何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年11月27日

【作品紹介】「2014年夏季クリックブリックコンテスト」をトレイン中心に見る。

 クリックブリック公式に、今年夏に「全国」で行われた「夏季オリジナルモデルコンテスト」のレポートが上がっています。
http://clickbrick.info/gallery/1054/

 いつものビルドコンテストとは微妙に味付けというか、参加作品の傾向が違うのは興味深い。大人の物量勝負よりはお子さんの参加が目立ち、コンテスト元来の意義を感じさせます。

 ……というより、そろそろ「子供部門」「大人部門」分けたほうがよいと思うのでした。作品の評価文脈は全然違いますしね(例外はありますけど)。

 なお、いつもの鉄道車両というか乗り物には厳しい縦長レギュレーションですが、幸いにも鉄道ネタの作品はいくつも応募・展示されていますので、紹介させて頂く次第です。

◆◇◆◇◆◇◆



 千歳店より:THE TRAIN by たいが
 
 4幅の新幹線を上段に、下段には蒸気機関車、モノレール(羽田線)、ディーゼル機関車。
 4幅故に都市的な「並び・並走」が実現しています。たくさん並ぶのはやはり楽しいもの。

 新幹線は0系(JR西こだま仕様)、700系、E5系。どれも特徴を捉えていましょう。
 モノレールはレールが青ですが、これはひだか氏へのレスペクト……でしょうか(笑)。若い方だと思うのですが、今後が楽しみです。


 佐野店より:SL銀河を見にきた様子 by るいぷーママ

 あの路線のあの橋の雰囲気……がきっちり再現されています。手前のキャンプしてる様子をミニフィグスケール、遠方に見える汽車とアーチ橋はそれより小さいスケールにするというアイディア。奥行にも制限ある中で、遠近法的表現に成功してるのは快い限り。ジオラマというか特撮的には当たり前のこの手法は意外と使われてなかったものですが、広範に使えそうです。

 機関車はファンタジックな雰囲気に見せかけて、先輪とか炭水車とか「わかってる」仕様です。可愛いけどリアルティ。キャブや客車の明かりを黄色で表現してるのも綺麗。


 同じく佐野店より:小さな駅 by ホセーG-イタクラ

 4幅の電車ですが、ミニフィグスケールでナローゲージ。このアプローチも十分にありです。
 ミニマムな電車ですが、花巻電鉄辺りが後世まで生き残ってたらこんな雰囲気の電車走ってそう。前面のディテールが良い感じです。
 駅舎の方はレゴ王道的な赤い屋根。小さな建物ですがディテール表現は「濃口」なので、独特の密度感というか魅力になっていましょう。信号機は芸コマ。


 心斎橋店3位入賞:鉄道工事用ロボット by 薬師山
 既に紹介しておりますので手短で失礼。改めておめでとうございます。オレンジの103系はやっぱりいいものですね(103系ってキャラの立った電車。匹敵できるのは0系とD51位でしょう)。
 そしてユーモアも力強さもある世界観!


 同じく心斎橋店より:田舎の駅の久しぶりのにぎわい by TOMOYA
 ホームの雰囲気が良いです。ホーム幅はあった方がいろいろ遊べますね。


 垂水店3位入賞:San Francisco 14 days by K.Matsubara
 連続での入賞おめでとうございます。いうまでもなく「最強」の作品。個人的には全応募作の中から1位を選べといえば間違い無くこの作品ですよ(薬師山様のも迷うけど)。
 サンフランシスコのケーブルカーの表現は神がかってるレベル。造形とか装飾に「盛り」がありますけども、世界観とか、魅せ方考えればこれで正義でしょう。何より西海岸の青空が見えるような雰囲気作りに成功されています。

 地面も巧い。勾配は誇張表現ですが、これで適切ってものでしょう。背後の出窓のビルもいかにもあの街に立ち並んでいそうな風情なのですね。


 詳細動画こちら。ギミック含めて必見。優勝狙える作品でした……。ジバニャン多すぎです今回は。


 そんなわけでトレインオンリーの観点でコンテスト作品を眺めてみました。
 1位入賞が無いのは惜しまれますが、傑作の3位入賞が2件もあったこと、このジャンルに挑まれる方の層が広いのは今回の良かったところでしょう。

 ただ、そろそろ横長も解禁してよ……とは思いますが(苦笑)。
 
posted by 関山 at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】レゴ社のアンケート日本語版になる

 先ずはエリック様、正規にご依頼・ご意見くださってありがとうございます。

 また、レゴ社側の対応も迅速なものでした。希望って未だあるのかもしれません(過渡な期待はしちゃいけないのはお約束ですが)。

http://lego.fluidsurveys.com/s/Q4_2014_Japanese/


 
 試しに回答進めてみましたが、やはり日本語だとサクサク進む!

 12月17日までですので、まだの方はぜひとも回答をお願いいたします。
 これは「日本にある程度の数、大人のレゴユーザが存在する」ことを示すチャンスなのですから。
 
 
posted by 関山 at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする