何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年10月08日

【作品紹介】ユウユウ様の函館市電30形「ハイカラ號」(CAD)各サイズの優柔。

 函館市交通局の30形 39号「ハイカラ號」は1910年明治生まれの古典電車。

 前後を切り落としてササラ電車に改造されてた時代のあと(この頃に既に、明治生まれの現役車両として注目されてた由)、1993年に前後ベスビチュール部分を復元。旅客車として再起した由。モドキではない、本物の古典電車として貴重な存在です。

 実物写真はwikipediaより

 現在、ユウユウ様が再現に向けて挑戦中。
 以下の画像が上がってきました。


 左から完全8幅案。前面6幅側面7幅案。
 8幅案は、精細かつ雰囲気をよく掴んでおられますが、1103spa氏の札幌市電各種(A1200形や3300形など)と合わせるにしても、この種の古典電車のモデリングとしてはいささか大振りな感じがします。昔の電車は今の電車よりも一回り小さい筈ですので(図面がないので正確なところはなんとも申せませんが。最大幅と車体幅も違いますし)。

 後者前面6幅案。とても引き締まった印象で、個人的には好みではあります。奇数幅のもつ不思議な存在感と、6幅前面の安心感のミックス。
 小さな側窓も函館市電30形らしいのです。ベスビチュール屋根も車屋根パーツでスマートな感じ。
 ただ、いささか小さすぎる……?


 折衷案といえる。前面7幅、側面8幅案
 前面窓はセンターに2x3の古い窓部品使う予定とか(LDDに入ってないそうです)。この部品そのものは入手も難しくないです。

 8幅の札幌市電に混ぜる分には、実にバランスよさ気。かといって「大きすぎる」感じもありません。車体裾が絞られてる分、同じ8幅でも札幌市電の近代車や連接車より小さく、すなわち古典電車らしく見えるはずですし。
 前面で真ん中の窓だけ幅がひろいのも実物同様です。先の前面6幅だと窓サイズが揃ってしまうので、実車と印象が違う懸念もありました。

 どの姿で制作されるのか、気になるところです。
 世界観的には「前面7幅、側面8幅」がやはりベターなのでしょうか……?
 でも、CADではなく、実制作で迷う余地もあるのかもしれませんね。

 また、ボツ案が出てきたとしても、この各設計自体は秀逸ですので、どこかで生きそう。……そんなことで検討中題材ながら記事にさせていただいた由です。


 
posted by 関山 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】LIME様のキハ40(北海道形)。既成概念ぶっ壊せ! 大胆で好バランス。

 鉄道車両ばかり造ってると、そのうちに「定番」「定石」な手法とか表現ができてくる。これは悪いことじゃないです。整合性という面では望ましく、また、設計制作という意味では合理的でもありますから。

 でも、異分野から進出されてきた方には「定石」は当てはまりません。この刺激!

 Lime様は以前721系電車で、コレまでのレゴトレインビルダーの常識を覆さんばかりの大胆な手法で、リアルなフォルム・ボディラインを表現してきました。

【作品紹介】Lime様のJR北海道721系電車 完成 いろいろ、新しい!



 ディテールばかりではなく、構体の作り方からして既存文脈から離れている……。でも、整った作品であり、既存の世界観に入れても違和感がない。大胆なだけでなくバランスも秀逸な作品なのでした。

 新作のキハ40(JR北海道仕様)も、その流れを汲むもの。Twitterでの経過発表をワクワクしながら眺めていたものです。そして 完成。


 全長は26ポッチ。Bトレ的(それもマニアが作りこんだそれのよう)な可愛らしさと精細さが同居しています。
 無論、721系に次いで車体裾の絞込を表現。
 大胆なパーツ使いは、すべてリアルティとハイディテールの為。


 前面から見ていきましょう。
 幌枠はアンテナ棒。その支持腕は車内に収められたロボアームか?
 ヘッドライトは最初「?」でしたが、レバーパーツをΦ1丸プレートで挟み込みレバー台座をライトに見立てているのでした!
 テールライトは4Lの丸棒。これをヘッドライトブロックに差しこむような手法は多々みられましたが、この作品ではバーそのものをライトに見立てる。この整合性を取るための組み方も複雑に。しかし「表情」が凄くキハ40らしい。また、車体角の丸みも表現されてる由と。

 タイフォンカバーは丸パーツの裏面。
 車体裾の丸みはコーンを逆組に。
 スカート部分はバーとテクニック部品で軽快な印象に。下手にブロックなどで固めると鈍重になってしまうので、この配慮は好感です。

 前面窓と貫通扉窓。ここは尋常なのでほっとします(笑)。


 側面。
 例によって車体裾の絞込。ヒンジで曲げてるのか。
 ブライトグリーンの帯はタイル表面を表に出す組み方。

 帯から上は普通の組み方のようですが注目すべきは北海道型車両の側窓サイズ。
 北海道向け車両は二重窓で窓が小さい……というのは国鉄時代のお約束ごと。この小さめ窓の表現はいろいろ考えられてきましたが、この作品は1x2ブロック+1x2プレートで思いっきり小さめに。この表現が大成功で、北海道型の重厚さが伝わってきましょう。

 余談ですが、全長32ポッチバージョンや全長40ポッチバージョンも想像したくなる窓配置です。前者だと窓2つ、後者だと窓4つ(5つ)が追加できる由。何れにしてもバランスは良さそうに思えます。

 屋根は6幅の上に5幅重ねる作り。気動車の屋根らしさが伝わります。
 大きな水タンクも見逃せません。細かいところですがトイレの換気窓も再現されてるんですね。


 改めて。技工凝らしたおかげでレゴにしては最大限キハ40に見える! あの「もっさりした」雰囲気が全身に溢れ出る。

 悔しいのですが、簡単に真似できない。キハ40自体は全国に様々なバリエーションが数えきれないほどある車。このエッセンスの一部でも取り入れられたらなぁ……と思うのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆



 あと、先の721系電車ですが、Uシート車が完成して増結されている模様です。
 ダークブルーと赤の帯……よく見ると2プレート+半プレート分。赤のピンストライプは半プレート分。1x4-1x2ブラケットの薄い側を使っているのでしょうか? 締まった作品になっています。

 なお、最初の3両よりも小改良で内部構造が強化。見た目にそぐわず(少しは)頑丈になってるとのこと。

 キハ40ともども、11月の北海道トレインオフでの活躍が期待されるところです。
 

 
posted by 関山 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする