何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年10月31日

【昔のレゴ】1972年の高年齢向けカタログ/1977年日本語版カタログ/他(wing様提供)

 昔のカタログの話題も久々ですが……。

 wing様が以下の日本語版カタログをbrickshelfにあげてくださりました。

 「1972年 高年齢向けカタログ」
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=558283


 「1974年 カタログ」
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=559842
 ※:これは以前、自分も記事にしています。


 「1977年 カタログ」
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=559843

 また、幾つかのオールドセットのインストラクションも。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=559844


 ざっと内容見てみましょう(各リンク先から内容読めます)。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=558283
 1972年の高年齢(といっても6歳〜)カタログは独自内容! 
 20ページ中14ページをトレイン……もとい「汽車セット」に充ててくれてるのが、今の鉄道関係蔑視して久しいレゴ社の方針から見るとウソのように思えてきます……。この時代は貨車や客車、モータなし機関車の単品売りがあったのですよ!


 今で言うところの「テクニック」の萌芽がここには有ります。
 おもえば、大きく育ったものですね。
 
 個人的には4−5歳には歯車系はまだ使いこなせませんから、6歳以上対象は納得です。でも、ハマれば良い工学教材になったことでしょう。
 機械の設定などが楽しいです。このカタログ、当時の一般カタログが親世代向けなのに対して、6歳の子供が自分で読むこと前提なのですね。


 裏表紙。当時は未だレゴが小さな子供のもの。小学校中学年以上は卒業すべきもの……と思われてたのでしょうか? そんな雰囲気を感じさせます。そして、ソレを打開しようとする意志も。
 
 その意味では、ハイティーンどころか大学生も、或いは大人もレゴで堂々と遊べる今って良い時代なのでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=559843
 1977年版。全体に英語・独語版などと同じ内容です。表紙は未だ「レゴファミリー(ホームメーカー)」推しです。ミニフィグは1978年(旧ミニフィグは1976年)。この意味では革命前夜。
 個人的にはレゴファミリーのでかいフィグは苦手でした(実際持ってなかった)。


 巻頭言。やはり「知育玩具」として「親世代」に向けて記されているのが窺えます。
 明朝体に白バック、やはり自分のレゴの刷り込みはこの辺だったり。今の……というか1990年代からのカラフルなカタログが未だになじめないのですね。

 商品のラインナップは1976版より整理されてる印象です。個人的には懐かしい品もありますが。

 思えば、1978-1979年はミニフィグ・街シリーズ・宇宙シリーズ……レゴ社のラインナップが大激震・大変化したころでした。お城にテクニックも続きます。
 1977年版は「古いレゴ」の最後の輝きだったのかもしれません。

 そして。
 1978版日本版カタログはまだ発見されていません。
 ちょうどこの年にレゴの扱いが不二商から日本レゴ株式会社(=レゴジャパン)に変わっていますので、カタログ自体出ていなかった可能性も高い……。
 当時のリアルタイムの記憶としては製品封入のミニカタログ(無論海外版)があり、それほど製品情報に飢えていたわけではありませんでしたが。

 最後に、wing様。情報提供とアップ、有難うございました。
posted by 関山 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔のレゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ社への意見】LEGO IDEAの「全落ち」に思う(正直、「どうでもいい」)。

 情報源。公式。
https://ideas.lego.com/blogs/1-blog/post/46

 10000票投票したファンの気持ち、どう考えてるんですかね。あの大企業様は……。
 まぁ、ひだか様のピアノ落とした地点で、個人的に期待は全然なくなりましたが。正直「どうでもいいや」
 あとファンからアイディアの剽窃してるイメージも拭えません。ちゃんと見返り出してるの、と。


 今回は商品化出来そうなもの、商品化に問題のなさそうなものが多かったのです。まぁアナ雪関係は公式製品が展開してるので無理としても。
Science Adventures
The Discworld
Medieval Market Street
Disney Princess Frozen Elsa’s Ice Castle
Douglas DC-3
Bricksauria/Tyrannosaurus Rex
International Space Station
The Golden Girls Living Room and Kitchen Modular Set
Legend of Zelda: King of Red Lions Play Set
RMS Titanic
1969 Corvette
Small Yellow
Daft Punk

 DC-3、C3コルベット、タイタニックは通って欲しかった。この辺は製品化されたマイナーな版権製品よりは「売れる」可能性ある筈。
 「Small Yellow」もレゴのアート作品としては一番有名なもので、新たな市場を開く力持っていたことでしょう。可能性にチャレンジして欲しかった。


 動画。まぁ大した内容じゃないです。

 そういえば「ゼルダ」はことごとく却下されてますが、レゴディメンジョンズというプチテーマをやりやすい環境はある筈です。なんでそういう場所を活かそうともしないんでしょう。
 まさか、N&Bブロック(任天堂ブロック)の件で未だに任天堂とはライセンス契約したくなってわけじゃないですよね(あ、レゴでDSとかにゲームソフト出してますけど)。

 とにかく、CuusooというかLEGO IDEAは一度役割を終え、看板を下ろしたほうが良いんじゃないでしょうか。
 「ファンの期待を裏切るばかり」「所詮エリート大企業様……」と思われるだけでしょうから。
 
 そうでなければ、小ロットの製品をローコスト(10000代限定品程度の価格帯で)で供給できる体制を努力して下さい、と。
 思えば「しんかい」「はやぶさ」で始まった頃は、小ロットへの対応を誠実にやるイメージがあったんですが……今は大企業病というか官僚病に侵されつつある感じですねぇ。

その辺に「鈍感」になってほしくはありません。



posted by 関山 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ社への意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする