何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年08月02日

【作品紹介】dyson様の名鉄3900系電車。広窓半流、知られざる名車!

 名鉄3900系電車は1952年に製造された、4両固定編成の(当時の)特急電車。

 いわゆるロマンスカーのカテゴリから外されることが多いのは、車内が固定クロスボックス席だったから。転換クロスが私鉄では当たり前になりかけており、ましてや名鉄はその前も後も転換クロスの電車を標準にしていましたので、地味な印象はあり?

 いや、4両固定編成というのは当時、東京や大阪の私鉄でもほぼ皆無! 東京の電車であっても長くて3両固定まで。4両以上は2連+2連……みたいな時代です。
 広窓。1200mm幅の明快な姿。これも私鉄電車では珍しかった。転換クロス前提だと狭窓並べる窓割りが標準にならざるを得ないのは有りましたが。
 半流線型……。前面には微妙な丸み、後退角あり。しかしそれ以上に側面は張り上げ屋根で恰も流線型の趣。

 この優れた電車の不幸は、なまじ名鉄という名車揃いの環境に生まれてしまった事かもしれません。その前には3400系流線が居て、その後は5000系軽量高速車で更にその後はパノラマ……。
 引退は名鉄のAL車では早めの1987年。4両固定が使いにくく寿命を縮めた? ただ名鉄以外ではむしろ長生きした部類と考えるべきでしょう。2ドアクロスを最後まで維持したのも「名鉄ならでは」。

 wikipedia:名鉄3900系電車

 自分は3900系の少し前の3850系には乗車したことあります。1500mmピッチで国鉄のものより若干余裕のあった固定クロスは十分にすわり心地の良いものでした。3850系は更新で原型を大きく損ねた車ばかりだったのが残念でしたが……。

◆◇◆◇◆◇◆

 

 堂々の、4連。色は赤1色。1970年代後半から引退の頃までの姿を再現。
 単色塗装は電車のクセというか素体を露骨に顕してしまうものですが、3900系には赤1色が意外と似合っていました。美形の証です!

 前面は窓を横組み。貫通扉を半ポッチ凹ませる。これで雰囲気をがっちり掴む。
 「おでこ」部分の屋根カーブが美しい。
 テールライトは丸プレートの「台座」つけることで古風にかつ立体的に見えるもの。
 前サボはジャンパプレート新型の裏面使い。この手法が有りましたか……。黄色の種別表示板も名鉄の特徴でしたね。「急行」「高速」etc……。

 全体にはdyson様固有の、やや各部を強調したイラストレーション的(漫画的)ディフォルメの入った表現。
 ライトケースはΦ2で大きく。そしてシルヘッダはタイル貼り付けで。しかしどちらも「やりすぎ」には見えません。レゴスケール(全長31ポッチ)としてバランスが取れているのです。


 先頭車側面。「優雅!」
 側窓は2x1ブロックの順組。これで窓桟の表現になっています。シンプルですが明確に。
 ドアは横組に。順組の側窓と差異が付けられ、メリハリがついていましょう。無論、沓摺り表現あり。

 タイル使ったシルヘッダのバランスもまた秀逸。車番の表現はクリアプレート。


 中間車側面。窓数の省略が少なく、恰もフルスケールのような印象を持たせてもいます。
 実物はドア間窓6つですので、2個省略。でも「写真見て思い出した」程度のことです。

 実車の印象を把握されており、魅力を引き出し切ってる感。
 ポチスロのベンチレータも良いアクセント。

 褒め倒し何なので残念な箇所があるとしたら、床下機器と台車でしょうか。
 前者はこれから実装か? 台車は実物はゲルリッツ式の大仰な重量あるものだったので、巧く表現できると良いなと思うのです。


 正面上部より。ディテールは全体に「大仰なディフォルメ」ですので、その中でバランスが取れてる。
 前面貫通扉の桟板の張り出しも大きく、これも好バランス。


 昔の名鉄……という天地は広大に広がっています。
 3900系に始まる名車たちの再現、期待が膨らみますね。
 
posted by 関山 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品 トレイン?】遂にフレンズトレイン?「Friends Party Train」

 TheBrickfanの、2016年製品の噂より。
http://www.thebrickfan.com/possible-lego-2016-set-list/
★Friends
LEGO Friends Birthday Party
LEGO Friends Party Train
LEGO Friends Party Gift Shop
LEGO Friends Party Cakes
LEGO Friends Party Styling
LEGO Friends Camp Archery
LEGO Friends Adv Camp Raft
LEGO Friends Camp Tree House
 来年のFriendsは「パーティ」がテーマらしい。その中に「Friends Party Train」なるものが。遂にフレンズカテゴリにトレインが?

 無論、過渡な期待は禁物。
 遊園地などにある、機関車風の自動車としてのトレーラーみたいなの……の可能性も高そうですから(遊園地の汽車ならまだ良いのですが)。というか多分そうだw
 ビルンを信じるのは危険です。何度も裏切られてるし。

 ところで、パーティってどんな雰囲気なのか? 普通の女子学生路線の身の丈にあった方向なのか(日本の日常系アニメのような)? 2015年Friendsのようなセレブ志向なのか?
 あと、無かったことになってたアドベンチャーシリーズもさらっと復活か?

 Cityやクリエイターカテゴリにはトレイン関係何の情報もなし。
 レゴトレイン50周年に何もなし……じゃ悲しすぎるってものです。
 無論、本命は10000代の大物ですけども。2年ごとに1作として2009/2011/2013ときて2015年は何もなし……の恨み忘れまじ!
posted by 関山 at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2016年の噂/「新テーマ」。cityにフェリー。elves継続。クリエイター建物は湖畔ロッジにコーナーデリ?

 TheBrickfanの、2016年製品のより。
http://www.thebrickfan.com/possible-lego-2016-set-list/

 Friendsだけは故あって別記事にしたので、他について。
 なおリストの引用は最小にとどめているので、気になる方は元記事参照願います。

★BIGBANG
 リスト省略(商品名などなし)。新カテゴリ。男児向けの新アクションテーマ。うわさ話はこちら
h
 ニンジャゴー・チーマに次ぐ三本目の柱とか、「スペースナイト」とか「スチームパンク風」とか云われてます。なにか新しいことをはじめる気のようです。宇宙+ファンタジーは有りそうでなかった切り口かも?

★City
LEGO City Fire ATV
LEGO City Tire Escape
Fire Starter Set
LEGO City Rally Car
LEGO City Race Boat  
LEGO City Prison Starter Set
LEGO City 4 X4 Off Roader
LEGO City Ambulance Plane
LEGO City Van & Caravan
LEGO City Garbage Truck
LEGO City Fire Ladder Truck
LEGO City Police Pursuit
LEGO City Ferry
Fire Response Unit
LEGO City Police Patrol Boat
LEGO City Fire Boat
LEGO City Prison Island
LEGO City Fire Station
 2016年は警察と消防の刷新です。そろそろ古くなってきてるので必然でしょう。
 その他車系。ラリーカーやゴミ収集車など。
 興味深いのは「LEGO City Ferry」。貨物船はいくつか製品がありますが、自動車積める船というのは実はかなり珍しい題材です。

★Creator
LEGO Creator Const Vehicles
LEGO Creator Desert Racer
LEGO Creator Chopper Trans
LEGO Creator Park Animals
LEGO Creator Ocean Explorer
LEGO Creator Fast Car
LEGO Creator Propel Plane
LEGO Creator Lakeside Lodge
LEGO Creator Corner Deli
 相変わらず自動車と飛行機系。鉄道車両をこのカテゴリで出す気はないんかい……。
 「Ocean Explorer」船……だとすると、これはえらく久々なような。
 建物系は「Lakeside Lodge」と「Corner Deli」。小屋系とお店系も定着してきた感がありますね。これは嬉しい傾向です。別荘村も作れますし、クリエイター集めてるだけで商店街も作れちゃいそうです。

★DC Comics Super Heroes
★Marvel Super Heroes
★Ninjago
★バイオニクル

 いずれもリスト省略。継続です。

★Disney Princess
 継続。但し1品のみ。elvesと競合する部分もあり、今後どうなるのか?

★Elves
LEGO Elves Emily Jones
LEGO Elves Water Dragon Adventure
LEGO Elves School of Dragons
LEGO Elves The Starlight Inn
LEGO Elves Fire Dragon’s Lava Cave
LEGO Elves Secret Market
 どうなるのかな? 今年限りかな……? と思ってたらガチ展開です。
 ドラゴン……の文字が踊ってますが、女児向けでどういう風に扱ってくるか興味津々ですね。ニンジャゴー2015年のドラゴンの出来の良さは話題になっていますが、あの路線で可愛く……?
 「Inn」や「Market」もどうなってくるか。まぁ炎の妖精がパン屋やってる世界観ですからその延長線上かしら。Friendsとは巧く住み分けできてる感じもします。

★Friends
 別記事を参照ください。
 多分、糠喜びだと思いますけど(笑)。

★TECHNIC
LEGO Display Team Jet
LEGO Technic 2016 Std 2
Getaway Racer
LEGO Technic Car Std 4

 ちょっと製品の性格が読めません。

 なおスピードチャンピオンはどうなるのか不明です。売れ筋ではありますから未だ頑張るとおもいますが。あとこの種のリークリスト以外のサプライズが出てくるのは毎度のお約束です。
 ですので、未だ諦めるのは早い……?
 
posted by 関山 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする