何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月08日

【イベント】レゴトレイン教室 (大阪)かう゛ぇ様のレポート

 昨日9月7日、阪大レゴ部中心でちょっと変わったレゴトレインイベントが催されたそうです。
 レールやインフラ、車輌を大人のレゴファンが用意する。
 街・建物を作る部品を阪大レゴ部さん?が用意される。
 参加の子どもたちに街・建物を作ってもらう……。
 というものであった模様。

 かう゛ぇ様が早速レポートを揚げられています。

レゴの家Bサイド「レゴトレイン教室 」

 「電車に乗れない」? 意味がわかりませんが、プレゼンもあるのは阪大レゴ部らしいです。

 かう゛ぇ様の京町家も登場。後ろに写ってる線路はいかにもmazta-k氏の仕事ですね。
(前略)結構食いつきがよく、結局フルセット出して展示。

九割、男の子だったのでみんなトレインに夢中だったけど、一人いた女の子が食いついてくれたのはうれしかった。

基本、トレインが主役だと建物はほぼ背景。
そのセットの背景に目がいくということ自体、希だし、あんなに目を輝かせて見てくれたのは作って良かったな、と心からそう感じた。

 建物が背景になってしまうという問題、いろいろ考えさせられます。
 せっかく持ってきていただいた建物を「従」にしてしまう申し訳なさは感じておりますので。
(「JAM」も「梅田」も優れた背景あってこそではありましたが。それだけに業が深い)。

 BFTやあるいは今年6月の「埼玉オフ」のように街を中心としたイベント(鉄道はおまけというかあくまで一要素)が出来ればそれはそれで有りだとも思います。難しい……。

 あgとは、buchoo様(=阪大レゴ部創設者さん)のツイッターより。
 ドイツ系のリアル旧型貨車は何方の作品かしら? 引いてる蒸機も気になります。

 同じく。
 こちらはmazta-k氏の長ホームと編成もの。PFオンリーで長大編成を緩カーブで走らせるという「関西スタイル」。

 なお、こっちのシグフィグは偽物です(断言)。同日はミリオフに参加してましたからね!
 
posted by 関山 at 15:06| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】ミリオフ2015参加速報。ハンドキャリーの限界へ。

 昨日(9月7日)は笹塚のレゴミリタリーオフ2015に逝って、帰って来ました。

 疲れました。死にました。
 凄く楽しく、有意義で有りましたけども。ここでしか会えない挨拶できない顔ぶれもありますし。無論、JAM→JAM打ち上げ→(ミリオフ)→八王子となぜか4週連続で合う方も少なくないのですが(笑)。

 疲労の原因はコレ。


 ハンドキャリーの限界に挑戦すべく、「新中央駅(ガウディ駅舎+黒大屋根)」を二箱に分割収容して隙間にレールやスピードレギュレータを押し込む。車輌は阪急電車4編成14両をトランク(大)に。あのトランクが妙に小さく見えるんですが?
 トランク(小)はその他小物用。

 当然、バリアフリーな箇所以外の移動は完全不可能。
 京急沿線から京王線笹塚へ、少しでも歩行距離が少なくなるように輸送ルートを設定。都内では主要ターミナル(品川・渋谷・新宿)を避けて、都営地下鉄同士の乗り換えを選択(泉岳寺・三田・神保町)。
 
 歩行時は最高速度3km/h以下に制限。荷物の重量バランスがシビア。倒れたら中身崩壊で一巻の終わり(笹塚駅から会場までの歩きではシャチ氏が補助してくれて大助かり)。

 乗車時はドア脇しか乗れず。特大貨物積載貨車なら連結位置が限定されるようなもん。
(京急で2100系来たときは「大外れ……」と思いました(笑)。普段なら嬉しい車なのに。幸いにも車椅子スペース確保できましたけど)
 当然、日曜日だから迷惑かけずに乗れた由で、平日に同じ事出来るかと言われると絶対に否。

 輸送へのシビアさ、貨物列車と言うよりは「シキ列車」(重量物運搬の大物車専用列車。最高速度45km/hだったかしら)という雰囲気でしたよ。


 ただし、往復無事に輸送完了。破損もそれほどなし。
 そして、会場で好評であったのは幸いでした。思えば大屋根のある駅を一般オフ会持ち込みってこれが初めてです。

 「短距離なら可能」「乗り換えが1-2回なら可能」というのが結論。例えばですが、横浜市内なら問題ないでしょうか。


 ちなみにPeachtree氏が件の新作ホテル(巨大ビル)を持ち込んでくださりましたが、あちらはタクシー輸送だったとのこと。そりゃそうですよね。でも、輸送にお金かけられただけのことはあったのでした。
 

 蛇足:
 当然、二次会(飲み会)は自粛しました。あの荷物で酒入ってたら軽く死ねます。
 よしんば帰着できても箱のなかのレゴが全部パーツ単位に粉砕されてそう……。いや、二次会でお話するつもりだった方、申し訳ないです。
 ……来週、八王子でお会いしましょう。
(注:八王子はトレインインフラをawazo氏に依存です。 「車輌だけ持ってのオフ会参加。手ぶらならぬカートなし!」。こんなの久々。あぁ……楽!)
 
posted by 関山 at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする