何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年01月25日

【作品紹介】dyson様の名鉄800形812号 車番特定の旧型電車モデルの「戯画的表現」が新しい

 名鉄800形は1980年代末まで名鉄全線で大活躍してた旧型電車(AL車。多くは戦前製造)の中でも数少ない両運転台車。使い勝手の良さから最後まで残った旧型車の一つ。
 この種の車の常で1両ごとに妙に個性があったりするもので、800形に関しては低運転台(原型)と高運転台改造車、元来の800系の二段窓と3550系などの編入車の1段窓が混在。812号車は高運転台で一段窓という姿。車内は転換クロス装備でした。
(その昔、名鉄はほとんどの電車が転換クロス装備だったのです。今は見る影もないですが)

 前面の高めの窓と、側面の小窓の組み合わせで両運転台。真っ赤なボディに名鉄書体のナンバー。
 原型こそ損なわれているものの、これはこれでアメリカンなインタアーバンを思わせる姿。


 dyson様の作品。未だ試作中かも? 全長29ポッチ。
 
 スケールよりも、ディテールを大振りにしているのが印象的です。イラスト的表現というか戯画的ともうしますか。可愛らしいバランスに収まっています。

 ヘッドライトはΦ2で大きめ。大きめだからシールドビーム2灯化も再現できる。
 ガーランドベンチレーターも大きめに。それゆえガラベンらしい形状になってる。側面のグリルも見逃せない。
 そしてシルヘッダー。旧型電車や客車の表現での悩みどころですが、思い切ってタイルを張っての太味な表現。これが全体に大振り表現になった雰囲気に凄く似合ってる。窓も大きめ表現でヘッダーとのバランス良好。

 半ポッチ凹ませた貫通扉はメリハリあり。旧型窓使った前面窓も旧型っぽい。
 やはり大振りな桟板も必然性の高いアクセサリ。そして1プレート出っ張らせたテールライト。旧型車ならではの外付け感が顕れてる。

 大胆な部類のディフォルメモデルではあります。しかし、812号車らしい特徴は抑えてる! あの電車のあの車番……であることが伝わってくる。

 ディフォルメとハイディテールが、何故かバランス良く両立した作品と云えましょう。
 鉄道模型的スケール感に反するかというと、鉄道模型的ディテールを備えてる。

 このバランス、レゴトレインにこれまでとは違う、新たな可能性を示すものでもありましょう。
 シリーズ化が楽しみなのです。

 
posted by 関山 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】Lime様のJR北海道721系電車 完成 いろいろ、新しい!

 以前、前頭部のみ完成時に「革命的!」とか記したLime様の作品が完成した模様。


 北海道旅客鉄道721系電車。1988年に登場。デッキ付で3ドア。全転換クロスという非常に理想主義的な電車でした。
 3ドア転クロは他JRも導入してますが、大きな側窓は721固有ですね。あと貫通幌に丸ライトの保守的な?前面も印象的でした。

 Lime様の作品は3両編成の再現。
 前面は国鉄的なパノラミックウインドウの丸妻なんですが、かなり複雑な構成で前面窓とヘッドライト部分に後退角をつけています。下半部は半ポッチずらし……というか表現しがたい独自の組み方ですね。

 貫通幌はバーのくみあわせで表現。適度に目立ち、そして立体的。この手法は広く使えそうに思えます。


 何よりも印象的なのは側断面。レゴトレインでは長いこと省略されてきた車体裾の絞りを再現。製作難易度は跳ね上がりますが、その効果は絶大。
 また、この時代の軽量ステンレス社の「リブ付きボディ」の表現として、側面を長タイル貼で表現してるのも良い感じなのです。同じくタイルの側帯も良いバランス。

 屋根は5幅。いかり肩の表現になっています。合わせて奇数幅のもたらす精細感も加えておりましょう。6幅なのに「あれ、7幅(8幅)?」と思わせる所以でもあります。

 なお、帯色はブライトグリーン。未だ供給が少ない色ですがメリハリが付くという意味ではライムよりはこの題材に向いておりましょうか。実車の色はどちらにも取れそうですが。



 側面より。中間車が実物通りに動力車です。
 先頭車は28ポッチ。中間車は26ポッチ。控えめな側窓サイズのためずっと長く見えますが……。その意味でも巧いアレンジでしょう。バランスが良いのです。クーラーのサイズも窓に合わせて短めアレンジ?

 細部ですが、先頭車連結面の機器室表現が印象的。ブラケット?の裏面を出しています。


 パンタグラフ周り。グリルタイルにレバーを差して集電舟表現。今風の小柄なワンアームの表現として秀逸! 交流電車ならではの屋上機器も。
 右手には巧みに隠されたPowerFunction機器も。車体裾の絞りゆえに、PF機器の収容スペースは苦戦されたとのことです。

◆◇◆◇◆◇◆


 今度の渡道と2月1日の札幌トレインオフ参加で「作品現物」を拝見するのが楽しみですね。
 あと……札幌・千歳への往復は721系だといいなー(733系でないこと祈る。あれ、嫌い大嫌い)。
 
posted by 関山 at 17:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】「海賊船」も28%offに 10119円/他

 

 予約が再開されるも定価設定のままであった、新生南海の「#70413 海賊船」が28%off 10119円です。最近は実店舗(カメラ量販系)の値引きも渋くなりつつあると聞きますので、持って帰る手間が省けるという意味で28%offは手打ちのしどころかも知れません。無論、更にもうひと押し可能性もありますが。

 その他パイレーツ。
 #70412 海兵隊の砦は定価に戻ってしまいました 5378円。今後ワンチャンスあるか?
 #70411 宝島は24%off 2454円
 #70410 海兵隊の基地は24%offに 2454円
 #70409 海賊の砦は24%off 1051円。小箱としては密度高い?

  

 既存品ですが、「#31026バイクショップとカフェ」が久々に40%offで5985円に。それこそ新作「#31036 おもちゃ屋と町の小さなお店」(33%off)と合わせて楽しみたいものですね。合計1万円以下で手軽に町並み作れるのって凄いことです。このサイズは4幅車やレゴスケールトレインにもぴったりなのです。
 #31035 ビーチハウスも33%off。早く欲しい! #31036とともにレビュウ記事予定です。

  

 ディズニープリンセスもこの辺は安くなりだしてます。左から23%off 33%off 24%off。
 但しアナ雪は定価のままで予約終了してしまいましたが……。


 他2月6日発売品こちら

 現状で、ウルトラエージェントとレゴムービーが定価のまま。売る気あるのか? とはいえ後者はあっさり市場から姿を消す懸念もあり難しい(Hobbitの2014年秋製品の瞬殺が記憶に新しい……)。
 スターウォーズは定価表示がないので、微妙に判断がしにくいです。 

 あとトレイン系は現在日照り状態……。去年もそうでしたがこの時期は新製品入荷優先で既存製品の再入荷が遅れがちな感あり。まぁ通常品なんで気長にまちましょう……。
 
posted by 関山 at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする