライトケースらしさも両立してる。ツライチすっきり。

 前面から側面の斜め塗分けの階段状処理も違和感ありません。
 

 前面アップ。貫通路開閉ギミック有り。凝っています。
 おでこ部分の斜めというか丸み?のために、垂直ながらも全体に丸みというが流動感がある前面なのですね。


 連結面。転落防止幌が良いアクセントに。

 窓は側面も含めてトランスクリア。
 実物のイメージは寧ろトランスブラックなのですが、ここは入手しやすいパーツの関係でしょうか? 而して、却って明るくフレッシュな感じを演出しているようにも見受けられ好感も持てる表現です。
 車内がよく見えるので、椅子部品でも並べておくと効果的でしょうね。

 あと窓は連続窓よりも、2個づつで間に1x1ブロック(黒)でピラー表現すると精細感上がってくる? 現状のすっきり感とは相容れないかもしれないので判断は割れそうですが、試される価値は有りますかも。

 
 この新塗色の近鉄特急の活躍もこれから。
 今後、塗替進むに連れポピュラーなものになっていくでしょうし、当然、過渡期には混色編成も観られることでしょう。ただでさえ混結カオス上等な近鉄特急がますます楽しく?なってくる。その再現も含め、面白いことになってきそうです。
 

 


posted by 関山 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。