何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月01日

【作品紹介】K.Matusbara様のフランス国鉄CC40100。衝撃。

 先の関西レゴオフ(2014年11月29日)に突如デビウの、K.Matusbara様の新作です。

https://twitter.com/Tokokino/status/538720507294535680
 Toko mama 様撮影。
「リアルを追求した機関車と回転寿司のふり幅デカすぎ。このギャップこそがJP-LUG "sakura"の真骨頂ww」
 素晴らしい!

https://twitter.com/fumifumibouzu/status/538694658033852416
 ふみふみぼうず様撮影。
 「まさかレゴで作られた列車を流し撮りする日が来るなんてな。笑 」
 流し撮りばっちり決まっております! ちなみに流し撮りはトレインオフ会レポでは多用してます。「シャッタースピード優先」にして1/60か1/125に設定するとだと成功率上がります。

 さて、CC40100形について(wikipedia)。 
 1964年から製造されたフランス国鉄の特急用電気機関車。ステンレスの装飾を纏い、同じくステンレス製のTEE客車を従えて1996年まで主にパリ〜ブリュッセル間で活躍。世界初の4電源式電機でもあり、フランス国鉄お馴染みの「ゲンコツ形」の元祖でもあります(後の「妹」達……CC6500などとはとはまた違う顔立ちですが)。

 実物写真。wikipediaより。
 世界一美しい……というと語弊はあるかも知れませんが、世界一外見に気を配って設計された機関車とはいえましょう。

 k.matutusbara様の作品は8幅で、そのフォルムをかなり正確に再現されています。
 前面からして解像度が凄い。二枚の窓とピラー。複雑な前面形状は微妙な丸みさえ感じる。連結器周りのディテール。バッファ周りの処理。
 台車は8幅ならではの極めて精細な作り込み。C-Cの車軸配置も再現されているのでしょうか?(そうなると自作動力ですね?)。台車間の床下機器も作りこみの対象です。

 複電源方式ゆえの精細な屋上機器も窺えます。

 全長は適度。巨大になりがちな8幅モデルですが、運用を考えた適度なサイズに全長を詰めており、ショーティと感じさせないギリギリという感じでしょうか。その匙加減もまた悔しさ感じさせるのですね。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=418962
 余りに悔しいので2009年制作の拙作の画像を貼っておきます(笑)。
 これも今の基準ではもうローレゾのモデル。前面窓はキャノピー使った割り切りですが、これは当時それなりに悩んだ末での選択。自分では「玩具的解釈」と開き直っており、自分的にはまだお気に入りのなのです。
 「ウチの娘の方が可愛いもん!」。

 話をmatsubara様のモデルに戻しますが……。
 この機関車に合わせたTEE-INOX客車があればさぞかし素敵でしょう。スケール的に側窓は3x4パネル使えそう。そして8幅ゆえのインテリア再現。コンパートメントにサロンにバー。

 期待してしまっても宜しいでしょうか?
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】関西レゴオフ(2014/11/29)より建物・トレイン系抜粋

 11月29日に神戸は垂水で関西レゴオフが割りと大規模?に催されました。戦艦有り、艦むすあり連装砲有り。戦車にロボあり。ニクル有りモジュールビル沢山あり。総合オフ会としてのパワーが物凄い。

 そんなTwitterの「#関西レゴオフ」タグより、鉄道系の話題を抜粋でお伝えします。
 総合的な話題はリンク先を御覧ください。

 また美留町まこと様がブログにも纏めてくださっています。

 4幅車に関してはtamotsu様のまとめが上がっております。

◆◇◆◇◆◇◆


https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA
 美留町まこと様撮影のモジュールビル。看板建築x2は美留町まこと様の作品。
 右端クォータサイズのは路地を伴い、その先に神社へと。

https://twitter.com/Tokokino/status/538928850286026752
 Toko mama 様撮影の、なかやま様作成の古典的アパート。昭和オーラ!
 内部写真はこちらに。住民も含めてえらいこり方。
https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA/status/538874357846507521

https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA/status/538669069323337728
 美留町まこと様撮影のy-forest様作成のレストラン。装飾も、インテリアも素敵な作品。
 前に止まったリムジンも決まってます!

https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA/status/538884605776916480
 美留町まこと様撮影の連装砲ちゃんたくさんと、奥には艦むす達。
 艦これビルダーも全国に広く展開されてますね。いつか「海モノミリタリーオンリーオフ会」なんて可能になる日が来るのかも?

https://twitter.com/Tokokino/status/538880664519467009
 Toko mama 様撮影のモジュールビル並び。左からwaka様のイタリアンレストラン、?、なかやま様の「ラブホテル」(言っちゃった!)、Toko mama 様のビストロ。
 ラブホ内部はこちらに
https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA

https://twitter.com/ordinaryrice/status/538815989421326336
 HF様撮影の、ケーニッヒ様制作の原子力潜水艦。リンク先に他写真あり。艦内も制作。当然魚雷発射管なども制作。これは見たかった!

https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA/status/538678394502647808
 美留町まこと様撮影・制作の
『「路地にある辺霤美流(べるびる)神社」 主祭神は戦闘・黒歴史の神様ベルビル様』
 とのこと。ベルビルはご神体! 冗談はともかくクオーターモジュールと路地の取り回しと密度感。
 小さな社の配置が堪りません。狛犬もミニマムサイズながら狛犬です。

https://twitter.com/BIRUMACHIOSAKA/status/538658121640460288
 美留町まこと様撮影のミニ建物シリーズ。先のトイザらスのキャンペーンのと同じ6x8です。
 リンク先に他の写真もあります。消防署は有名な「高輪消防署二本榎出張所」がモデルですね。

https://twitter.com/kawalego/status/538664937468358656
 mumu様撮影の寿司ネタ列車。トレインレールを回転寿司のレーンに見立てるというアイディア。
 みんなで「ネタ」を持ち寄ってワイワイ。トレインシステムにはこういう使い方もあり。

 なかやま女史いわく「関山さん怒らないかな?」だそうですが、まともなトレイン作品も多々造られてる昨今なのでネタ程度でビビるほどヤワではありません(笑)。
 というか、自分は頼まれてもネタは出来ないですし。不器用なんです。

https://twitter.com/handai05_nkym/status/538561856219000832
 こちらはなかやま様撮影。「その時歴史が動いた」とのこと(笑)。確かにK.matsubara様のグラスカステンが超絶リアル系ですから凄い対比ではあります。

 Yu様撮影。同じくK.matsubara様のグラスカステン。煙の表現と動く様子は大人気だった模様。
https://twitter.com/dpyukiqb/status/538684030212767745


 なお、K.matsubara様には凄い新作があったのですが、余りに衝撃的故に別記事にさせて頂きます(イベントと言うよりは、【作品紹介】ですし)。
 

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#71008 MinifugureSeries13のアソート/レビュウ(whitefang氏)


 Eurobircksにお馴染み、whitefang氏のレビュウが早くも掲載です。

 「可愛い(or 格好いい)女の子が皆無」という意味で最低な印象叩きつけ(日本の秋葉原方面へ)、「今回は財布にやさしいなぁ」とまで言わせた今回のシリーズですが、どんなアソートなのでしょう。

 Eurobricksの元記事こちら

 例によって画像引用は最低限です。先方には各フィグごとの詳細のほか毎度おなじみの「ネタ写真」などもありますので必見……を前提に話し進めます。


 今回はライム色の箱です。


 アソートこんな感じ。今回も60個入り一箱買えば3コンプ作れる好アソートではあります。

 で、ちょっと予想とは違いました。
 原価の高そうな「宇宙の戦士(モノトーン)」が5体。やはり原価の高そうな「王様」や「悪の魔法使い」が4体づつです。出来れば数がほしいゴブリンも5体アソート。

 逆にいらねーと思ったネタ系は少なめアソートです。不人気になりそうなのを数減らしてるって感じ。

 良い意味で、対象年齢の男の子のニーズを汲んだという感じでしょうか? そういう意味では好印象ではありましょうか。思ったほど、悪くはない???

 まぁ、今回は「箱買い見送り」の方針に揺るぎはありませんけども(笑)。


 嗚呼、女の子率の高かったシリーズ12が恋しいです……。
 
 さてシリーズ14はいつになるのかな(苦笑)……。
 
posted by 関山 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする