何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年08月29日

【イベント】Tamotsu様主催のビルコン「第4回レゴ4幅車プチビルコン開催。テーマは戦う車!」

 定着してきたTamotsu様主催の4幅車ビルコン。


 今度のお題は「戦う車」です。
 募集は10月16日から約1ヶ月(ちょっと先なので要注意!)。

 応募詳細については先方記事を参照願います。

 使用するのはおなじみ(そしてTamotsu様の古巣である)、レゴ画像掲示板です。

「今年はマッドマックスの復活年であることを記念してこのようなテーマにしました。マッドマックスの世界観にとらわれず、色々な設定の車が出てくることを願います。」
 とのこと。

 未だに熱いマッドマックス風であったり、実在のテクニカルであったり、あるいはガチな軍用車(ソフトスキン)であったり、はたまたSF系特撮系。何らかの戦闘用車両というのは人気のある定番テーマではあり、そこを上手く汲み取った設定といえましょう。

 いや。ドノーマル好きな関山は参加しにくいけど(笑)。
 今回は辞退……いや、前から考えてたネタでこのテーマに該当するのがあった! その線で頑張ってみるつもり。そのネタには新灰の車ドア必要ですけど数セットはキープしてますし。


 閑話休題。いつも以上に盛り上がること期待しています。
 

 ※:自衛隊車両はある意味 真面目な「ドノーマル」ですし、正規軍の改造車両は「特装車……はたらくくるま」の仲間とも言えます。機動隊も戦う車でOK。
 そう考えると「戦う車」も意外と参入しやすい……のかも?

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実物鉄道】遅い夏休み? 突然ですが五能線乗って青森へ。

 京都行くのに2枚だけ使った18きっぷの処分方法を考えてたら、隼氏が北海道帰るのに五能線でリゾートしらかみ乗ってたツイートが気になる。

 そうだ、五能線があった!

 実は乗ったことがありません。
 「701系恐怖帝国」になって以来東北方面は足を踏み入れるきにならないまま。しかし、五能線には意外なメリットもあり。秋田〜青森間で701系のロングシートから華麗に回避できる!
「リゾートしらかみ」は3往復もありますし、その他何本か直通の普通もありこれはキハ40。気になる所要時間も奥羽本線4時間前後に対して五能線快速なら5時間。誤差範囲?

 行程はこんなの想定。

<8月31日 月>
 地元(京急沿線 横浜市内)→高崎→上越線経由→長岡→秋田2306着(秋田泊)
 
<9月1日 火>
 秋田→東能代→五能線普通→川辺→青森 青森で八甲田丸見学したい。
 青森→弘前→五能線快速→秋田→鶴岡(鶴岡泊)

<9月2日 水>
 鶴岡→新潟→新津→磐越西線経由→会津若松→郡山→黒磯
 黒磯からは上野行快速狙い。横浜までG普通でまったり?


 今回はなんと青森まで足を伸ばしますがポイントはオールロングの苦痛区間が意外と短いこと。酒田〜秋田と区間乗車だけなのでまぁ許容範囲でしょうか。


 あと秋田にも鶴岡にも簡易宿……ネカフェが駅前圏内に存在すること。いや新潟も新青森もネカフェありますけどね。意外と人に優しい東北!
(北陸……福井や金沢の凶悪さは記憶に残るレベルw ネカフェがロードサイドにしか無い地方都市ってキツい)

 五能線だけではなくて羽越線も意外と乗ってない(大昔「日本海」で通過したのみ)なのでその意味でも楽しみではあったりします。キハ40も乗れるうちに乗っておきたいですし。リゾートしらかみもキハ40改のブナ編成狙い。
 陸羽西線も意外と乗りにくい(昼間に直通列車がありそうで、ない)ので初乗車か。


 それにしても。
 今年は割といろいろ動いてるのに(札幌オフ・群馬オフ・神戸JBF・こないだの京都)レゴオフ会がらみ以外での純粋な旅行って初めてかも(笑)。

 変な言い方ですが「出張」ではなく「旅」なのですね。
 

 
posted by 関山 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする