何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年03月15日

【作品紹介】きせのん様のヨ5000形車掌車。窓廻りのコダワリ。

 車掌車ヨ5000形式。今でこそ滅多に見られない車掌車ですが、1984年2月までは「すべての」貨物列車の最後尾に連結されていました。旧式なヨ5000も末期まで活躍していたのを覚えています。窓が4つもある小型客車然とした姿。貨物列車の添乗は重労働だったとは聞きますが、あの車には乗ってみたいとは憧れを募ったものでしたね。
(後日にイベント列車で乗車機会はあり。堪能したもの)

 画像はTwitterより。

 きせのん様の作品は一見黒い車体を、新型の2x2窓で無難に仕上げた作品に見え……。
 窓廻りが凄いことに。実はヨ5000等の車掌車の窓は微妙に横長なので、それを再現するために窓は横組。上下方向の窓位置もコダワリが見られ、窓まわり4幅分を横組みにする大胆さ。

 窓の上下位置は車両のイメージを意外と左右しますが、この作品の印象は「実物通り! ばっちり」。また窓まわり2幅分だけの横組だとタイルが窓下で目立つリスクがあるので(旅客車ではシルヘッダに見立てができて有利な場合もありますが。貨車だと不適)、その意味でも4幅分横組は大きい。

 窓間の2プレートも雰囲気出ていましょう。余談ですが窓間を1プレートにして前後に余裕持たせるとヨ2000形に見えるかも(笑)。

 妻面も新型の2x3窓を使い、オープンデッキの手すりに見立てる。
 透明赤のΦ1丸タイルはテールライトのレンズと言うよりは、標識円盤のようにも見えて好ましい効果。

 手すりの白も好ましいインパクト。車掌車は大昔の写真で見ると全身真っ黒。時代が進むに連れて安全のための識別で手すりやステップなどに色差しがされるようになっているのですが、レゴ的にはこれ位が好ましいバランスに思えます。


 おまけ。きせのん様が製作中の駅の一部。
 「梃子扱い所」。昔の駅にありました。自分が見た最後はやはり1984年ころだったか。
 大きなレバーを操作して遠方の腕木信号やポイントを機械的に操作する(梃子とかワイヤー仕掛け)。あの操作も憧れるものでした。無論、安全の要ですから慎重に取り扱われたものででしょうね。
 
 この実現も楽しみです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】McMug様の京成1600形「開運」号。1950年代のロマンスカーは上品に。

 以前に試作画像が上がっていたものですが、2両編成での落成。
 実物もデビウ当時は2連でしたので、これでもフル編成として成立しましょう。
 
 brickshelfより



 流石にこの電車は馴染みのない方も多いと思いますので実物解説。
 1953年に「成田山への参拝客向け」に導入された京成では二代目の有料特急専用車。1編成のみ。予備車には先代の1500形が使われたようです。
 
 前面は湘南型の2枚窓。側面は1段窓。ノーシル・ノーヘッダーの車体は当時は最新で珍しいもの。
 私鉄初のリクライニングシートを採用。また京阪にも1年先行してテレビ(無論、白黒)も設置。
 当時の小田急や東武に近鉄よりも豪華な特急車でした。
 但し、未だ新性能車以前の車。足回りは吊り掛け駆動でしたが。

 1957年には中間車増備して3連化。
 但し、1967年には早くも引退してしまった余りに幸薄の電車。わずか14年の命。通勤車化格下げされたことになっていますが車体は活用されなかったのもはや別の電車。
 また「開運」号は通勤車の3ドアセミクロス版車両(3150/3200形)という、格落ちした状態に。

 京成の特急車が蘇えるのは1974年の初代AE車を待たねばなりません(成田空港開業までは輸送力を持て余しつつも成田山へのお客を運んだのでした)。

 さて。
 McMug様の作品ですが、前面は湘南形の2枚窓を「傾斜角優先・後退角省略」でまとめていますが、その代わりにすっきり大きな2枚窓を実現。窓が横長なのは意外と重要です。
 ポチスロで前面の、75度スロープで側面の隙間を埋めてもいますがこれも効果的。レゴ慣れしてくると隙間に鈍感になる傾向はあり要注意?
 また、翼のついた形状のヘッドマークがかっこ良い。このおかげで先の後退角の省略が気にならないのは新発見でもありましょう。如いて無理を申せば取り付け部分のブラケット半プレートが惜しい……ここが車体とツライチなら更に美しく?
 また、ダミーカプラー(等)がつくとこの電車の美形が引き立つことでしょう。

 側窓は2x2の新型窓をづらりと並べる。こういう部品の茶色が潤沢なのって今のレゴの良いところ。恵まれた環境は生かすべし! 茶色にクリーム帯の車体は地味に思えたものですが、今の目で見るとひたすら上品。
 側ドアは省略ですが、沓摺りだけでも表現されてると品よく雰囲気出せますかも?

 と、ここまで熱く紹介してしまったのは、関山も何時か製作したいと考えておりましたから(笑)。
 でも、ここは京成ファンの方の先行で良かったなぁとも思うのです。
 
 でも、何時か作りますよ(笑)。実物は1編成のみでしたが、複数編成製造された……というファンタジーも楽しんでみたいものですね。


 こちらは次期製作車両の3500形更新車。今や京成最古参になってしまいました。
 レゴトレインの世界では特急型より珍重される通勤型。それもステンレスボディの。実現が楽しみでなりません。ドア周りは3幅分の横組み? また3ドアの配置も綺麗な割付ですね。美しい作品が予見できそうです。

 そして手前は、それこそ1600形「開運」と初代AEの中継ぎをした3150/3200形? いや何らかの「赤電」?
 京成一般車の赤電塗装は品よく、そして華やかなものでした。これもまた実現が楽しみです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする