何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年01月26日

【レゴ製品】2016年はキャッスル(Fantasy Era)復活か?



 TheBrickfanより。「LEGO Castle Fantasy Era Sets Coming Back in 2016?」

 情報源は或る「レゴストアのマネージャーの話」でEurobricksのフォーラム投稿とのこと。つまりはそのレベルの低い信憑性の話です。でも興味深い。

 「ドワーフやトロウルが出てくる」らしいので、2007−2009年に展開された「Fantasy Era」の雰囲気になるんじゃないかと云われてるそうな……。
 つい最近のシリーズのイメージでしたが、もう8年前なんですね「Fantasy Era」。
 その前のナイトキングダムのダメさから抜けだした、お城シリーズの復活の象徴でした。巧く「kingdoms」(これも好シリーズ。2010-2011)への継承が行われたのもつい昨日のように思えるのです。

 さて。
 時期的に2016年はレゴ社自体が「定番たる」お城シリーズを新規に手がけてもおかしくはありません。
 現行キャッスル(2013年発売)は同時並行の「LOTR(Hobbit)」との区別化でやや子供っぽい雰囲気になってしまい、いまいち盛り上がらず。また2014年の新製品はありませんでしたから。

 2015年はパイレーツがお城シリーズの代走する感じですが、この噂が本当として、2016年は巧く並走出来るのでしょうか。
 ともあれ、「お城」はレゴの伝統的テーマではありますので、頑張って欲しいものです。できりゃkingdoms末期のように農村とかもセットになると神ですが(笑)。
 
posted by 関山 at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】mazta-k様の叡電デオ900「きらら」(橙)。夢が膨らむ叡山電車。

 叡山電車 デオ900形「きらら」は破格の観光電車。
 大窓に天窓、窓向けシートとデラックスな設備を持ちつつ一般の運用に入っています。

 画像はwikipediaより。

 模型的には2両編成でまとめやすい。小型電車ゆえの可愛らしさ。魅力もメリットも揃ってる。

 この題材、すでに薬師山様が2013年夏に造られておりますね。


(手前にいるのは叡山電車のデオ300形。時代は合わないけどすごく似合う)

 実物は2編成あり、赤編成と橙編成。その中でレゴ的には制作しやすい前者で作ってこられました。

◆◇◆◇◆◇◆



 そして、今度は「橙」の編成をmazta-k様が製作中です。

 先方の記事こちら:叡電デオ900形(橙)「きらら」 ほぼ完成


 mazta-k氏の基本仕様通り、ライトも点灯。敢えて電球色の9Vのライトユニットを使用。良い雰囲気です。
 動力系は9Vですが、ライト用の電源は角型電池の独立電源とのこと。実は9Vモーターからの出力でヘッドライト点灯は暗くて意味が無いので(最高速度で運転すれば別)これは大正解なのです。


 現状ここまでこぎつけたとのこと。
 赤も良いのですが、橙は更にエレガントに見える。
 実はレゴのオレンジって若干蛍光分入った、あんまり品の良くない色なんですが(私感です)、この電車を造ってみると寧ろ雅やかにしか見えない。不思議なものです。タン色の帯も良い効果を与えているのかも知れません。色相的に参考にもなりましょうか。

 造形は薬師山氏との解釈差異が興味深い。
 あちらでは表現されているところがこちらでは省略。或いはその逆もある。前面も側面も。
 作者性とも言える、割れる解釈や表現の差異もまたレゴトレインの醍醐味。合わせて、全長や全高は揃っていますから並んでも違和感なく通じることでしょう。前面窓パーツは同じですし。

 こちらの嬉しいところは、やはり窓の縦ピラーの再現と、センターポッチプレートによる「エンブレム」。ヘッドライトとテールライト。先にも触れましたが側帯の表現もこの電車では重要でしょう。

 なお、9V仕様ゆえ、インテリア再現も予定しているとのことです。

 完成が楽しみですし、それこそ薬師山氏の先行作やデオ300形との共演が楽しみですね。
 自分も「京福電鉄」というか「京都電燈」時代な古ーい奴で参入してみたいとも思うのでした。いや、叡山電鉄さんがもう1本デオ900を増備して別の色にしてくれたら喜んで制作しますが(笑。緑がいいな)。
 
 また先の課題でしょうが、叡電は出町柳も八瀬も蔵馬も駅なども凄く魅力的。そうしたロケーションな部分も再現できたらと夢が膨らむのです。
 

posted by 関山 at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする