何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年01月03日

【作品紹介】気分屋様のEH10形電気機関車。幻の逸品か?

 2014年作品ですが、何故か紹介機会を逃してしまったものです。


 長いこと「日本唯一のH級2車体機」※として有名だったこの機関車はレゴトレインでも多々制作されてきた題材ですが、これが最新バージョンといえるものでしょうか。

 ※:今はJR電機の多数派がH級2車体機ですが。

 前面窓の凹んだ前部形状はやや大胆に前面窓を傾斜させる。そして大きな庇。
 ややEH10のイメージからは離れるものの、大きな横長の前面窓の表現にはなっていますし、流麗な感じが強調されてもいます。側面窓の形状はなかなかリアル。
 庇部分のカーブスロープも効果的。ヘッドライトが無いのは惜しまれますが…。

 前面黄帯は微妙な切り下げを再現。

 丸みの付けられたスカートもスマートな印象です。四角い車体と好対照に。


 側面はこれまでの作品群とは一線を画しましょう。
 実は意外と大きな側面窓は横組。これで明るく近代的な雰囲気に。
(EH10は最後の旧型電機であると同時に、新型電機への第一歩でもありました)
 ルーバー部分も大きく横組みです。

 積極的にタイルで覆いポッチ隠した屋根上もハイクオリティ。カチカチヒンジで武装したパンタ台の造形も見逃せません。

 黒い車体ゆえ、随所の色差しも効果出ています。

 イベント・オフ会などで拝見したことはない「試作的」なものかもしれませんが、今後のEH10のモデル化に於いて大きな指標になりそうな作品です。

 実物は1981年全廃されていますが、モデルの世界では現在的なH級2車体機(EH500等)と共存させ、長大なコンテナ編成を牽かせたいもの。
(……気分屋様の作品も解体済とか。まあいいや、何時か自分も作りたい機関車ですしね)
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ryokuchakuma様の683系製作中。ご注文は北越急行ですか?

 681/683系は既に何例かレゴトレインで実現していますが、未だに手がついていなかったのが「スノーラビット」こと北越急行所属車。寒色系でクールなJR西日本車とは違う、赤ラインの姿は優雅ささえ漂わせる。電車のカラーリングとしてはメリハリもあるので、元の造形も際立つ。好きな配色です。越後湯沢で惚れ込んだ。

 その上、ある時期からはJR西日本車との混成も行われており、華やかさに色を添える。

 但し、これも今年3月までのこと。
 北越急行の特急車は全車がJR西への売却で姿を消すことに。恐らくカラーリングも統一か。残念ではありますが、「平成の買収国電」の2例目ではあり、興味深い存在ではあり続けるのでしょう。

 ※東京臨海高速鉄道→JR東があります(209系3100代)。気動車では高千穂鉄道→JR九(海幸山幸)が。

◆◇◆◇◆◇◆



 まず参考として、ryokuchakuma様の681系としての試作品。
 この地点で既に、681系流線型としてベストに近い造形。難易度が高い形状と云われていましたが、斜めの丸板状部分をタイル張りにすること、流線型の下半分だけを横組かつ斜め固定することで再現できるというのは大きな発見と。何より、シンプルで無理がない!

 ここで「誰も手がけてない北越急行車はできませんか?」と半ば冗談半分でお伝えしたところ。


 「ご注文は北越急行ですか?」。試作中とのことですが、ほぼこれで決定稿か? Twitterで画像見たとき思わず「心ぴょんぴょん♪」

 難易度を更に跳ね上げている環状灰色の処理はスロープで。しかしレゴ的に違和感は皆無です。ここは奇跡めいたパーツの合い方じゃないでしょうか?
 
 帯はパーツの関係で赤に割り切られていますが、基本カラパレの威力。これも自然に。何より効果的なのは側窓の横組。実車の細くて且つツライチな窓の雰囲気が出ています。
 方向幕や表記類も見逃せません。側帯前端もポチスロ処理で綺麗に。

 技術的にできる限りを尽くされた……とのことですが、ryokuchakuma氏の日々のレベルアップには驚かされるばかり。その象徴になりそうな作品です。

 また、幸いにも最短3両編成でまとまる題材でもあります。
 レゴスケールですから、同スケールのtaizoon氏やmazta-k氏の681/683系との混結も楽しめる♪
 
 またまた楽しみになって来ました。
 
posted by 関山 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする