何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年11月30日

【価格情報】嵐の前にいつもの品を。定番など。

 毎年のことですが。
 クリスマスのシーズン直前は「安いところ」からどんどん品薄になっていきます。プレゼント(自分用含む)考えておられるなら、「落ち着いてる」今がお勧めです。

 そして、年明け。
 例年新製品ラッシュですが、こうなると既存製品で品薄になったものの再入荷が遅れがち。ですので「定番」は今のうちにキープが吉です。

 まぁ、派手な安売り情報も新製品情報もない「凪いでる」状況じゃあるんですよね。
 サイバーマンデーセールも2012年はすごかったけど2013年は空振り。一応、12月8日からのはずなのですが。


 超定番、「#31012 ファミリーハウス」は現在38%off 4881円。去年はクリスマスから年開けて5−6月くらいまで品薄がずっと続いてた悪夢。
 後継製品の登場で絶版オーラが見えてきた「#31009コテージ」は41%off 2227円。楽しい遊べる2つ買え?
 「#31026 バイクショップとカフェ」も39%off 6068円

 余ってるようでいつまであるのかわからないのが#10223 馬上試合大会。現在30%off 13642円。


 これもまだ残ってました「#79111 ウエスタントレイン」。まだ6300円。前にも記しましたが、これがこの値段で買える国は世界で多分日本だけです(bricklinkじゃ微妙にプレ値です既に)
 トイセルタウンさんの扱いで、1箱だと送料かかりますが2箱以上は送料無料。トレイン車輪や連結器取りには最高ですよこのセット。

 プレ値とそうじゃない価格で微妙なのが「#10218 ペットショップ」。でも個人的には25000円ならぎりぎり「ありかなぁ」と思うのです(自分が買い逃してたなら、この値段ならぎりぎり買う既に絶版です。今後は高くなるだけでしょう……。

 トレインに戻って。「定番の#60051」は40%off継続中。11036円。クリスマス前は品薄(=値上がり)予想されます。プレゼント用に考えておられるなら、早めの確保をお薦めします。電動の列車セットが11000円なんて日本でのレゴ扱いの歴史の中でも稀有な方なのですから(昔の4.5Vでも電動は1万円以上してました……)。
 なお、動力とかの部品とりにも推奨です。前頭部以外余る部品は無いでしょう。

 #60052は37%off。15653円。上位セットとしてはやはり安め。#60051との価格差ですが、ポイント左右と立派な貨物駅(ガントリークレーン)は大きいかも。#79111のウエスタントレインと世界観的に共存可能なのもメリットでしょうか。
 

 11月にひっそり?発売された新製品Hobbit関連。
 大きなドラゴンが目玉の「#79018 はなれ山」だけは品薄ですが(2%offどまり)、他は30-33%offです。
 #79015魔王のバトルは小箱なのに主要キャラ(エルフ)ミニフィグ2体に魔王と骸骨1体なのでお得か? 
 #79016や#79016も建物部分の出来が意外と良い。まぁ……映画が最初の勢いを維持できてないのが版権物の辛いところではありましょうか……。原作は不朽のものなんですけども映像化の功罪。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車作品】大昔の観光バス。デラックス仕様。

 「カーシャーシ」ビルコンへの不戦敗も悔しいので、締め切りギリギリでかつ主催者が「もうお腹いっぱい」とか仰る状況でありながらも、突っ込んでみました。

 まず。
 あのカーベースとCityフェンダーは正直苦手な部品です。今のホイル径の大きな、そして全体も大柄な乗用車には似合うのはわかるのですが……。でも、自分が好きな乗用車(含むスポーツ系)には使えない、使いにくい。
 ただしMugen様のお陰でバスという「逃げ道」に気が付き、かねてから作りたかった「1950年代の観光バス」を制作してみた由です。


 当時はやりだったらしい特装ボデーの「デラックス仕様」。天窓付き。
 カラーリングは京阪バス意識……赤と白というのはパーツ面でも有利(笑)。まぁ後日1900形特急車とかと並べたいという狙いもありましたが。

 フロントキャノピーは最初、通常のキャノピーで済ませるつもりでしたが最後の最後でひと頑張り、ボンネットバスらしい2枚窓にしてみました。
 ドア開閉は苦戦しましたが(ドア配置の関係で定番のプラグドアが不可)、クリップ系でなんとかまとめる。
 フェンダーミラーは文字通りのフェンダーについたミラーです、4幅でバスやトラック作るときは「あったほうが良い」要素ですね。乗用車ではおもいっきり省いてますけども。

 旧規格の窓は思ってたより、古風な感じを強調してくれました。カラバリが少なく、赤と白しか事実上選択肢はありませんが……。


 非公式側より。運転席のみ飛行機窓なのは、フィグ腕を逃すため。
 Cityフェンダーの奥まった位置にタイヤがありますが、昔のバスの(いや乗用車も)タイヤトレッドって車幅に対して狭めで、タイヤが奥まってる印象が強いのです。


 非公式側側面は取り外し可能。車内にアクセスできます。


 定員はタウンシートで3名(+運転手)。
 

 でもカーシャーシ使う必然性無いですよね……これ(苦笑)。
 ただし、カーシャーシがモチベーションくれたのは事実ですよ(言い訳)。


 観光バスでお出かけ……の図。
 ガイドの乗車スペース無いので、婦人ドライバーがガイド兼任という感じです。

 バスは思ったよりも苦戦しました。
 でも、思ったより楽しいのは事実。以前の5幅試作車もきちんと仕上げ(あれは2時間での突貫工事品)、いずれはリアエンジン系は5幅、ボンネット/キャブオーバーやマイクロ系は4幅と作りわけで遊んでみたいなぁと思うのでした。

 
 その他写真はこちらへ(brickshelf:検閲済)

 
 
posted by 関山 at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ以外のブロック玩具】La-Qのデンライナー。La-Qの可能性……?

 Twitterのこちらより。公式に製品などの造形されてる方ですね


『U-LaQ仮面ライダー電王』は電王をデンライナーに組換え可能です。商品で作れるのは先頭車両だけですが、後続車両を作るのは、そんなに難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。4両編成の写真は車輪(別売り)も仕込んでいます。


 とのことです。
 日本産のブロック玩具としてLa-Qは定着しつつありますが(TV-CMでの露出。また人気版権を抑えていること。独自の造形性!)、鉄道車両のようなものには向かない印象が否めませんでした。

 それだけに組換応用作例とはいえデンライナーの4両編成というのは驚きました。

 La-Qは小さなセットで体験したことありますが、パチパチパネル組んでく感覚が独特で凄く楽しい。鉄道車両や建築には向かない……のは変わりませんが、このデンライナーにはちょっとした可能性を感じた次第。新幹線的な造形は可能……? かもなの知れません。

 また、メーカーのヨシリツさんにはカワダ同様、国内小規模メーカーゆえの驚くべきスピード感(※)があります。
 案外公式で「La-Q新幹線」シリーズなんか出ちゃうかもしれません。
 
※:ソレに比べりゃ、レゴ社は悪い意味で「鈍重な巨人」ですよねぇ。