何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年06月09日

【イベント】ジャパンブリックフェスト 番外編

 現地への移動とか宿泊とかの話はこちらへ箇条書きで。
=====================


・「神戸風の街なみ(の高架駅)」と「鉄道島」合わせての荷物は27kg。ゆうパック170サイズでギリギリ。
 無論、昨年の梅田への荷物はこれ以上でしたが、あちらは経費でましたので(苦笑)。

=====================


・「鉄道島」に敷いた布は「展示用の」フェルト生地の緑。麻雀卓の素材とあり「これだ!」と。900mm巾x9600mmで6000円強(楽天)。最安値でこそ無いですが他の素材よりは安いはず。で、見た目も質感も上々。関西(立命鉄研)に預けたので今後も使ってもらえると思います。色は基礎板に近いですし。

=====================


往復は高速バス昼便。
 「昼特急」のエアロキングも何時かは引退するでしょうから、乗れるうちに乗っておきたいと。
 行きは気分も高揚してるのでえらく楽しかったのですが、寿司系の弁当と酒を用意し「サロ152乗ってサハシ153まで寿司摘みに行く気分」とか粋がる(笑)。「昼特急」は所要時間的には昔の電車急行(「なにわ」等)的な感ありと。あの楽しさは既にやみつき。

 大橋ジャンクションを通過するようになった「昼特急」。件のぐるぐるを登ってく。

 東名の左右ルート別れる御殿場付近。4車線全て下り線で「アウトラン」気分。BGMマジカルサウンドシャワーw

 伊勢湾岸道の斜張橋連続区間。

 でも、帰りは純粋に苦痛ではないものの、爆眠状態。せっかく最前列取ったのに(苦笑)勿体なかった。
 ……こういうイベント参加の際の帰りは夜行のほうがいいですねこりゃ。JR系じゃなきゃ安い3列多いですし(少し前は昼便+ネカフェ代の方が夜行3列より確実に安かったのです)。

 車は往復ともクレイドルシート車。これが片道7時間を割と左右。3列シートでもクレイドルじゃないとちょっと苦しいのが東京〜京都往復。指名買いできないのが難ですが。
 そういえば行きの車は珍しい濃赤モケットの車でしたが(通常は青モケ)、同じ座席でも快適性が色彩で違う気がするのは不思議。濃赤の方が好き。特ロっぽい(笑)。

 濃赤モケットの744-3999号車。実は「レディースドリーム」号用のレディース仕様らしい(敢えて誤解招く書き方をば)。珍車故に車内も撮っておけばとマジで後悔。

=====================


・純粋な旅行と(出先では主に乗り鉄程度)、大型イベント参加は現地での消耗が違うことは考えねばなりませんかも。梅田の時は新幹線往復で、しかも帰りはグリーン車。あちらは経費(略。
 なお、今回は飛行機も少し考えました。羽田〜神戸のスカイマークは最安値8500円位なのでちょうどバスと新幹線の間くらいの運賃。十分に検討の余地あり。というか新幹線ボリすぎ。

 まぁ結局バス、それも安心のJR系(昼特急orドリーム)が優先ですけども。
 JR系以外は「車内マナー」とかに五月蝿い会社や便や運転士に乗客が居るらしいので二の足踏んでるのです。嫌だよ窮屈な思いするのは。

 ちなみに。JRの普通乗り継ぎは高いわ割引ないわ(除18シーズン)、何より東京〜静岡の373系普通なくなった地点で乗る気なくしました。金払って長距離ロングの拷問受けるなんてアホくさすぎ。

=====================


・会場はJR住吉駅から「六甲ライナー」で。6分間隔運転はこの種のAGTとして気合はいってる部類。前後展望席+ロングシートですがロングシート部分は意外とふかふか。展望席が快適なのは言うまでもなく。ただ、開業時車輌であり車齢20年超えており、そろそろ置き換え時……?
 六甲ライナーのヲタ席もとい展望席。

=====================


・宿探し面倒だったので、住吉駅(六甲ライナー接続駅)のネカフェで済ませる。2泊。
 シャワー無いのはいいとして(良くないけど)、洗面台無いのは難儀。洗面洗顔が出来ない。今回は駅とか会場ので済ませましたが。
 マットブースも3つしかないし。飲み物の種類少ないし。でも漫画はマニアックなの充実というアンバランス(笑。「ワタモテ」面白かった。「くまみこ」読みたかったw)。なお今時会員登録無し身分証明書不要といういい加減さも味か? でもPCはwindows7でそこそこ速い。ネカフェは未だにxpマシンというとこ多いですからねぇ。あぁでも来年は此処はないな絶対に。
 次回はせめて、三宮のネカフェまで行こう……(結局ネットカフェかい!)。

=====================


 3泊目は「友人」宅泊。お世話になりました。寝るよりお話するのが楽しい罠。
 
=====================


・6月5日の夕食は設営後、立命鉄研のみなさんと王将へ
 がっつり食う(フルサイズのラーメン+餃子+焼き飯で税込1080円という凶悪なセットを)。
 店内掲示「楽しい会話」に皆で突っ込む(笑)。結果楽しい会話のボリュームが上がる逆効果?

 6月6日はブリックフェストの懇親会。
 会費で赤字じゃ?というくらい質量とも充実の食事でした。素晴らしかったのです。

 6月7日、撤収後の夕食はお馴染みサイゼリア(笑)。
 レゴオフ会の締めは「やっぱりサイゼ」じゃないと(爆)。いつもの安ワインも旨い。

 あぁ意外としっかり食ってますね。それでも消耗するのがレゴイベントですが。
 
posted by 関山 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

【イベント】ジャパンブリックフェストは凄い!

 開場前ゆえ、「自作並びに仲間内以外の作品の公開」はできませんが……。


 はっきり言ってこれまでの国内のオフ会各種や特定展示(国際鉄道模型コンベンションなど)とは「違いすぎ!」です。

 まず、国際性
 主催者がニュージーランド人ですし、その伝手か国際性にとむ出展者。確認しただけで香港及び韓国。アメリカも?
 それぞれがすでにbrickshelfなどで有名な方と来ている! 

(余談ですが、会場のカナディアンアカデミーはインターナショナルスクールですから、その生徒さんや関係者さんが来場してくれたら…お客様方もまた国際性にとむことになるのでしょう……。)

 で、国内からも「あの方」「この方」が参加されてる由です。ここまで豪華な集い、BFT2008以来じゃないか? といえるほどに。


 そして。複数のテーブルからなる島があります。神戸風の街なみ、ひだか式モノレール、我々のトレイン走行系。
 鉄道系はその3つだけかとおもいきや…。

 何らかのテーマに合わせてトレインをさらりと絡めてるテーブルが複数。GBC(玉転がし・ピタゴラ)もトレイン使ってる!
 その雰囲気は明らかに憧れてきた海外の大型レゴイベントそのものです。


 細かくは見られませんでしたが、テーブル1/3〜テーブル1本程度の個人出展も濃いもの多し。BTTFのさくれつ氏がえらくおしゃれに展示キメられてました(一例!)


 直前で申し訳ありませんが、この催しは歴史的なものになりそうな気がします。
 東京などから遠路参加・見学される方、あるいは作品を送るだけでも参加されてる方は幸せだと思う由。確実に遠征・遠送?の価値ある催しでしょう。
(つまり、関西の方はスケジュールに調整がつく限り出向かれたほうが良いと!)

 無論、日本の身近なオフ会文化は大好きですよ。
 でも、それと違うより大きな世界を体験する価値はあると思うのです。

 明日からのレポートも頑張りますよ!
 また、開催までにご尽力された主催のK-Lugに感謝いたします。
 


posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】ジャパンブリックフェスト、設営完了

 実際には21時前には完了しております。
 みんなでワイワイ、忙しくも楽しい設営でした。










 神戸風の町並み、より。
 関山担当の「高架駅」です。

 走行は伴わない静止ジオラマですが、街と合わさった効果は絶大! 車両はローテーションで交代させる予定。トップバッターは拙作新作221系電車にmazta-k氏の225系電車。地元の身近な電車! 雰囲気に溶け込んでいると思うのですが如何?




 こちらはトレインテーブル。PF2線、9V2線の複々線です。競合並走で電車走る周る予定! 4線あれば国私鉄対決に、歴代近鉄特急祭り、東西私鉄特急対決となんでもできる。

 新作もいっぱい。エース君父子の新作群、薬師山氏の新作群。他にもまだまだ!


 立命鉄研さんによるアーチ駅。実用性と合理性、そしてサイズ的な大迫力! 数々の名舞台となることでしょう。



 ひだか様のモノレール。「全部」入り。関西は初展示です。


 神戸風の街なみ展示に戻って。エース君父子による六甲山ケーブルカー。大胆な地形は合作です。山頂からの眺めは一見の価値あり!


 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

【イベント】今週末は札幌へ? 「北海道新幹線」も「レゴシティトラック」

 今週末は何度もお伝えしてるよう、「神戸がとてもとても熱い」のですが(関山も参加。トレインもいっぱいモノレールも♪)、札幌近郊の方はこちらも見逃しちゃいけません。



 函館市内巡業してたかたおか様の函館ジオラマ+北海道新幹線、ついに札幌進出です。展示が2日間と短いのでお見逃しなく! 次はどこに行くのやら?

 そして、同日に。


 コンセプトは全く異なる展示であり作品であり催しでありますがハシゴ出来るのは何たる偶然か。
 札幌やその近隣の方は両方行かなきゃなりませんね。

 そんなわけで北も西も熱い週末。
 西といえば、神戸には道内ビルダーさんの作品も展示されているんですよ。キシイーヌ様に隼様。拝見できるの楽しみです。
 


 
posted by 関山 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】6月5日amazon.co.jp発売品、概ね28%以上の割引に(除くelves)。

 朗報です
 明日6月5日発売のamazon.co.jp発売品、概ね割引率設定され(28%off以上)、クリブリ価格よりは安くなっています。カメラ系量販店価格は未調査ですが、ポイントではなくて現金なこととか、通販での品切れが少ないこと(量販店通販は品切れが多い)ではamazon.co.jpに利が?

 まっとうに割引率入ると、ひどく値上リした感じは薄いです。寧ろ円安為替なのにこれで済んでて凄いなぁという印象か。いや「レゴシティのまち」はやっぱり高いですけどw


 31038 季節のコテージ 5766円(28%off)
 31037 オフロードカー 2525円(16%off)
 31039 ジェットプレーン 6123円(28%off)
 60098 パワフル貨物列車 17205円(31%off)
 Creator及びトレイン。割引率かかって「まぁ、あり」な価格になりました。F35……もといジェットプレーンはUS定価もそれなりに高いので、6123円なら「割安」と言えそうです。


 60097 レゴシティのまち 18748円(31%off)
 話の種にありかな? という価格までは落ちてきたようです。重量3150gなのでパーツ構成は大きめといえ、モジュールビル並みのボリュームのあるセットなんですねこれ。価格もモジュールビルと考えればありか?

 41077 アイラとペガサスのそり 6458円(定価)
 41078 スカイラの不思議な城 14018円(定価)
 エルフは定価のままでした。買い時難しそう。

 60097 宇宙飛行トレーニングジェット 4960円(29%off)


 60078 スペースシャトル 2637円(18%off)
 小物は割引率渋いのは以前から……。
 60080 宇宙センター 9838円(30%off)
 10000円切ると高くないように思えます。シャトルは過去のものですけどレゴじゃ人気者。

70173 ウルトラ・エージェント ウルトラ・エージェント・オーシャン本部 11406円(29%off)
70712 アンチマターのポータルハイドアウト 7063円(30%off)


70171 ウルトラソニックの決戦 2525円(16%off)

75106 インペリアル・アサルト・キャリア 14304円(定価21727円?)
75094 インペリアル・シャトル・タイディリアム 10541円(定価16003円?)
75093 デス・スター 最後の決戦 9107円(定価13714円?)
 割引率記されていませんが、sw系はいきなり30-34%off! 狙い目?


75091 フラッシュ・スピーダー 4520円(定価6845円?)
75092 ナブー・スターファイター 6786円(定価10279円?)

 その他チーマとスーパーヒーローズ。一覧こちら。
 こちらも概ね安くなってます。elvesだけ高いのはなにゆえ?
 なお、swは定価表示がないので、先の登録時価格を定価とみなしました。

 6月26日以降のジュラシックワールド。7月以降のFriendsは未だ定価ですが、下がる楽しみは生まれました。2015年後半も絶望する必要は無さそうです。
 

 
posted by 関山 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

【作品紹介】エースくん様の路面電車。可愛くスマートなサイコロ電車?


 三車体連接で中間がフローリング。日本だとアルナ車両のリトルダンサー系に多い軸配置。
 
 また、前方が大きく流線型……というデザインはリトル・ダンサーにも、或いは海外製品でも見られるデザイン。ただ、意外とレゴの路面電車作品では見られなかったので新鮮です。すごく、キュート。

 下方では黄色(ブライトイエロー?)のアクセントも効いています。
 丸みのついたプレートですので、絞り込みのスマート感にもつながる。但し、灰色の排障器部分が6幅なのが残念。ここが4幅なら先のブライトイエロープレートの丸みが強調されたと思うのですが……惜しい。


 中間車体が短いのが印象的ですね。楽しげなサイコロ的デザイン。
 前後車両のドアが大きな視覚的効果を与えてもいます。細かく分断されているため独特のリズム感が生まれ、可愛らしさ、サイコロ感が強調されても居ましょう。
 
 大事なのは床下のスカート。前後はウェッジプレート使って軽快な裾上げにしてるのが効いています。


 裏面。やはり中間車体はフローティング。ボールジョイントを上下に使うことで構造を成立させています。
 
 レゴで路面電車、特に連接車作る際はどうしても「長く・大きく」なる傾向があります。
 但し、現実の低床電車には「小さな・短な」三車体連接車も存在する由(広電や鹿児島市等)。自走させることも視野に入れると難易度は跳ね上がりますが、サイコロ的電車は楽しそう……と思うのでした。
 
posted by 関山 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【建築作品】ブリックフェストのサクラグ合作「神戸風の街なみ」の関山作品(高架駅)について[文章のみ]

 情報公開の規定がわからないので、文章だけで勝負!

 神戸市内の鉄道は概ね高架ですので(JR及び阪急)「高架および高架駅」です。
 長さは基礎板6枚分……32ポッチx6ですので、レゴスケール6両分。ホームは4両分ですが。

 高架駅はトレインビルド界隈としては寧ろささやかなもの(2面2線・通過線なし。駅本屋は高架下に収まる)ですが、例によって「アーチ屋根」を掛けています。雰囲気としては阪急三宮が近い? 但し特定事業者・特定駅モデルではありません。

 アーチ屋根は制作3つ目になりますが(今度のは2つ目同様に、ナローカーブを芯材に使用)、ノウハウ蓄積が出てきた感あり。
 ナローカーブ芯材故に色は黒。2つ目(去年梅田他で展示)に近いかというと、デザインは変えてる由。長さは64ポッチで2両分。短いように見えて合作の中では大きい。

 駅全体は黒とトランスクリアのみで渋くまとめる。飽く迄脇役なので派手な色は避ける謙虚さ(……ってことにしときます(笑)。黒が作りやすいだけなのです個人的には)

 コンセプトは厚かましく申せば「水晶宮」。
 実物があるとしたら鋼材と硝子だけでできてるイメージ。但しモダニズムではなく、若干デコラティブに。「ガーゴイル」(建築用語)も載せてます(笑)。装飾は厨二風味か? アーチも多用。

 駅の中には自動改札に券売機に、バリアフリーにエスカレータ。現代の設定ではありますよ。

 高架下はいつもどおり手を抜こうかと思ってたらそうは行かず(苦笑)。
 外観だけではありますが、店舗群として仕上げました。

 なお、分解・梱包前に目の前にあるブツですが、取り敢えず国鉄80系電車「急電色」4両編成を仮置き。妙に似あってます何故か。
 明朝までに送れるサイズに分割箱詰め。発送となります。

◆◇◆◇◆◇◆


 再組立は5日金曜日の夕方。皆様の前にお見えするのは6日土曜日。

 走行伴わない静止ジオラマではありますが、当日は車輌の入換は考慮しています。

 皆様の作品ではmazta-k氏の阪神1000系に225系/薬師山氏の阪神赤胴青胴・阪急/エースくん氏の223系に、エースくんパパ氏の近鉄エースカー(乗入♪)。
 拙作では、阪急の中で神戸線の920形に1010形。国鉄では80系急電に153系新快速辺りを合わせる予定。無論221系も。
 このあたり、とっかえひっかえ撮影できたら楽しいかと。
 
posted by 関山 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 建物作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

【考察】レゴのビデオゲームの意味

 ※:ビデオゲーム=何らかの電子媒体のゲームという意味で。

 マインクラフトという「限りなくレゴ的な」ゲームが世界的に流行ってる。最近は日本でも。
 マインクラフトのレゴもそこそこ売れてるらしい。日本ではクリブリ限定なので入るたびに瞬殺?

 ここでやっと気がついたのは、既にレゴにディープに染まってる人と、こうしたタイトルの狙ってる層は多少違うのだろうな……ということ。
(レゴからマインクラフト……はそこそこ多く、そういう方が現状でのマイクラレゴの顧客だとは思いますが)

 だから、自分とか、或いはオフ会やTwitter等で作品を公開しまくってるディープな人が「リアルでレゴ弄ってるほうがバーチャルより楽しいだろ! バーチャルなんか無意味。LDDは飽く迄設計支援ツール」とか言ってもあんまり意味は無いのでしょう。

 狙ってるのは「ゲーム好きだけど、ブロック玩具は卒業した。或いは興味が無い」という人たち。
 言うまでもないのですが、こうした層の方がはるかにディープな既存レゴビルダー(AFOL)よりは分厚い。数が多い!
 既に世界一になってしまった玩具メーカーが狙っているのはやはり「ブルーオーシャン」。
(あぁ既にバズワードというか死語ですねブルーオーシャン……まぁいいや)

 ついでに言えば、未だ大人(ハイティーン以上)のレゴユーザーはよくも悪くも「特殊な趣味」のまま。
 でも、ゲーム好きな大人は既に社会の大多数。今の50代の少年時代にスペースインベーダーはヒットして、ウィザードリィが存在した事実は忘れちゃいけません。
 かつてSWやマインドストームで「大人もレゴやってもいいんだ」という空気を造り、そこから生まれたAFOL文化(その意味でこの2つはレゴの歴史変えちゃった)。
 それを「ゲーム」と言う形でリブートさせ続けたいのかな……と考えてしまうのです。

 そんなゲームファンを如何にリアルなブロックに引きこむか。
 「マインクラフト」に真っ先に目をつけたのってやはり彗眼だったんでしょう。
(だからといってゼルダを足蹴にしたこと忘れちゃいませんけど。あとその前の黒歴史の数々も)

 で、今度は「マイクラ風レゴゲーム」。



 日本語情報こちら「gamespark ワーナー、マイクラ風レゴゲーム『LEGO Worlds』発表ーSteamにて早期アクセス開始!」
http://www.gamespark.jp/article/2015/06/02/57379.html

 他、おなじみ「The brick Fan」に情報多し。
http://www.thebrickfan.com/

 無論、課題も大きいでしょう。
 ビックタイトル「マインクラフト」に追いつき追い越せるのか? 或いは競合して喰い合ってしまわないのか。
 過去の失敗「LEGO Universe」の二の轍を踏まないのか?
 先日発表された仮想現実企画「レゴディメンジョンズ」との関連は……? (まぁ無理してくっつけるよりは並行させとくほうが安全か?)

 その辺の懸念疑問はともかく、『LEGO Worlds』は「出来次第」でゲーマーをAFOLにしちゃえるのかも知れません。マインクラフトを超えるか、その次くらいの地位を抑えられれば。
 本質としては、「リアルはバーチャルより面白い」のですから。

 レゴが今以上にメジャーな存在になる未来も楽しみではあります。

 蛇足。
 市場拓くのもいいけど、既存のユーザも大切にしてね……♪
 「釣った魚に餌やらねぇ」……。じゃ釣った魚が餓死or逃亡しちゃって市場に出せないですよ。
 
posted by 関山 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】今年の夏もクリブリコンテスト。いろいろ変わる?

 情報源はクリックブリック公式より。
http://clickbrick.info/news/article/3052/


 開催店舗は千歳 仙台泉、佐野、横浜、土岐、長島、りんくう、マリンピア神戸、大阪鶴見、神戸三田、名古屋みなと、倉敷、福岡マリノア。
 
 6月15日(月)に用紙配布。関東は2店舗のみですので要注意(瞬殺のおそれあり)。休日にして欲しいところですが……。
 作品提出は7月17日−7月31日。
 作品展示・投票は8月1日-8月31日となります。
 

 さて、今年の夏の最大の変更点は
 「キャラクターもの不可」
 「『夏』をテーマに」

 ということ。

 前者への論考は差し控えますが、キャラクター立像というジャンルが強すぎたことへの反省としてみることはできるでしょう。また、作品の出来よりはキャラクター人気で投票される問題もありました(無論、入賞作の殆どは「キャラ人気以上に作品の質で」評価されてたのは言うまでもありませんが。誤解なきよう)。

 少なくとも鉄道系作りたいこのブログの読者諸兄には無関係の話では有りましょうし、また条件が有利になったと見ることもできます。

 『夏』はそれほど厳密に考えなくてもよさそうに思います。他の季節を感じさせるアイテム(雪とか桜とか紅葉とか)避けりゃ良いのですし(暴論)。

 で、ここまで変更するなら。
 「いい加減、横向きフォーマットも解禁してよ」
 って申したい。縦長フォーマットじゃ乗り物系は著しく不利! 「縦にすりゃいい」って意見もあり、確かにロケットや軍用機はそれでも様になります。ですが、民間の輸送機械(鉄道車両・民間輸送機・自動車)は縦になってるという状態はあまりゲンが宜しくありません(事故?に見えてしまい、非常に不吉)。

 規制が作品の形を生むのも事実であり、過去の鉄道系の入賞作はそのあたりを乗り越えておられますが。
 でも「横長ゆえのかっこ良さ」が見せられないのは辛いところです。


 なお、関山は参加微妙です。
 7月というと国際鉄道模型コンベンション迫ってますから、多分それどころじゃない(苦笑)。
 
posted by 関山 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

【作品紹介】ブリックフェスト(6月6-7日 神戸)の「ひだか式モノレール」。回転式トラバーサも。

 ひだか様より頂いた画像です。これが今度今週末の神戸に展示・実演されます。


 全景。更に規模拡大。これまでのループ線にシーサスクロッシング。車庫への分岐線。二重高架。全てを取り込む。
 そして右手下方に見えるのが、新機軸の回転式トラバーサ。

 コース全体としては立体感のある、そして列車が悠々と走れる規模を持っています。


 別角度より。ロングのストレートが長いように見えて、実はそこにシーサスとトラバーサがギリギリに押し込まれている由。


 回転式トラバーサ。実物ではちょっと無理そうな設備ですが、レゴでならあり♪
 ベルトコンベアに乗ったレールごと、編成が左右に動く大迫力。恰も新エヴァのモノレールシーンを彷彿させる? 良い意味で1970年代の特撮的な雰囲気もありましょう。レトロヒューチャーな車輌デザインもまた特撮的(円谷?)ではありませんか。


 今回新造?の第二編成。より鋭角的な前面に、サイドスカートはテクニックパネル。よりスムーズに、美しく。赤は羽田か向ヶ丘、青は姫路市交通局か大阪万博といった雰囲気。
 いや、やっぱりどちらの編成も特撮の世界から抜けだしてきたような存在感。今回のテーマは「映画・アニメ・特撮」なので合致してもいないでしょうか? 特定作品に沿ってはおりませんけども。

 何か同じ会場内の特撮系の作品を並べたい誘惑に駆られます。BGMのバンド演奏もあるそうなので、そんな曲の許でモーター音響かせるのも素敵でしょう。そうした意味で、ブリックフェストならではの見せ場もありそう。


 言うまでもありませんが、PowerFunctionの配線に、テクニックじかけの分岐器類も魅力です。細かく見ると気が遠くなるようなパーツと技術の結晶……。
 10余年の技術と経験の蓄積。レールの1本からしてブロック・プレート・タイルを組み合わせた「作品」でもあります。それが大量に。

 このモノレール、GBCとは同じテクニックの動く大規模作品として、良い競演となることでしょう。
 
◆◇◆◇◆◇◆


 ブリックフェストの公式エントリはもう締め切られておりますが、関山が手配した鉄道テーブルでは、鉄道車輌(通常トレイン。PF及び9V)と鉄道系アクセサリとしての建築(モジュールビルサイズ程度まで)など、未だエントリ受け付けております。
 6月3日まで。出来れば2日まで。詳細こちら参照ください。
 

 

posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】6月新製品予約開始……

 やる気の全くなかったamazon.co.jpに一気に今月以降の新製品が追加されています。
 昨今のつらい状況ですが、レゴ製品全般に安定供給されておらず、再入荷まで異常に時間が掛かるとか、再入荷されても割引率渋い(実店舗でも割引率高めの店は瞬殺)みたいなケースが少なく無い。

 ですので、価格に関しては「最安値狙い」と「確実な入手」はイコールでない辛さ。
 予約を入れておいて、発売4日目くらいまで様子見、もありだと思います。実店舗で買えない事例も聞いていますので、その意味ではamazon.co.jpで抑えるのはありかもしれません。

 ただ、6月5日の品は割引率かからないと若干リスキーです(現状「希望小売価格」だと思われます)。
 CityやCreatorはなんだかんだで再入荷しやすいので「待ち」も賢明かも知れません。
 記事書いた地点での価格を記しておきますので、何らかの割引率表示されたら(amazon.co.jpバナーは自動更新)チャンスかも? 「予約商品の価格保証」は適用されています。




 31038 季節のコテージ 7970円(定価?)6月5日
 31037 オフロードカー 3002円(定価?)6月5日
 31039 ジェットプレーン 8510円(定価?)6月5日
 60098 パワフル貨物列車 24818円(定価?)6月5日
 Creator及びトレイン。この辺は割引率かかれば「まぁ、あり」な価格でしょうか。



 60097 レゴシティのまち 26978円(定価?)6月5日
 定価と思いますがあまりに高すぎ(割引かかっても)。自分的にはスルー。トラムだけ自作しよ……。円安為替以上のボッタクリ感が酷い。

 41077 アイラとペガサスのそり 6458円(定価?)6月5日
 41078 スカイラの不思議な城 14018円(定価?)6月5日
 幸いにもエルフは値上がり感が無い。「割引率かかれば」という前提で。

 60097 宇宙飛行トレーニングジェット 6998円(定価?)6月5日
 T-38とF35(31039)が両方とも商品化されるレゴジェットは熱い……のかも。値引きされれば可?


 60078 スペースシャトル 3280円(定価?)6月5日
 ミニシャトルだけど安いかな?
 60080 宇宙センター 14018円(定価?)6月5日

70173 ウルトラ・エージェント ウルトラ・エージェント・オーシャン本部 16178円(定価?)6月5日
70712 アンチマターのポータルハイドアウト 10022円(定価?)6月5日


70171 ウルトラソニックの決戦 3002円(定価?)6月5日

75106 インペリアル・アサルト・キャリア 21727円(定価?)6月5日
75094 インペリアル・シャトル・タイディリアム 16003円(定価?)6月5日
75093 デス・スター 最後の決戦 13714円(定価?)6月5日


75091 フラッシュ・スピーダー 6845円(定価?)6月5日
75092 ナブー・スターファイター 10279円(定価?)6月5日

 この他6月5日はチーマとスーパーヒーローズが新発売。一覧こちら。

◆◇◆◇◆◇◆



 ジュラシックワールドは6月26日発売です。つまり予約後価格下がるかどうか見極める期間が取れます。

75918 ジェラシックワールド T-レックスの追跡 12938円(定価?) 6月26日
75919 ジェラシックワールド インドミナス・レックスの脱走 19418円(定価?) 6月26日
75916 ジェラシックワールド ディロフォサウルスの奇襲 6458円(定価?) 6月26日
75915 ジェラシックワールド プテラノドンの捕獲 75915 3758円(定価?) 6月26日



75917 ジェラシックワールド ラプトルの猛威 9698円(定価?) 6月26日

 注目してる方も多いFriends新作は7月3日です。コレも見極め可能。小箱は値上げ無いのに大箱でという流れなのはAFOLダメージ大きい感じか……? まぁ値引きを気長に待ちましょう。

41098 エマのミニショップ 1490円(定価?) 7月3日
 小物パーツいっぱい。コレが安いのは嬉しい。
41108 フードマーケット 6458円(定価?) 7月3日
 良作セットですが、値引き待ちですね。ちょい高い印象。
41101 ハートレイクホテル 20499円(定価?) 7月3日
 高いよー。大箱値上げは苦しい限り。



41100 プライベートジェット 3974円(定価?) 7月3日
 これは何故か安めですが。
41106 コンサートツアーバス 9482円(定価?) 7月3日
 値引きされればあり。
41104 メイクルーム 4838円(定価?) 7月3日
41105 ライブステージ 6458円(定価?) 7月3日

 7月3日はCityの海底探査系もあります。

◆◇◆◇◆◇◆


 為替変動で値上げは覚悟してた方も多いでしょうから(その分円安で株高になって日本経済はマシになってる由……)、amazon.co.jpの予約日が発売直前というのは勘弁して欲しいです。誰も得しないよ!

 
===========================================
 追記。


 6月5日発売品のクリブリ価格が判明です(あそびや様、感謝です)
 amazon.co.jpの表示価格は現状で「定価」ですね。クリブリ価格は一応の「指標」になると思われます。気になるところ書き出します。

 パワフル貨物列車 18990円(税込。以下同じ)
 インペリアルシャトル 11990円
 ウルトラエージェントオーシャン本部 11990円
 スカイラの不思議な城 9990円
 ミクセル 各540円
 季節のコテージ 5990円
 ジェットプレーン 6990円
 トレーニングジェット 4490円
 宇宙センター 9990円
 レゴシティのまち 19990円

 極端な値上げという感じはありません。レゴジャパンさんは努力してる感?
 あとはamazon.co.jpのやる気か?
 
posted by 関山 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする