何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月07日

【作品紹介】エースくんのパパ様の近鉄22600系「ACE」(CAD)。密度高く隙がなく。

 大物、です。余りに大物すぎるので近鉄題材は2回に分けての紹介。

 なお、画像は「LDD→POV-Rayでレンダリングしたもの」とのこと。意味がわからないので(苦笑)、そのまま。ただ、あたかも実際に組んだもののように見えますね。

 そして、現在製作中(部品調達中。カンザンブリックご利用感謝!)とのこと。楽しみなのです。

◆◇◆◇◆◇◆


 近鉄22600系は2009年より製造中の「Ace」カーの最新型。実物についてはこちら(wikipedia)

 特急車としては短い「2両編成」がメインであり、2連運用のほか、他形式車の増結に使われることも多い模様。細やかな編成の増減に対応している汎用車という意味で、初代エースカー10400形(1961年)の血筋を今に引いてるとも。

 汎用車ですがインテリア・設備は他の華々しい車両たちにも負けないものです。


 実物写真(wikipediaより)。派手ではないけど、上質。伝統を巧く昇華しておりましょう。

◆◇◆◇◆◇◆



 エースくんパパ様の作品は、25ポッチ級というショートよりのレゴスケール。
 そこに密度感溢れる表現を詰め込む! 開閉するプラグドア、縦長のドア窓、アクセントになっている行先表示器。ちょっと凹んだ位置の乗務員扉。ボールド的形状の屋根カーブ。窓はもちろん横組。
 機械的密度のとても濃厚な冷房装置……。
 隙間、というか隙のないビルドでもあります。


 モ22600形。前頭部が難易度高そうな形状なのですが、丸みを巧くレゴに収めていましょう。ポチスロに拠る曲面構成が実に美しい。微妙な前面傾斜こそは省略されていますが、側面への繋ぎ部分に斜めラインを入れているために擬似的な傾斜感はあります。
 貫通扉窓と左右の窓の下辺が揃っているのもデザインのツボを抑えています。
 大きく丸みを描き、そして大胆に傾斜したスカートもまた前面形状を構成し、貫通型の顔を流麗に見せています。

 標識灯はアレンジで車体側表現ですが(実物は車体とスカートの隙間に設置)、車体のノッペラボー感を防ぐためでしょうか。オレンジ色の印象を弱め、軽快に見せる効果もでています。

 側扉は2箇所。省略せず。意外とドアの存在感が大きいので、ショート化でもドアは実物通りの数が必要でしょうね。
 ダークブルーに囲まれた横組の側窓はサイズ・形状の印象がピッタリ。
 ちらりと見えるインテリアも豪華・快適そうなもの。実物通りの赤シート。


 ク22900形。こちらは実物通り1ドアです。そして車端部の装飾塗りあり。
 シンプルに太めのラインのみに割り切られてるのですが、これが却って美しい。この題材ならではの魅せ場になっていましょう。
 
 モデルではこちらの車両のほうが動力車です。受光ユニットは連結面に置かれてる模様。窓から見えるのは電池BOXのみ。これくらいならカーテン閉まってるようにも見えるでしょうね。

 なお、ひとつだけ気がかりな点はあります。
 斜めにクリップドメされたスカートの表現は良いのですが、台車旋回時に連結器との接触は大丈夫でしょうか? 最悪増結のない側はダミーカプラー化。増結する側はスカートの一時的撤去を行えば解決する問題ではありましょうが……。

<続>
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】12月の新製品。24-33%offに。

 12月26日の新製品(フレンズ、シティ、チーマ)が、そろそろ28-33%off迄落ちてきました。
 一応「予約商品の価格保証」は有りますので、気になるものあったら予約しておいたほうが良いかもしれません。

 この時期はクリスマスにぎりぎり間に合わないのですが、でもお年玉商戦になら間に合うという感じか。発売時期の差異は最小限という感じです。

 また、昨今の歯止めなき円安の割に価格上昇が少なめなのも救いです。輸入品なのに手頃な価格としてレゴが評価されたら良いのですけども……。

 まずはフレンズから。
 やっと代替わりしたメインハウス。商品名は#41095「エマのデザイナーズハウス」。33%offで7196円ですから先代からの値上げ感はない。ラベンダーの使いこなしが難しそうですが。
 ただフレンズカラーもだいぶ普及した印象はあります。

 さり気なくフレンズの目玉? 「41094 ハートレイク ハーバーハウス 」も33%offで4309円。クリエイター的な家と灯台の組合せでこの価格は、同種のクリエイター過去製品と比べると割安感強いのです。雰囲気もフレンズにしては「控えめ」ですので、クリエイター中心の世界観に加えても違和感はなさそう。注目です。


 41097と41093は33%off。その他中箱〜小箱は25%offです。
 41092は赤ベスパの手に入るセットとしては一番廉価ですね。

 #41085の獣医さんは建物系としては驚異的低価格じゃないでしょうか? ところでフレンズは「人間のお医者さん」はやらないのかな(さすがに生々しいか)。

 その他小さな動物系パックも同日発売です。


 Cityは5種類。24%off〜17%offですので、まだ様子見ですかも?
 33%off前提にすれば、よくぞこの価格に踏みとどまってるなぁ…という感じはします。6幅では有りますけど、昨今の4幅車作りのトレンド的に流用可能な部品も少なくはないでしょうね。
 新型バイクx2入の#60084ですが、バイク1200円x2で車がおまけについてくると思えば格安感あり……?




 チーマは大型商品は33%off。中堅は24%offです。
 
 なお1月16日発売予定品(Cityの残り[警察や建設]、基本セット、テクニック系、基本セット、デュプロ、minifiguresシリーズ13)はamazonにページはできて一度は予約はじめたものの、現在全て予約休止中となっています。状況変わればまたお知らせします。

 それにしても惜しまれるのはディズニープリンセス新作がクリスマスにもお正月にも間に合わなかったことか……。とくに「アナ雪」はクリスマス合わせできてたら。

 多くの方が気になるであろうクリエイターなどは例年の傾向的に2月と思われますが……さて。
 
posted by 関山 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする