何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月29日

【組換作品紹介】Azur様の#31012の最終的組換? 6箱使った大形駅案(CAD)

 残念ながら2年持たずに廃盤になりそうな家クリエイター「#31012ファミリーハウス」。過去の家デザイナー系の文脈を断ち切った斬新なデザインと良質なパーツ構成で違うことなき「名作」。

 当然、セット内での組換も盛り上がり。
 2013夏の登場時から多くの組換モデルが発表されるなか、Azur様の「X2」シリーズも相当な存在感を主張しておりました。2箱ならではのボリュームと余裕は魔法のよう。

 その締めくくりになるか?

 6箱使った大形駅の案がLDDで作画されています。画像はFlickrより。



 頭端式の駅でありつつ、改札口(出入口)は横についているというもの。実に瀟洒な木造建築。

 先に種明かしをしておけば、叡山電車の八瀬比叡山口駅(wikipedia。下記画像も)をモデルにされた……とのこと。


 大屋根?のついたホームの横に出入り口があることがわかりましょう。
 大屋根の長さも、小型電車1両分程度。

 大手私鉄のターミナルもかつてはこんな風情であったのか? 昭和初期を「今に伝える」貴重な駅です。

 Azur様の検討案では軒飾りを小窓の連続で処理されているのが強烈です。そして、アーチにつなげる。良い意味での物量作戦。
 大きな窓も素晴らしく開放的な印象を与えるのではないでしょうか。窓パターンも固定されておりますので煩い感じもありません。結構なバランス感です。

 ホームは対向2線。これは件の八瀬比叡山口駅にも共通しますし、別の見立てにも使えることでしょう。


 さて。
 別の見立てというのは、日本の郊外電車の駅ではなく、欧州の「中央駅」にも見立てできる規模ということ。建物自体がレゴとしてはかなり大きな部類ですから、「中央駅」たる貫禄は十分にあるはず。ちょっと規模が物足りないと思えば「高速列車や通勤列車は地下の新駅に移したが、長距離列車や国際列車は旧駅に残ってる」というストーリーは如何なものでしょう?
 案外、大型蒸機やTEEが似合いそうな風情でもあるのですね。

 無論、薬師山氏が既に完成されてる叡電デオ300・デオ900も並べてみたいものですが。
 間を取って日本の私鉄電車でも大物……阪急や近鉄などもしっくり来ることでしょう。良い意味でスケーラブルな建物作品と言えそうです。

 最後に。
 この図は検討案段階と思しきものであり、現状ディテールなどは殆ど描かれていません。
 ただ、エクステリアやインテリアの「セット内組換でさえ」作りこむAzur様のこと。6セット分の細かい部品(とくに緑やモザイクタイル、クリアパーツ)が投入されてきたらどれだけ華やかに変わってくることでしょうか? 元が良いだけに楽しみは尽きません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2015年の特殊製品(10000代)リリーススケージュールと思しきもの/観覧車にF40/トレインは?

 情報源はTheBrickFanより。

 TheBrickFanの読者からの情報……ですので、そのソースが何処まで信じられるものやら。そのつもりで参照ください。
 なお、プロモ品の情報は日本は無関係故に省いています。元記事参照ください。
1月:75060 Slave I, /10246 Detective’s Office.
2月:76042 Avenger’s Helicarrier (VIP Only)
3月:76042 Avenger’s Helicarrier (Public release)
4月: 71016 Simpson’s Kwik-E-Mart (VIP Only)
5月:75059 UCS TIE Fighter/ 71016 Simpson’s Kwik-E-Mart
6月:10247 Ferris Wheel
7月:10248 Ferrari F40.
8月:70751 Ninjago Temple
9月:
10月:[?????] Hoth Echo Base/ 10249 Winter Toy Shop.

 元記事から重複などは省いています。
 「#10247 Ferris Wheel」は観覧車、ですね。
 「#10248 Ferrari F40」は大きなリアル車シリーズ第三弾か。個人的には好みじゃないですが、新シリーズスピードチャンピオンの10000代と考えましょうか。
 ユニークなところでは、「#70751 Ninjago Temple」はニンジャゴー初の特別製品ってことになるのでしょうか?

 KマートとかSW関連は以前の情報通りのようです。
 ウインターは初代以来すごく久々にトイショップに戻ってきた感じ?

 さて。重要な問題が。
 トレインの10000代は2009年のエメラルドナイト以降、2年に一度リリースというペース保って来ました。2011年のマースクトレイン、2013年のホライゾン、2015年は「当たり年」の筈だったのですが……。

 影も形も無いよ! 巫山戯るな。
 どうせ日本じゃクリブリ限定で調子に乗った割高価格でしょ……と愚痴れるのは「商品あって」こその贅沢な話です。影も形もないんじゃ愚痴ることもできない。

 ただ、エメラルドの時もマースクの時もホライゾンの時もこの種のリークは文字だけ情報も含めて「皆無」であり、全ていきなり公式に画像や価格などが発表されています。トレイン情報はガードが堅い?

 ……ですので、希望は未だ捨てておりませんが。
 というか、そもそもがあんまりアテにならなそうな情報ではありますし。
 

posted by 関山 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする