何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月22日

【作品紹介】awazo様のキハ03 レールバス。華奢さに味?

 意外とレゴトレインで作られてこなかった題材が「レールバス」かも知れません。

 日本でのレールバスに関しては何度か波があり。昭和初期と昭和30年頃と昭和60年ころ。その昭和30年ころのムーブメントの代表車が国鉄キハ01・02・03形。期待され、それなりに量産されたのですが。

 当時はまだそれなりに輸送量があって、超小型車では破綻してたこと。
(連結運転やトレーラの牽引ができなかったのは致命傷に)
 それ以前に車体強度が余りに脆弱でバス程度の寿命しか持ち得なかったことが短命の理由。昭和40年ころには早々姿を消しています。
 ただ、同じ時代の南部縦貫鉄道のキハ101・102は路線状況から奇跡的に長生きして、三度目のムーブメントに橋渡しを行いましたが。

 なお、Le-carに代表される三度目の正直もならなかったのはみなさんもご存知でしょう。
 昭和の末にモダンなレールバス導入した三セク鉄道なども結局は頑丈で大型の後継車種に置き換えています。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆


(撮影は先日のレゴ八タウンにて)
 キハ03は国鉄レールバスの中でも北海道向けにいくらか防寒対策を行った車でした。しかし車体構造……ではなく床下のエンジン保温が防寒の中心だった模様。

 awazo様の作品は床下エンジンカバーが再現。
 車内にはPF機器一式が収まる。その上で実物の華奢な低車高を再現しています。

 動力はPFトレインモータ。片方の軸のみを使用して、元来のホイルベースの外に付随軸を新設。1軸駆動ですが、この車両の運用される状況的に問題にはならないでしょう。
 やや気がかりなのはホイルベースの長さゆえの走行抵抗の大きさかもしれませんが、、ソレゆえの不調があってもなんとも許せそうな題材ではあります(笑)。


 前面はこれでも湘南顔2枚窓。傾斜角も後退角もともにバッチリ決まっています。
 屋根はタイルやカーブスロープなどでスマートに……と思わなくもないですが、ポッチ出しの表現もこれはこれであり……かもしれません。

 実物では側窓は凄くピラーの細ーいバス窓ですが、ここはクリアブロック2段の割切。しかし、殆ど窓柱が見えないところが実車の華奢さの表現になっているのがなんとも。他に適切表現がちょっと思いつきません。
 
 昭和30年代のレールバスの難度を徒にあげてたのはバス窓かもしれなかったので、この割切は南部縦貫鉄道キハ101やら羽幌炭礦鉄道キハ10への途も拓きますか? ナローなら簡易軌道な連中も……。


 これはawazo様の撮影。同氏のキハ22と。
 サイズ差(特に車高)が興味深いというか、並ぶとこんな感じだったとか。

 フルサイズかつ徹底した北海道向け重装備の傑作キハ22が増備されると、キハ03は追いやられていったようです。

 ※:平常時は優れた乗り心地。ラッシュ時には詰め込みも効く。連結運転もできる。余談ですが2軸レールバスの乗り心地はお世辞にも褒められたものじゃないというか、ワイルドで逆にアトラクション的楽しさがあるシロモノでした(南部縦貫鉄道で体験)。通勤通学で毎日乗るのは……ちょっと勘弁と。


 実物では不遇のレールバスですが、模型的には魅力的な題材であるのは言うまでもありません。各世代・時代のプロトタイプも個性派揃い。 今ならネットで資料も容易に見つかる!
 盛り上げること期待しています。

posted by 関山 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ルビー様のキハ40 急行色。微妙なところ?が魅力的。

 キハ40やキハ47の急行色(或いは旧気動車色)。
 元来ならありえない配色なのですが最近は流行りですね。個人的には「これはこれであり」と思っています。ありえないといえば1970年代にはキハ17系のキハ51で急行色なんて存在してたんですから(キハ55と間違えて塗ったんだろうか?)!


 参考実車写真。新潟地区にいるらしい。
 違和感が少ないのはキハ66/67系を思わせるからでしょうか。
 あの系列の増備とか、急行仕様というのは当時から妄想?されていたものでした。

 次位はキハ47。これはキハ66の固定クロス版とおもえば……?
 キハ40や47は登場時は急行形並の設備が評価されてましたので、当時は存在してたキハ55等の急行よりも実は上等な車だったのでした。


 ルビー様の作品。製作中。かなり良い雰囲気。
 前面の重苦しさというか、微妙な「不細工」が凄くキハ40らしいです。

 ファンには申し訳ないですけど、キハ40は登場時から今に至るまで「ブス気動車」だと思います。スタイルというかデザインが破綻してるバランス悪い。悪い意味で国鉄末期を象徴してる感。乗る分にはいい車なんですけど。
 ついでに申せば性能面でも叩かれ放題ですよねぇ。頑丈な車体は取り柄でそれゆえ今なお多数が健在な訳ですが。
(美形で且つ足の速いキハ110系とは実に対極的……)

 閑話休題。キハ58のと差別化はきっちり成功しています。もっさりと間が抜けた感じというか。でも、今見るとこれが味のある顔でもあります。
 テールライトの点灯も注目でしょう。

 側面は……やはり破綻しかかった?窓配置の再現が嬉しい。細窓が理不尽な位置にあるのは良くも悪くも外見に配慮しなかった設計の潔さ? ここがやっぱり国鉄末期。
 レゴ的には2x3の窓は裏面使ったほうが見栄え良いと思うのですが、如何でしょうか。
 

 上越線をイメージされたとか。シンプルながら効果的。
 雪の中山の中でも幹線としての襟持ちがあるのが上越線。複線にシーサスという都会的な雰囲気も似合うのですね。キハ40急行色が入線するとしたら臨時とか回送でしょうけども、昔のキハ58急行はこの道を通っていたはずですから。

 未だ完成ではありませんが、1970年代以前のノスタルジアを刺激する、2015年現在の題材という幅広い層に受け入れられうる?作品。今後が楽しみです。
 
posted by 関山 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする