何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月30日

【作品紹介】中断中?……シュトットガルトの電車(気分屋様)

 シュトットガルトの電車とか、メーカー型式GT4、或いは土佐電鉄735号……というよりは、福井鉄道の「レトラム」と称したほうが通じの良い電車です。

 どうも土佐電時代から調子は良くないようで、福井でも限定的運用にとどまる。そのうえ鉄道線直通ではなく路面区間のみ。
 とはいえ、美形でスマートな電車であるのは事実です。
 しかし昔の広電70形と言い、なんで独逸ものって耐久性で駄目なんでしょうか(苦笑)。ここらがしっかりしてればなぁ……。

 実物の事情はともかく、この美形の電車、気分屋様が製作中です。


 最初の試行錯誤の段階。左はボツ案のようです。
 丸みの強い電車だからといって、おでこは丸くすりゃいいってものでもないみたいですね。


 2両とも、仮完成。美しい!
 前面は細面なので、2幅の窓(2x3の窓かパネル)のイメージ有りましたが、4x3の窓で成功を納めていましょう。これに傾斜をつけて、納得できる形状です。
 下半部の丸みも、今時だったらカーブスロープの横組を考えてしまいそうですが、あえて1/4円ブロックの順組。ここも意外な感じがしますが「雰囲気」で成功しています。

 特に印象的なのは側窓。欧州系の路面電車の側窓はトレイン窓(注:白は現在理不尽に高価……)を考えてしまいがちですが、あれは角の丸みは綺麗なものの、いささかピラーがぶっとくなりすぎる問題有り。前面同様、廉価な建物用4x3窓を側面に使う。
 細いピラーで、欧州系路面電車の雰囲気に!
 側ドアは折戸を横組表現、ここも良い雰囲気です。上部にできる半プレート厚の隙間もブラケットで綺麗に埋められてます。

 側面下半はタイル張り、内側の容積を確保する作戦で動力を組み込みやすく……。


 しかし、残念ながら動力開発で難航されているようです。
 PFによる自作動力か、9vモータを検討されているようなのですが。

 車体下半部が6幅ジャストだと、巧く収まらない模様。

 2x3のパネルを横組すると、一応9vモータの車輪と干渉はしません。構造上は脆いですが。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=207415

 あとは思い切って、車体下半部全体を少し膨らませるか?(0.5プレートづつ) 拙作の路面電車(万葉線や広電)で使った手法です。
http://legotrain.seesaa.net/article/173850192.html
 
 この辺の手法でお役に立てるか分かりませんが……?


 車体並べて、完成をイメージした状態。
 この美しさ流麗さ! 断念されることなく、完成することを願いたいものです。
  
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】完:えいでん夏祭りレゴトレイン展示。秋に向かって!



 ……と申しますのは、10月31日(日)修学院車庫での「えいでんまつり」も控えているからです。ここにも叡電レゴトレインが更にパワーアップして大集合! 
 「八瀬比叡山口駅」に次いで「あの駅」も制作されますし、話題の「あの車両!」も制作されるとか……? 秋仕様へのバージョンアップもあり!

 そんなわけで遅くなってしまいましたが、えいでん夏祭りの二日目を回想してみる意義もあるってものでしょう(ちょっと強引)。

 なお、先に記しておくと二日目は15時に関山は下山しています。
 そのため、14-15時の記録のみであることご了承ください。
(夜間の画像、どなたかお持ちではないかしら?)
 過去記事こちら
「続:えいでん夏祭りレゴトレイン展示。「えいでん」こそ主役! 」
http://legotrain.seesaa.net/article/424016086.html
「えいでん夏祭りレゴトレイン展示。初日レポ速報版 」
http://legotrain.seesaa.net/article/423838722.html


 大きく変更。改善された全体レイアウト。
 手前が八瀬比叡口、ずっと奥手に修学院車庫。叡電全線を上手くミニマルなサイズに押し込んだレイアウト。


 全景その2。手前にひろびろとした空間作って見栄え良く。裏面は密度を濃く。
 左手が山(鞍馬や八瀬)、右手が街……という感じですね。


 全景その3。「もみじのトンネル」夏仕様も「仕込み」有り。
 森が八瀬駅にとっても背景になる配置は上手いのですね。


 全景その4。電車庫。右奥に対面ホームの駅もありますので、その意味で修学院駅になっています。この先に線路を伸ばしたら「ガチ」ですね。今回のスペース的には無理ですけども。




 今回は「叡電縛り」の運転でしたが。でも京阪特急(1900形)は特別運転。
 一応関係の深い会社ですから。あと、京阪の出町柳延長がもっと早ければ3連程度の京阪特急が直通したかも……という話はあったのです。3000系を京阪直通のメインに、1900形は叡電直通用という使い分けされてたりして……と妄想(笑)。




 しかし、現在の叡電にはデオ900形「きらら」が居る。2ドアセミクロス……<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする