何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年05月19日

【レゴ製品】ハートレイクには空港も? 41109の衝撃/リムジン41017も/Friendsのバブル感(笑)に思う。

 bricksetより。

 この時期に珍しい新製品情報です。しかしぶっ飛び過ぎ。


 「#41109 ハートレイク エアポート」
 箱画像はどこか店頭で撮影されたものか。全く事前情報なしに「現物」で情報というのは新鮮といえば新鮮です。というか情報締め過ぎじゃないかい最近のレゴ社は(コミュニテイの盛り上がりに水注してる気はしなくもなく……)。

 飛行機そのものはCityの8幅のアレです。既報のビジネスジェットとはサイズの差別化できておりましょう。それにしても男児向けには旅客機がない現状のラインナップに、女児向けには……というのはやっぱり凄いなぁ。カラーリングは……ハートのマークも合わせてどこかLCCっぽいって指摘は言っちゃいけないお約束でしょうか?

 空港設備は最低限簡素。その中にFriends的な遊び要素を詰め込んでるのは興味深い。
 男児向けには必ず含まれる管制塔が無い代わりに、免税店があるのはFriendsらしいセンス炸裂!(褒めてます)


 LCCっぽい見た目に反して機内は豪華? 重厚なセミコンパートメントの座席は誰がどう見てもファーストクラス仕様。広々とした化粧室。後方はギャレイか。
 Cityの旅客機の方がLCCですねこりゃ。

 ここまでやってしまったからにはハートレイクには駅と鉄道もお願いしたいものですが。しかしFriendsがいつの間にか志向してた「ハリウッドセレブな世界観」に鉄道が食い込めない悲しさ。あいつらの間でプライベートカーの貸切とか所持とか流行らないものかしら。そうすれば……(本末転倒)。

◆◇◆◇◆◇◆



 「#41107 ポップスターリムジン」
 こちらもbricksetより。

 こちらはポップスターシリーズ。世界観は似てますが微妙に違う。
 魅せること前提のオープンなリムジン。思い切ったデザイン。レッドカーペットとかの世界観がやはりぶっとんでる感。やりすぎ寸前……?

 パーツ的に注目したいのは半偃月形キャノピーのトランスブラックがやっとリリースされたこと。これは使い勝手良さそうです。

 Friendsのバブル感というか浮ついてる感は鼻につく感じ強し。
 まぁ男児向けが攻撃的戦闘的になっちゃうのに近いのかしらん。今のところは未だ「これはこれでネタとして有り」という感ですが。

 政治的な問題はこのブログでは書きたくはないけど……色々考えさせられるのでした。
(政治的な文脈を避けて申せば「レゴ社はもっとヨーロッパを意識してよ」に尽きますかね)
 




 
 


posted by 関山 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】群馬レゴオフ2015レポート(5/3 日) その他篇


 前回記事
【イベント】群馬レゴオフ2015レポート 鉄道編2 ロマンスカー反省会?
【イベント】群馬レゴオフ2015レポート 鉄道編1 皆様の作品から。

 なお、自動車関連は主催のTamotsu様のレポートも御覧ください。
【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 ドラッグレース
【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 画像レポートその2
【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 画像レポートその1
【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 動画レポート

 なお、作者名などは殆ど失念しております……申し訳ございません。
 コメントかツイッターでお知らせくだされば補完します。


 ビックフットなトラック。サスが本格的。テクニックはかく使うべし。冗談めいた見せ方も巧い。


 意外と気が付かれなかったトレーラー。5幅のトラクターが今様なデザインでかつ精細。この雰囲気は何時か真似したいものです。


 空の要塞! 的な飛行船。目立ってました。レトロに見えますが現代兵器設定なのだそうです。
 大型プレートの構成、良い意味で無骨さが顕れてかっこ良い。








 今回を象徴するカーショウの現場。この作品数が集まり盛り上がるというジャンル! しかも公式製品には恵まれてはおりませんのに。魅力が? 魔力が? 良い意味で日本独自のレゴ文化になりつつあるのかも知れません。
 なお、4幅車といっても表現手段というか微妙なスケールは結構差異があります。それでも共存させて意外と違和感ないのも印象的でした。


 Mugen氏の福井からの参加車は<<続きを読む>>
posted by 関山 at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする