何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年09月06日

【作品紹介】McMUG様の京成モニ21形 「発展性ある?」電動貨車。

 西のエース君に対して、東のMcMUG様の父子。
 どちらも家族で楽しまれています。お父さんだけの空回りではなく(苦笑)、どちらも共同で楽しまれているのが印象的。趣味者としてレゴに限らず、憧れる情景で有りましょう。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?i=6306548
 より。

 ご地元らしい京成の車両を歴代特急車すべて(!)。そして最近は通勤車にも手を広げられつつありますが、その流れでで当然事業用車も。現れたのは電動無蓋貨車モニ21形。この種の車両としては珍しく、かなり近年(2007年)まで現役でした。
(都営浅草線介してつながってる先でも黄色い電動貨車が健在ですが。あと、都営浅草線には電気機関車もいますね)

 シンプルな車両ながら、再現度は高いのですね。旧規格の2x2窓が良い雰囲気を出しています。除雪用も兼ねていたらしいので、スノウプロウも見逃せません。
 
 なお、京成の電動貨車の使われ方は興味深いもの。

 「モニ20−トキ20−トキ20−モニ20」
 「モニ20−チ5−チ5−モニ20」

 という、制御引き通しのある貨車を挟んだ4両編成を組むこともあり。トキ20形は青で揃った編成美。
(更には、2000年まで居た「モニ10−リキ100−リキ100−モニ10」というのも!)
 電動貨車=単行か2連、というイメージは吹き飛びます。恰も私鉄版スーパーレールカーゴ? いやこちらのほうがずっと先ですけども(笑)。

 発展性もあれば、編成としての迫力も楽しさもある。モニ20の増備?とトキ20等の製造にも期待が持たれるところです。
 

 


posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】エース君の名鉄1000系「パノラマスーパー」。素直が一番?/3100系も!

 エース君の作品はJAM出展品が沢山有るのですが、その後のもインパクトありすぎです。最新作から。


 最近大規模改装が始まった名鉄1000系パノラマスーパー。まずは特別車の2両から。

 ハイデッキの展望席と低運転台という組み合わせ。
 ここは無理されずに、良い意味で「素直に」再現されてきました。それゆえ、すっきりと美しい仕上がりでもあります。

 パーツ数は控えめなれど、雰囲気を抑えているという意味でエース君の作風は健在なのですね。

 素直に……と申すのはパーツの特性を活かしていること。6幅のキャノピー2種と、また6幅車屋根部品の使い方が上手い。
 側面もピラーが太いのが、独立窓並んだあの雰囲気を思わせましょう。

 無論、前面の斜め塗り分けだって再現です。

 芸が細かいと思いますのは、スカートの一部を黒にしてミュージックホーン用スピーカーの表現?にしていることですね。実物も網目ですから。

 あと、展望席と運転台の間の仕切りが絶妙!



 そして、4両編成に。一般車込の今でも見られる編成。

 一般車側のフロント、意外と癖があるというか上部傾斜、裾は逆傾斜なのですが、それを省略しても1000系一般車に見えてしまう。不思議な見立てです。

 やはり、大窓のすっきり感が効いているのでしょう。実物の明快さが伝わってきますから。あと、前面窓内部の黒い部分も表現している効果が大きいのです。


 もう一つ。名鉄3100系。
 丸みの強い前面を、レゴで無理なく表現できる形状に落としこむ。それも実物の特徴とらえて。タイル横組が功を為してる前面ですね。
 前面全体も横組かとおもいきや、さに非ず。
 5幅分で順組されているのでした。前面がプレート1枚分だけ(左右で0.5プレート分)窄まっているのですが、これはスマートさに転化して見えるのですがどんなものでしょう……?
また、ちょっと縦長のテールライトの表情がたまりません。

 なお、車体裾のミニスカート部分は台車マウントで表現。ここを省略しなかったのはあの時期の名鉄顔表現では大事なことでしょうね。

 しかし
 さり気なく名鉄も役者が揃ってきた感じです。
 

posted by 関山 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】来年のJAMに向けて。「北斗星」合同制作プロジェクト!


 今年のJAM合わせの「トワイライトエクスプレス」合同制作プロジェクトは大成功に終わりました。
(……終わったとか記しましたが、来年以降もまた「合わせる」モチベショーションが上がってくるというものでしょうか(笑)。来年も持ち寄りますよね……?)

 そこで、来年の企画です。
 「北斗星」の合同制作の話です。

 今度の幹事はでるてぃっく様です。詳細は以下記事参照お願いします。

「《重大発表》来年のJAMに向けて。」
http://legotraindeltic.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

 「北斗星」といっても1988-2015と27年も運行されてて編成も数多い。ターゲットは「2015年3月13日〜同年8月22日の臨時列車編成」とのこと。全室ロビーカー復活したあの編成。車両はJR東のみと。
オハネフ25 (B寝台)
オロネ25‐500(B寝台)
オロハネ25‐500(ロイヤル+ソロ)
オロハネ24‐500(ロイヤル+ソロ)
オハネフ25(B寝台)
オハ25‐500 ロビーカー →でるてぃっく氏
スシ24‐500 食堂車 →SATO氏
オロネ25‐500 (A寝台
オロハネ25‐500(ロイヤル+ソロ)
オロハネ24‐550(ロイヤル+デュエット)
オハネフ25(B寝台) →でるてぃっく氏
カニ24 電源車
マニ24 501 電源車予備 →でるてぃっく氏

 改めて見ても、派手ーな編成ですね。良いモチーフ。
 フル編成が無理でも、「ロイヤル+ソロ」がずらり連なるのはインパクト十分でしょう。トワイラに負けないのは言うまでもなく。

 車両寸法・規格は今年のトワイラと同様なようです。
「長さ×幅×高⇒32ポッチ×6ポッチ×6ブロックと1プレート」

 色が青になりますから、意外とtaizoon様の24系25形オリジナル的な雰囲気になるかもしれません。その意味でも「北斗星」は期待が持てるものでしょう。
(帯色は金をタンに見立てるようです。個人的にはダークタンも有りだと思うのですが……)


<参考写真 24系25形はやはり「青」が似合う?>

 参加に関してはお手数ですが、でるてぃっく様の記事の方へ反応をお願いします。
 
posted by 関山 at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする