何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月16日

【価格情報】今週もタイムセール。すぐ開始

  

  

 直前の判明で申し訳ございません。水曜日0:00より。
 先週も火曜日深夜でしたから、しばらく週刊セールになるのなら嬉しいのですが。

 #60026 ショッピングスクエアは通常35%off 8763円です
 #60008 ポリスバンのドロボウついせき 通常37%off 5454円。小さな美術館!
 #31058 ウキウキショッピングモールは通常41%off 8681円。通常でもかなり下がってますね……。迷ってる方も多いセットじゃないでしょうか?
 #75021 リパブリックガンシップは通常33%off 13235円です。
 #42024 テクニックコンテナトラックは通常36%off 6399円。
 #60046 ポリスヘリコプターとドロボウのかくれが 通所36%off 5563円

 前回の傾向で言えばテクニック系瞬殺、SWやシティは割と残る感じでした。ですから、あきらめずに……
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品欧州型】製品クオリティ?の「オリエント急行」(railbricksのセットデザインコンテスト向)


 あのコンテストの「蒸気機関車/客車」カテゴリ向けです。

 念頭にあったのは、セットデザインコンテストであって、ビルドコンテストではないってこと。
「製品クオリティ」「対象年齢が6-12歳程度前提」ということ。
 つまり、あんまり「暴走」してはいけないってことになります。
 蒸機でいえばロッド可動は無理のない機構で行わねばなりませんし、客車も「窓周り総横組」はちょっと不味かろうと。

 題材ははじめから欧州系以外は頭に無く、「フランス機+ワゴンリ」か「ドイツ機+ラインゴルト」辺りで考えてましたがなんとなく前者に。実際にはコートダジュール辺りに向かいそうなプルマン車ですが、まぁ一般ウケしやすく「オリエント急行」というタイトルにしています。
(レールに乗ってるもの全てを「電車」という感覚に近いですね……もはや)


 機関車はNORD(北部鉄道?)の230D。車軸配置2Cのテンホイラー。
 1908−13年製造とかいうのでフランス機の中でも古典的なタイプ。流石にフランスの蒸機は未だ詳しくはないのですが。

 さて。この機関車が今回のお題向けと思ったのは、「車軸配置2C」ということと「シリンダの位置」。
 2Cは走行安定性が凄く良い。1Cのモーガルだと1軸の先輪が走行性能上ネックに。また2C1のパシフィックはやはり1軸の従輪が厄介。その意味で2Cのテンホイラーはボギー先輪のみで、安定した走行期待できると。

 230Dのシリンダ位置はちょっと「ヘン」で、先輪2軸と動輪3軸の間にあります。それも高めの位置に。
 普通2Cや2C1の機関車では、先輪2軸の間にシリンダが割って入ってますからね。こうなるとレゴトレインでのメインロッド可動がえらく面倒になります。実物はもちろん、一般の鉄道模型より遥かにカーブ対応がシビアですから。
 その意味でも、230Dは作りやすそうに見えたのでした。
 
 まぁ……あとはスタイルの好みです。
 自分は日本形蒸機でも、明治や大正の機関車が大好きで、昭和10年代入ってイマイチ……と思うような好みですから。
 1番ゲージの鉄道模型あげるから、6200とC62どっちか選べと言われたら問答無用で前者選びますよ? C53とC62でも前者です(6200とC53は少し迷う)
 あと、ドイツ機でも01/03より18(S3/6他)の方が好みですし。


 さて。
 コンテストの趣旨的に、強度優先です。ディテール類は最低限に。
 但し赤い色さしが強烈なイメージですので、再現してみました。赤と濃緑のコントラストは思ったより良いものです。
 缶胴には敢えてエメラルドナイト由来の金線入り使ってます。内部は製品並強度目指して補強でがっちり。

 ロッドは以前、ローンレンジャーの「ウエスタントレイン」のロッド可動化の際と同じ「サイドロッド+簡易メインロッド」。メインロッドはエメラルドナイトではトラブル多い箇所ですので省くことも考えたのですが、ここはトレインファンの意地として頑張ってみました。レゴ社さん、パイプを使うこの手があるんですよ! と。

 シリンダは実物は斜めについた強烈なものですが、それを再現すると製品クオリティではないのでシンプルに(ヒントは4.5V時代の蒸機シリンダーの専用部品です)。しかし、巧くというかギリギリで、カーブで先台車が当たらないように。

 動力系は見ての通り、炭水車に電池BOXとトレインモータを置いています。テンダードライブ。
 思えばエメラルドナイトでは機関車にモーターを置くがためにあのマッチョなルックスになり、かつトラブルも少なくなかった……。無難な製品化を考えたら、蒸機はテンダードライブしか無いと。
 受光ユニットはキャブ内に……と言いたいところですが、古典的な230Dにはほとんどキャブがありません。3/4をキャブに、1/4をペルペア火室の中に押し込んでいます。


 炭水車は実物ではえらく背の低いモノ。但し増炭枠?は大きめ。
 全体として背を低く、大きくはみ出す電池BOXは「増炭枠」で隠してしまいました。隙間から電池BOX見えるのはご愛嬌ということで。配線類は電池BOXとトレインモータの隙間に通す。余剰長のケーブルは炭水車後半の空間に押し込んでます。
 足周りは通常の台車枠では興ざめですので、板台枠ふうに。ついでにトレインモータ側にダミー車輪もつけて3軸テンダにしてみました。

 自画自賛ですが、PowerFunctionの収め方としてはベストだと思うのですが、如何でしょう?



 客車はプルマンカーを大幅に簡略化して表現。
 「いつもの」より、内部外部とも大幅にドレスダウンする形で。24ポッチのトレインプレートベースに前後4ポッチづつ延長。

 窓は横組などあり得ないのでトレイン窓に妥協。でも……「トレイン窓ってやっぱりいいなぁ」と思ってしまうのでした。トレイン窓のダークブルー欲しいですよね。

 妥協しなかったのは楕円窓のドア。ここはそのままじゃ製品化無理かも(笑)。


 車内。寝台車も考えましたが製品レベルでは……ということと、締切時間迫ってたので座席(サロン)車に。製品レベルでありえるインテリア表現に抑えています。


◆◇◆◇◆◇◆




 製作時間は9時間ほど。機関車6;炭水車1:客車2と言う感じ。
 
 入賞して製品化……は無理としても(コンテストの審査趣旨がまだ読み切れない)、何か影響を与えることが出来ればいいなぁ。まぁ選挙での1票みたいな感じでしょうか。いや寧ろ「泡沫での立候補」のほうが近いかな(材料代という供託金が要る。あ、LDDだったらタダか?)

 大マジな話、「オリエント急行」はレゴ社で手がけて欲しい題材です。6-12向けという今回のレギュレーションではなく、#10000代辺りで。無論「客車は別売りあり」で、ですよ。

 あと、アメリカンスタイルじゃない、ヨーロピアンな蒸機の製品もそろそろ欲しいところです。
 エメラルドナイト? あれはマッチョなアメリカ機に英国風の装飾つけただけでしょう(偏見)。

 飽く迄個人的好みの話なのですが、「カウキャッチャーにダイヤモンドスタック(煙突)」つけた如何にもな玩具の汽車っぽい機関車は好きじゃない……。悪い意味で「玩具」に見えちゃう。
 あと、もっと後世のマッチョイズム溢れるアメロコたちもやっぱり、好きじゃない。

 良い風を吹かすことができたらいいなぁ……と思うのでした。
 
posted by 関山 at 22:34| Comment(9) | TrackBack(0) | 鉄道作品(欧州形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】Railbricksのトレインデザインコンテスト、間に合ったのだろうか……。



 以前、以下の記事でお知らせした、
「【ニュース】「Railbrick」主催のトレインビルドもといセットデザインコンテスト(締切12月15日) 」
 は12月15日締め切り。但し12月15日の何時何分か説明なし。時間帯の指定もなし。
 こうなりゃ(自分の悪い癖で)、都合よく解釈。UTCで23:59までだろ、と。
 
 というわけで、独自判断の締め切りには間に合ったと思います……。

 あと、応募が結局「機関車か客車だけ」か「機関車+客車」かはっきりしなかったため、後者のセットで出しちゃいました。まぁ例によって都合よく考えれば、前者の場合でも機関車だけで審査してくれるだろうと。ちなみに「蒸気機関車/客車」カテゴリ。

 まぁ、この手は参加することに意義ありますので、ルール違反で審査対象外でも「参加」したことにはなるってもんでしょう。流石に勝てるとは思ってませんし。

 ところで、締め切り前日までなかなか作品数増えませんでしたが、応募作品プールみると、
https://www.flickr.com/groups/railbricks2014design/pool/
 結構溜まって居ました。これが多くないと、この企画の意義的にちょっとまずい。良かった……。
(中には対象年齢6-12歳って前提を忘れてるだろ……って妙に気合の入りすぎた作品もありますが)

 日本からの応募もAzur氏(建築。LDD)と薬師山氏(ディーゼル機関車。現物)を確認しています。両者とも折を見て紹介したいです
 他にもありましたら、おしらせくだされば幸いです……。
 

 
posted by 関山 at 08:17| Comment(7) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。