何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月05日

【雑談】「日本のデザインは「新しさ」にこだわりすぎる。」鉄道車両にも云えるか?

 日経ビジネスオンラインに興味深い記事上がっていました。

日本のデザインは「新しさ」にこだわりすぎる。
カー&プロダクトデザイナー/SWdesign代表 和田 智さん(1)

 インタビュウを受けているのは日産自動車からアウディへ移籍、今はフリーでデザインをされている方。日本と欧州のデザインポリシーの違いについて言及されています。

 中見出しを要約すると、文章の要約になります。
 「和田さん、とにかく新しいデザインでお願いします」
 デザイナーが恐れる「お前のデザイン、普通だな」
 アウディのデザインを日本でやったら全部ボツ
 ミニもビートルも欧州のレトロデザインは「日本発」
 興味深いのは、BMWミニやニュービートル、現FIAT500などのレトロ系欧州車の原点が、日本のパイクカー(be-1やフィガロ)であったということ。日本はそれを一発屋的限定車に終わらせてしまったのに、欧州ではメーカーの定番商品にしてしまったという差異。

 この違いは興味深いです。

 ただ、個別事例に反論することは容易でしょう。日本車でも伝統を固持している車種はいくつもありますし(例えばロードスター)、本文での具体例のアウディも今のフロントグリルは寧ろ大胆で前衛的なデザイン? フランスの某社はDS2とかDS3とか、往年のDSとは何の関係もない車でヒットしちゃってますし(苦笑)。
 まぁこのへんは言いっこなしでしょうか。


 で、この話は鉄道車両にも当てはまるか……?
 国内だけでも「事業者ごとの差異」が激しすぎて一般論化は無理ですね。阪急なんか恐ろしいまでに過去の連続に拘ってます。でも、南海なんか過去を完全に断ちきっちゃてる。
 関東だと東急や京急は割と過去を意識してる方でしょうか(東急は5000/6000/7000の襲名の際は過去へのリスペクト有り)。

 欧州に目を向ければ、ドイツの近郊型電車・気動車は「新しさにこだわりすぎる」位に大胆なスタイル(でも美しい……)。逆に日本の近郊型・一般型は予算の制約か? 悪い意味で保守的なような……。

 面白い記事ではありますが、自動車業界以外に拡大解釈するのは難しいかもしれません。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】レゴ社、遂に世界一へ……

 レゴ社の肩書きが「世界第二位の玩具メーカー」から「世界一の玩具メーカー」になりました。

 WSJ「レゴ、世界最大の玩具メーカーに」
 デンマークのレゴは4日、1-6月期(上半期)に11%の増収を達成し、売上高と利益の両方で玩具メーカーの世界首位に立ったと発表した。映画「LEGOムービー」関連商品の人気を追い風に、バービー人形を手掛ける米マテルを抜いた。(中略)
 ヨルゲン・ビー・クヌッドストープ最高経営責任者(CEO)は「(映画)関連商品の売れ行きがどう変化するか見極める必要がある」と述べた。世界中で公開されたLEGOムービーの興行収入は8月21日までで4億6800万ドル(約490億円)に上り、6月以降に各地でDVDが発売された。

 1-6月期の売上高は115億デンマーククローネ(約2100億円)。前年同期は104億クローネだった。

 日本ではぱっとしなかったレゴムービーですが、北米他ではナンバーワンヒットでありました。興収もさることながら、関連製品の売上がぐいっと持ち上げたようです。

 来年も新テーマの投入が続きます。新規版権も取得しています。
 豊かになってきてる新興国需要も確実に開拓してるもよう。

 ※追記
 THE BRICK FANの記事によると(元ソースFinancial Timesらしい
)、中国の伸びが顕著で前年比50%増とか。最近のインストに簡体中文註記が増えてるのも宜なるかな……。

 現在、「ブロック玩具≒レゴ」みたいな感じですが(ナノ派の方申し訳ない……)、将来「玩具=レゴ」になってしまうのでしょうか?
(まぁ、玩具の前に「知育」「教育」とつけたらすでに間違いじゃないですが)

 
 まぁ、大きくなったならその余裕で「鉄道玩具」〜「鉄道模型」分野にも再進出してほしいもの(笑)。
 というか、マテルやハズブロやバンダイの抑えている領域以外への積極的侵攻?
 是非とも、BRIOやプラレールやメルクリンやホーンビィやバックマンの市場を大いに荒らしてほしいものですね。意外とブルーオーシャンですよ?
 まずはトレインカテゴリをシティのサブテーマから独立させるとこから……(略。いつもの話なので。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする