何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年05月23日

【作品紹介】この方向性もあり! yanagin様のショーティEH800/DF200は意外な力作?

 鉄道模型の世界にはショーティ文化が存在するのは知られてます。大昔はOゲージ(無論3線式)、1960年代にはHOゲージで。どちらかと消極的な理由であった(フルスケールが価格や技術で制約を受けるため)ため、一度収束した印象がありました。
 しかし、今はNゲージに場を移して。Bトレインショーティとして「復活」。定着してる由。


 レゴの汽車セットは1980年代の12vで若干ショーティ志向な電車セットがリリースされたりはしましたが、こちらはボギー車のリアル化が9v以降定着してしまい、喪われた文化になったまま。


 #7725(1981年)。この方向性は定着しませんでした。今見ると可愛らしさとリアルの同居したデザインが好ましい(しかし日本に持ち込まれた数が少ないであろう12vセットですね。未だに現物見た事無いのです)。

◆◇◆◇◆◇◆


 そんな文脈を感じさせてくれるのがyanagin様の作品。
 日本形リアル系というのが往年の三線式Oゲージ的でもあり、今のマニアが弄ったBトレ的でも有りましょう。無論、#7725の流れも感じさせます。

 brickshelfより。
 http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=556353

 EH800形電気機関車のショーティ。如いて言えばED800形?
 サイコロを思わせる最低限のサイズに抑えこまれています。よくみるとモーターの前後に全く余裕がない。可愛らしくも緊張感のあるフォルム。
 そこにディテールはフル仕様。側面のラインであったり。スカート部の解放テコ。スノウプロウ。ミニマムですが碍子表現も。

 余談ですが、名鉄の新型電気機関車、EL120型に通じる雰囲気もありますね。あれはリアルなEH800のミニサイズですから。

 brickshelfより
 http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=556352

 こちらはDF200。同様にDB200とでも?
 側面の凝縮感が凄い。ルーバーの「中」「大」「中」に、乗務員ドア。省略がない。白いナンバーも良いアクセントに。そしてボリュームに満ちた屋根! 箱型の電気式ディーゼル機関車は「背が高く」なりがちなのですが、その特徴を強調・表現しきってます。あわせてサイコロ感というかマスコット感の強調にも繋がってる。
 前面もそのままフルスケール機に使いたい完成度。解放テコや短めのスカートはEH800に共通する表現ですが、今のJR貨物機らしさが出ています。


 お供を務める小さなタンク車。#7938で大量に余る?カマボコの再利用ですがなかなか好ましい雰囲気。ツルツルの仕上げは結構な手間とコストが掛けられていることが窺えます。一方で中間連結器をドローバーに割り切る経済性も。タンク端の仕上げは「異形胴」をミニマムに押し込んだように見えて面白い。
 ところで、赤いタンク車って日本に(リアルに)登場しませんかね(笑)。緑もいいですけど。


◆◇◆◇◆◇◆


 レゴトレインの世界では車輪や連結器や動力が高価かつ入手が難しい……という問題があり、経済面で申すとショーティは寧ろ贅沢な遊びかもしれません(例えて言うなら、Nゲージ切り詰めてBトレにする作品に近いかも……)。然し、コスト無視の贅沢が「粋」につながるのもまた事実。

 合わせて、PowerFunctionでは機器の収容が意外と大変という問題も(DF200、かなり苦しそうに見えるのですが……?)。
 そういう無茶?が作品としての価値・魅力に繋がってるのは、言うまでもないでしょう。
 
 ともあれ、この小さな力作たち、通常のレゴスケールであったりフルスケールとは違った「可能性」を提示してるのは事実でしょうね。大曲線よりはナローカーブベースのミニカーブでちょこちょこ走らせたいなぁとか思うのでした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】イグ様の「広告貨車」と、そこから広がる楽しい世界

 Twitterより。こういう自由形も大好き♪

 イメージは路面電車の「花電車」だとか。
 大昔は大掛かりな装飾を載せて、実際に走ったといいます。

 この作品は自走できない貨車を前提ですが、テーマごとの貨車(というか「山車」ですね)を何両も曳いたら楽しそうですし、それはそれで花電車の続行運転のような楽しさになるかも?

 無論、路面電車前提ではなく本線の貨物列車などに組み込むのも有りといえばあり? レゴの良い意味で自由な特性が生かせるお題では有りましょう。こんな「山車」の続く編成を古典的な如何にもレゴ汽車シリーズ的な動力車に牽かせる良し、今のCityでPowerFunctionな機関車に牽かせるのもあり。いや逆に超絶リアルな作品とのミスマッチ狙うのも楽しそうか。

 閑話休題。作品としてもテーマの切り取り方が巧いです。きちんと車両限界に納めてるのは嬉しい配慮でしょう(高さはギリギリかも……)。

 で、この「テーマの切り取り方」だと今はほんとになんでもできちゃいますね。Friends、elves、Bionicle、sw、Ninjago……。やっぱり楽しそうなのでした。
 

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。