何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年03月29日

【イベント】横浜トレインオフ レポート本編3「JR九州並び」/結び

 ひとまず、最終回です。
 過去記事
【イベント】横浜トレインオフ1「ロマンスカー大集合」「新幹線」
【イベント】横浜トレインオフ2「その他」も濃厚。
 brickshelf:Azur様の上げられた写真
 別観点のものが多く貴重です。
 brickshelf:関山が上げたもの。
 ブログで使わなかった写真もこちらにあります。

◆◇◆◇◆◇◆


 今回の名脇役。なし様の小型駅舎とプラットホーム。
 とんがり屋根の小型駅舎はとても雰囲気良い。昔ながらの「郊外電車」に有りそうな(当然、日本型の話)。ウェッジスロープ使った絞り込みがおしゃれ。あまりがちな部品ですが、積極活用できるものですね。

 屋根部分の窓まわりもモダン。山荘風は1970年代に流行りましたよね。左右か或いは片方に翼部を広がれば拡張も可能でしょう。
 インフラ提供、ありがとうございました。

 りゅうせん様のトビー。道路脇の線路はスチームトラムの居場所にピッタリ。椰子の下に居るのは「英国領の植民地に売却された」雰囲気にも見え、それはそれで趣深いもの。

 本島の中央駅正面から。
 Azur様のグリーンボールとグリーンリース。そしてtamotsu様の椰子が雰囲気を明るく、そして緑豊かに暖かく。鉄道系は下手すると鉄色・鉛色の景色になってしまいますから、碧の力は必要と痛感です。
(余談ですが、tamotus氏の椰子の木、昔のレゴ社純正品よりはずっと立派ですね……)

 suu様のビックボーイ(ビック・ワン「銀河鉄道物語」)。巨大なアメリカ形。
 手前のenquete-art様のパイオニア・ゼファーやエアロトレインとは世界観が揃います。

 今回はアメリカ形並べての撮影会にまで思いが及ばなかったことを強烈に後悔。或る意味ロマンスカー並びや以下に紹介するJR九州特集よりもレア感出てきたことでしょう。また壮絶な迫力も。
 持ち込んで下さった皆様、機会を作れずに猛省しております。

 きせのん様の車運車ク5000とヨ5000。bikkubo(シャチ)様のDD51に牽かれて。この国鉄時代貨物列車な組み合わせはやはり様になるものです。
 気分屋様のななつ星は客車2両完成しての出展でした。今後拡充なるか。……夏はトワイライトと共演なるか? そうなりゃワゴンリで迎えうちにしますか(笑)。


 あとはお待ちかね。JR九州特集。
 
 左からsauseiji様の800系、気分屋様のゆふいんの森、sauseiji様の885系ソニック(先頭車のみ)、気分屋様のななつ星、右端はsauseiji様の887系白いかもめ(前頭部のみ)。
 製作途中のものもあれど「水戸岡鋭治」作品がここまで並ぶと、やっぱり壮観。

 少し前まで「ゼロ」だった九州ネタが一気にここまで充実というのも感慨深いものあります。
(関山は未参戦ですが、基本的に水戸岡デザインは好きですので……早く何とかしたい!)

 サイドビュウ優先で。
 ……ところで九州旅客鉄道さん、宣伝写真に如何ですか(笑)。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】これも電撃。アイン様の京阪8000系電車。何時か京阪並びを!


 先日の横浜トレインオフでの電撃的発表の作品。
 既にadiemus氏がCADであげていた題材ではありますが、これはオジリナル設計。なによりリアル製作は初めての題材です。

 あぁ、これが分かってれば自分も「京阪1900形特急車」を持ってきたのですが(笑)。時代は離れてるようで……ばっちり重複してたのでした(1900形は一般格下げで、そののちの特急色復元時代ですが)。


 いきなりの5両編成。実物8連なので長さ・ボリューム的には十分な感じ。
 再現されたのは現行塗色。この種の塗色変更は得てして不評ですが(笑)、京阪に関しては「新塗色も良い!」ですよね。
 臙脂は通常赤、オレンジは黄色割り切りですが、此処はg@ひたひた氏の3000形と同じく気になりません。基本色のラチチュードの高さです。
 金色の側帯は手持ちパーツの都合でライムにされたとのこと。ここがダークタン等金色っぽい色になるとイメージは大きく変わってきそうです。

 何より、基本造形が整っておりますので!

 前面は丸みある塗り分けを違和感なく(連結器無いのはちょっと残念ですが。ダミーカプラーで絶対に化けます!)。側面は順組オンリーでありながら、広窓連続窓のあの側面らしさが現れておりましょう。カバードの屋根上機器は京阪特急らしい優美さ(パンタ下にクーラー伸びてるのはやや違和感ありますが、これも微細な修正事項でしょう)。


 華。ダブルデッカー8800形。箱型に飛び出た屋根上とか、横幅広いクーラーとか特徴抑えておりましょう。二階の窓位置も絶妙です。


 関西系の私鉄電車にはこの種のアーチ駅が似合うって言うのは偏見でしょうか。京阪には過去にいたっても存在しませんでしたけども(笑)。
 
 何時か京阪特急歴代並びも行なってみたいものですね。


 参考。拙作1900(1810)形。→brickshelf

 それから、京阪は一般車もまた魅力的なので(現役のも、無論昇圧前のも)、この辺の拡充も将来課題でしょう(笑)。チャレンジが待たれるところです。
 
posted by 関山 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする