何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月22日

【作品紹介】G@ひたひた様の別府鉄道DB201+ハフ7。ハイレゾディーゼル機関車(CAD)。

 先方の記事:「別府鉄道 DB201+ハフ7(6幅Ver.)」


 1984年まで山陽本線の発着する駅の片隅から奇跡のように残っていた別府鉄道の機関車と古典客車。
 関山の世代では間に合わなかった、やや悔しさの残る鉄道です。

 さて。
 L形の小型ディーゼル機関車(非ロッド駆動)……という題材は安直に作ろうと思えばできてしまうもの。
 でも、このDB201はディテールも凝ってて見応えがあります。平板さがありません。

 横組まで駆使して表現した手すりの類。そしてボンネット上の手すりもタイルを組み合わせて絶妙な位置で表現し尽くしています。
 前面窓は横組。この種のディーゼル機関車では多い横長の二枚窓の表現としてはベストのものでしょう。
 連結面に目を向ければ解放テコ。そして端梁の青い色差しまで見えるとは。芸が細かい。

 一見平凡平板な機関車にどこまで愛やら思い入れやらを注ぎ込めるか。その見本のようなモデル。何より驚かされるのは「赤いナンバープレートの高さを実車同様4面同じにする為に、かなり頭を捻らせています。」とのこと。確かに赤ナンバープレートは良いアクセントになっておりますが、そのコダワリとは。


 古典客車 ハフ7は……上下2分割の窓で、良い感じで箱根細工的な組みを入れてきました。太めの窓桟はこの客車には必要でしょう。
 そのかわり、インテリアも、あるいはダミー動力車化が困難になってしまったのは代償といえば代償です。ここはどこを取るか難しいところです。

 ダブルルーフの表現は屋根両端部分だけスロープ角度変える小技が効いています。柔らかいというか、垂れてるというか、如何にも木を組んだものに布貼ってるだけという雰囲気が伝わってきましょう。

 実物の微妙なカラーリングはサンドグリーンで表現していますが、煤けたというか褪せた感じの緑色なのですね。ちなみにサンドグリーンはかの「青大将」でも使えそうな色なので、その場合は「煤けた・褪せた」では無いのですけども……(笑)。

 なお、動力化が悩みのタネ……とお伺いしました。
 「思い切って9Vにしちゃう」のがもっとも簡単だとは思いますが、この理屈なら自分が悩んでる同鉄道DC302(ロッド駆動)の動力化でも「12Vならロッド駆動も簡単じゃん」という返しをするのに値するものでしょうね(苦笑)。

 ※12V環境は持ってはいますが、常時運用できるものじゃありません。限りなく「動態保存」。

 別府鉄道の客レは基本混合列車ですから、動力の組み込みやすそうなワム車でも作り、小型車の場合の汎用動力車に仕立てるのが合理的であるのでしょうね。
 実は運転会的状況では、意外と動力車が自走できるか否かは問題にならず、それよりは「確実に走る」ことの方が重要というのは実感です。

 実現は未定……とのことですが、京阪神の片隅の渋い奴として期待しちゃいたくもなるのです。
 余談ですが、別府鉄道は気動車も濃ゆいのもってましたよね?
 

posted by 関山 at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント[JAM]】2014年 ひだか様の動画まとめ。第二弾。


 「8分半」あります。
 しかし、8分があっという間でした。時間浪費注意モノです。

 基本的に走行動画(2日目および3日目)で、かなり多くの種類の車両の走行画像入っています。自分の写ってる……があるかも知れません。
 また、6線もあるため普通に撮っただけでもすれ違いになったりしてその面での迫力というか見応えも十分!


 連接車のカーブでの動きや、8幅ゆえの迫力は動画が伝えやすいのです。


 広大なヤードと行き交う列車。


 トラブル乗り越えて安定運用に入った585系寝台電車……とすれ違う古典的寝台急行。フルスケール同士!


 BGMではなく、ナマの音声入り。音声の中にはお客様の歓声もあり、これはこれで嬉しいもの!

 終盤にawazo島の映像も含まれますが、あの踏切の自動動作であったり、道路信号の点灯機能には改めて驚かされます。これは動画の力としか申しようがありません(キャプチャーではとても魅力が伝えられません)。

 貴重な動画記録の編集と公開、ありがとうございました。
 

posted by 関山 at 19:12| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする