何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年03月07日

【イベント】札幌ニクル・メカ・ロボオフレポート(JAN様)

 濃厚なイベントレポが上がっております。
 本日(3月7日)に催された「札幌ニクル・メカ・ロボオフ」

 先月のトレインオフからまだひと月なのに。
 会場はお世辞にも便利とはいえない場所だったのに……。

 結構な参加者集めて、また相当なクオリティの作品が集ったのでした。

 藤田氏のミリタリー(陸空)、隼氏の艦船、sk-nicle氏のバイオニクル系、キシイーヌ氏のチーマカスタム……と見所いっぱい過ぎたのですが(あとFriendsやらジャックストーン使ったネタも多数)、ここは敢えてレポートしてくださったJAN様に敬意を示して。JAN様の作品を写真拝借いたします。

 ストライクガンダムとアズーロ、ジプシーを持って行きました。
 総重量6〜7kg。持っていくの大変でしたw
 アズーロはレッドブルのF1イメージということで、kainzさんにレッドブルを貰いました。

 このクオリティのオフ会が連発する北のパワー、凄い限りです。
 先ずは皆様お疲れ様でした。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実物鉄道】箱根登山鉄道をレゴ的に考えてみる/小型電車は素敵

 先週箱根から帰ってからの雑記。
 Twitterでつぶやくにはちと長く、ブログ記事としてはまとまりが無いメモ程度です。

◆◇◆◇◆◇◆



 急カーブは寧ろリアル。

 スイッチバックは自動運転の類が難しいのでやや難。9vにして鉄道模型の自動運転回路の類を導入するしかないか? 同時進入の迫力は捨てがたい。

 急勾配は全車M車。若しくは2M車メインにすることで対応。

 山や地形はムード的再現。枠組みは適当な資材(非レゴでOK)、緑の布掛けるとか。
 無論、理想は総レゴ製ですが山の地形は考えたくないのです……。
(更に理想:小田急グループさん予算ください(笑))

◆◇◆◇◆◇◆


 あと、小型電車は素敵。
 或る意味レゴトレイン向けの題材です。小さいので、或いは小単位の編成ですのでコストも手間も低い。
 急カーブ切って走るさまは「却って、リアル」。



 薬師山様の叡電デオ300/デオ900「きらら」
 mazta-k様の叡電デオ900
 wadalong様の箱根登山モハ2
 suu様の江ノ電1000形
 拙作 箱根登山モハ2/モハ3000「アレグラ」/京阪60「びわこ」
 etc……

 ポイントは小型電車であって路面電車ではないこと(江ノ電微妙?)。
 また、その事業者が「今も」小型電車のみでの運行を継続してること。
 ついでに申せば、陰りではなく、光があること! ……新車作れる位に儲けてること?

 その意味で。
 江ノ電ももっと造られてもよいかも? 車輌のバリエーションも凄く豊富。複数編成作れば連接車の重連だって出来る。4両繋がると「都会の電車?」。
(箱根登山も3連化でちょっと「都会の電車」っぽい魅力を備えましたよね)

 京阪京津線系も割と手づかずジャンル? すっきりした形状の600形とか700形はレゴ向け造形。昨今の「痛電車」は自作ステッカー対応しか無理ですが、題材として面白そうですし。
 
◆◇◆◇◆◇◆


 無論、平坦線・本線での「長編成」「高速運転」も捨てがたい。王道は寧ろこちら?
 新幹線祭りとか私鉄ロマンスカー祭りって時々起こりますよね。製作トレンド的に。都会的な通勤電車こそ一番求められ、また作ってくると評価される高難易度のジャンルもあります。

 小型電車中心で楽しむにしても、鄙びた感じの侘び寂びとかも嫌いじゃないのです。趣味的に「味」が出るのは寧ろそうした情景ですし。まぁレゴ向けじゃない気もしますが(色彩的に)。

 結論、どっちもあり。
 欲張りはいけませんけど、この趣味も愛好者が増えれば方向性は広がって然りでしょう。

 
posted by 関山 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする