何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年03月10日

【ヒント・アィディア】リクライニングシート。今風の作ってみた。

 今風のグリーン車や私鉄有料特急車用のリクライニングシート。
 ポイントは「コストをそれなりに削ること」「設置車輌を選ばぬ汎用性」。

 なにせ数が居るものですからあんまりコストは掛けられない。
 設置車両ごとのワンオフではなく、或る程度使いまわしたい。

 あと、気分だけでも「通路」への配慮も忘れたくないと。

 左から今時のグリーン車(欧州の一等車)的雰囲気。真ん中のは私鉄のちょっと豪華な特急車。
 右端は古めのグリーン車や一等車イメージ。敢えてプレーンな形状に。

 言うまでもなくカラーリングは「仮」。コレ次第でイメージも変えられましょう。
 写真とってから気が付きましたが、座面と前席ボールジョイントの間にポチスロor1x1タイルを貼るとレッグレスト付きにも出来るかも。

 ミクセルボールジョイント付のプレートは上面ポッチが「穴あき」なのがポイント。それにより、座面を中央に固定することができます。同じ事は旧規格のヒンジでも可能。
 但しカチカチヒンジやクリップ系だと上面ポッチに穴がないのでそのままでは使えません。

 床材は一箇所ミクセルボールジョイント用の「穴」を開けるだけ。通路側に関しては長材が使えますので強度やコストで有利。
 座面高さは極力低くなるようにしています。車輌の天井高さとかに制約がないように。拙作にはえらく天井が低いものもありますので……。

 コストが掛かりそうなのは1x2or2x2のカーブスロープかも知れませんが、これは現在飛躍的に供給量増えていますので問題にならなくなってくるでしょう。無論作例に示したよう、2x2のタイルでもデザインは成立します。
 ポチスロによる包み込むような枕部分の効果はお気に入りです。コレがあると豪華に見えますし。

 シートバックはタンテ上部を使うことで薄く。あんまり重苦しくするのも何ですので。ここは題材による使い分けでしょうね。球面逆タイルも有りか。

 着座状態。肘掛の表現が薄味なのは気になっているのですが、昨今の新型ブラケット類使うとコストが上がるのと通路幅が犠牲になる問題有り。妥協点です。
 
 設置ピッチは4ポッチ。特急普通車も理想主義的には1050mm位のピッチは欲しいところですから(昔のグリーン車……特別2等は1160mm)、普通車にこのシート使うのもありかな?

 一方で新快速などの転換クロスは3ポッチのピッチで、今までどおりタウンシート使うやり方で大丈夫か。肘掛つけると見栄えしますしね。

 さて。
 実は難儀してるのは固定クロスシート。あれは未だに納得行く表現にたどり着いてないのです(苦笑)。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】気分屋様のDF200「ななつぼし」仕様製作中。スムージングの極。

 気分屋様の次回か次々回くらいの製作予定でしょうか? 大物の予感です。


 DF200形 ディーゼル機関車 JR九州仕様。言うまでもなく「ななつぼし」専用機。

 あのカラーリングは非常に微妙な色ですが(レゴの濃赤よりもさらに濃い赤にも見え、レゴの焦げ茶よりも更に赤みのある色に見える)、黒に解釈してきました。高級感は引き出されるので「あり」です。

 側面はいかにも電気式ディーゼル機関車らしいゴツいルーバー。機関車の持つ力強さという要素を引き出していましょう。車体とツライチにせず、敢えて強調した表現はメリハリにもなっています。
(ツライチにしたほうが良いという考え方もありましょうが、これは機関車への美意識を問われそうな課題ですね)
 対照的に屋根肩部分は凄くまろやかに。ポチスロによる屋根が二段に決まっています。
 ポチスロの登場はレゴビルド変えましたけど、大量供給によるデフレもビルドを変えましたよね。

 そして、ラインにマーキング。金色は品よく。軽く斜めのラインもグリルスロープにタイル挟み込みで処理。この手法も定着しました。


 そして前面……。
 微妙な角度つけと、それがスムーズに成立してる。45度の逆スロープから僅かな垂直部分、そして75度くらいの微妙な傾斜がシームレスに隙間なく。その上前面のグリル風金色マーキングと両立しています。

 秘密はやはりグリルスロープ部品。これを直角に使うと、鉄道車両的な微妙な傾斜がバッチリ決まるのですね。
 前面窓は2x2パネル横組で、両端はタイル処理か。ここは補強付パネルのほうが窓サッシュらしさが出て良いのです。ヘッドライトや標識灯は奇をてらわぬ表現ですが、これが黒い車体の中では様になってると申しますか。標準レゴ連結器のバッファもこの題材には寧ろ相応しい。

 あとは……中間の2軸をどうするかでしょうか。前後台車はそれぞれ1ポッチづつ外側に動かせそうですから、そうなると中間台車も表現しやすくなるか?
 足回りも決まると、更に魅力を増してきそうです。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする