何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月24日

【作品紹介】azur様のミニモジュール作品「チョコレートカフェ」はミントチョコの味

 タイニーモジュール……こと「#31026バイクショップとカフェ」規格の第二弾作品。
 16x16のベースに建てられ、真ん中で開閉。幾通りもの表情のある建物です。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=547727

 見る角度によってクラシックな印象もあり。
 角度によっては超絶モダン。この不思議なバランスの両立は前作よりも際立っておりましょうか。

 クラシックなサイドでは、外階段の取り回しであったり、また凹んだ位置についた窓がそれらしい雰囲気を醸し出す。古い西洋民家って絶対に平板な印象にはならず、無駄なまでに立体的であったりするもの。
 そして、軒のアーチが凄く優しい曲線を作り出す。よくみるとアーチは多用してないのに、少数の使用で決定的効果を生んでるように見えるのです。

 そして、薄い青と茶色の取り合わせは不思議と新鮮に。



 そして、大胆な曲面ガラスのモダンサイド。2x2ガラスのクリアとトランスライトブルーの組み合わせ。どちらかに統一していないのが素晴らしい。「ブルーガラス」はよりモダンに見せると言うよりは、寧ろ「レトロ」な方向に魅せてはいないでしょうか?
 また賛否の別れる2x2パネルのサイドサポートも、この使い方なら寧ろ正義でしょう。

 それにしても、カーブガラス内の見せ方が巧い。ボリューム感出した鉢植え。
 向こうに見えるはステンドグラス。この角度、計算されてますね。


 インテリア。カラースキームの統一! 商品に至るまで「ミント(?)+チョコ」に。
 ミニマムな面積ながら、要点を抑えた什器類。

 思わず……「チョコミント一つ」……と言いたくなってしまうのでした。
 そして、自分も(久々に)建物一つ作ってみたくなる……。


◆◇◆◇◆◇◆


 

 タイニーモジュールの材料取りは、やっぱりタイニーモジュールで……。
 でも、azur様の作品はFriendsやディズニープリンセスの要素も多々入っているのですね。「偏食」ではできないバランスと思う由です。
 
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする