何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月24日

【作品紹介】懸垂式モノレール二題。蛙様とカツマタ様。実用化近し!

 跨座式では「ひだか式」の定番化が確定しておりますが、懸垂式モノレールの試作品もかなり増えてきました。国内で「実用化」への模索が続いている模様です。
 


 蛙様のもの。飽くまで一般ブロックにこだわったカーブの作り方がプリミティブかつテクニカル(レゴにおいてはこの両要素は何故か両立しますよね)。

 小さめのカーブ半径は「ロードプレートの交差点の上で曲がれること」が技術目標だからだそうです。

 試作車両は大いに揺れていますが、不安を感じさせるほどではありません。それよりも軌道桁のほうが揺れてないので安心感が有ります。桁はロードプレートにがっちり固定ですね。ユニットのセパレート化と、それによる連結運転で安定性を増す方向性はあるかもしれません。

 動力系はシンプルにもプーリー+ゴムベルト1段。機械抵抗によるパワーロスが無いのは理想でしょう。プーリーは過負荷時には滑ってくれるはずですし。




 こちらカツマタ様のもの。既に線路一周作りテスト実行済。車体も実装で連結運転ですので既に「実用車」!?

 曲線には4.5vカーブレールを使用しています。
(余談ですが、意外と廉価です。昔は大量に出回っておりましたので)
 懸垂式モノレールはインフラが大事(大変)ですが、通常トレインレールの真上に設置することで前後方向の強度をトレインレールに負担させることに成功しています。

 動力はギアドライブ。トレーラ1両牽引できる力があるのと(二軸駆動の故か?)、それなりの速度を出せるのは興味深いです。
 
 懸垂式モノレール、実はさらりと「実用水準」に達しているのかもしれません。実物もそうですが(サフェージュ式の宣伝文書では「振り子式」と称されてる由)カーブでの大きな揺れも動作模型としては魅力になりえます。

 「ひだか式」も含め、何時か複数方式のモノレールやAGTが乱れ咲く模様……も遠からず可能になるのかもしれません。PFのチャンネル管理が課題になるかもしれませんが、チャンネル争いが炸裂する未来も、それはそれで楽しそうです。
 

 
posted by 関山 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】10/4 大阪モノレールの催しに「ひだか式モノレール」見参!

 あぁ!大阪モノレールさん、見るべきところに目をつけておられますね!

 公式ページ
 公式詳細こちら(PDF)


 イベントの雰囲気的に、阪大レゴ部メインで、そこにひだか様の展示。ワークショップは皆で街(建物)を作ろうという感じになるのでしょうか。

 ひだか式モノレールは既に神戸での展示を経て、関西2度目のお出ましです。
 でも、今回はモノレール事業者とのコラボというところにとてつもない価値が! 何より普段の催しとは違う客層にも注目してもらえることでしょう。
 ブリックフェスタではレゴ好きに、JAMでは鉄道好きへのアピールでしたが、ここでは本物のモノレール運行している「プロ」と「地元」へのアピール。これが強力なのは過日の「叡電夏祭り」で実感された向きも多いのではないでしょうか?

 余談ですが、モノレールは市販の完成品動力模型がないので(跨座式はプラレールでも通常商品には無いので。舞浜のは現行品だったかしら。でも舞浜……)、良い意味でレゴ作品が独占できちゃいますよね。
(普通の鉄道だったらNゲージとプラレールという鉄板がありますけども)

 繰り返しますが、大阪モノレールさん。目の付け所が素晴らしい!
 きっと人気展示・人気コーナーになることでしょう。

 ところでひだか様……車両は大阪モノレール仕様に改装されるのでしょうか?
 この種の催しでは地元題材は人気の的。ここはちょっと期待しております。
(マニアックに1970年の大阪万博仕様でもいいかもしれません。あれは日本跨座式のルーツで、大阪モノレールの遠いご先祖にあたるのです)
 
 
posted by 関山 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】クリスマスからみのセット3種。2つは安牌? 1つは……

 うち2つは「商品」ですので、シリーズ展開に従って日本でもクリブリ・レゴストアには入ってくるでしょう。

 情報源thebrickfanより

 先の「感謝祭」セットのインスト背表紙らしい。このシリーズはバレンタイン→イースター→ハロウイン→感謝祭→クリスマスx2 という展開になりました。ハロウインまでは日本にも入っているので、よほどのことがなければ?

 個人的には……右の、欲しい(笑)。
 犬は喜び庭駆け回り、猫は暖炉前で丸くなる……?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 もう一つは99ドル以上購入での「配布品」。
 なんで日本のレゴストアは相変わらず対象外なんですかねぇ巫山戯るな。
(それ以前にshop@homeが未だに無いこと、恨んでますよ!)

 40139 Gingerbread House.
 こちらの写真及び情報はBricksetより。
 
 フィグスケールではないので、個人的には「どうしても欲しい」ってわけではないですけども。
 
posted by 関山 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】トイザらスのミニモジュール、今年(2015年)も日本展開あり!

 以前記事にした、トイザらスのブリックオクトーバーキャンペーンのミニモジュールビル。日本での展開は不明。でも去年あった以上今年も……?

 と記していたら、今年も来ました!
(最初のセットは明日金曜日です! 要注意!)



 情報及び画像はpgy167様のツイートより

 条件は(幸いにも)昨年とほぼ変わりません。参考、昨年の記事。
 税込5000円以上のレゴ購入で貰えます。USでは75ドルとか言われてるので(そのうえ欧州では非実施だったかと。去年も今年も)その意味では恵まれていましょう。

 なお、去年は全種3000個づつでしたが、今年は2000-2000-2000-6000という傾斜配分。その意味で入手難易度は高くなるリスクはあります。
 個人的には一番要らないのが……略ですが、そもそもがザラスのプロモなんですから致し方無いですよね

 あと、去年は幸いにも店頭に在庫が多い時期であり、また各種セールにクーポンも充実していましたが、今年はそのへんはどうなのでしょう。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 個人的には朗報というより、毎週ザラス通いして、かつ「積みレゴ」が更に積み上がるの辛いかも……という感じです(苦笑)。セット自体は各1000円相当(後日のプレミア考慮すると以下略)の値打ちはあるモノなのですが(注:労力と投資考えると転売は割が合わないのは言うまでもないです)。
 うーん、どうしましょ。
 
 
posted by 関山 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする