何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月04日

【価格情報】御買いどきは続く。9月は基礎力強化月間?

 基礎的なクリエイター系、トレイン基本セット系が相変わらず強い状態です。
 自作ビルドにはやはり基本体力というかパーツ力は要ります。クリエイターはやはり最強。

 定番 #31012。言わずもがな。38%off 4891円。
 「#31009 コテージ」は39%off 2291円。小さいけど無限の楽しさ。複数セットで住宅街仕立てるのも可能な価格設定。
 「#31010 ツリーハウス」も39%off。
 「#7346 シーサイドハウス」は絶版危惧種ですが38%off 4436円。ミディアムブルー補完のチャンスか?

  
 小物系の補完はアドベンドカレンダーで。今年のCityは食品系充実で要注目です。
 Cityは28%off Friendsは28%off スターウォーズは33%off。10月2日発売。

 トレイン系。基本の基本(前頭部使いこなしは上級?)な60051は40%off。11036円。
 この価格で動いてリモコンはいってるんですからトレイン系は割高なんてとんでもない誤解ですよね。
 #60052も15000円台続いています。37%off。
 「#10233 ホライゾンエクスプレス」amazon.co.jp再入荷分は未だ29%OFF 10788円。緻密なパーツ構成故に意外と部品とりにもなるセットです。TGV興味なくてもなんとかなる? 

 さて、#7938超特急列車は……ついに15000円程度まで上がってしまいました。
 「名作」が長く供給されたということで、良しとしましょう。


 (出来は良いのに)安売り投げ売りの定番? 借金レンジャー。最近は店頭からは姿を消しつつあるようですのでお早めに。
 これまたトレイン入門にもありな#79111。最安値では6,000円切ったこともあるという噂ですが、6,500円でも半額以下の57%off。多分買い足し損はなし? 駅馬車も55%off 銀鉱は60%off コルビーシティは57%off。
 このへんの割引率はかつての「本社バーゲン(両国とかでやってた)」を彷彿させるもの。
 今の初心者は幸せかもしれません。このへんの良質安売りセットで基礎体力を付けられるのですから……。

 華やかな新製品はない時期ですが、その分、既存製品を噛み締めることが出来る時期でも有りましょう。
レゴムービーあたりも投げ売り始まってる感が……)
 
 あと、 強気な価格が続いてたArchitecture「トレヴィの泉」ですが、今はArchitectureでは異例の30%offに。
 

 731ピースで5250円です。
 

posted by 関山 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】ミニモジュール4種。Toys R usのプロモ品

 情報源「The brick Fan」より。

 更にその前は「Neo Ape」より


 一番気になる入手方法ですが、元記事によると「10月の各週に週替りで店頭での購入者にプレゼント(昨年を例にすれば60ドル)」のようです。
 日本のトイザらスが含まれるかどうか不明ですというか、入ってくれ……。
(ザらスはレゴストアのプロモほど日本差別してない印象はあるのですが……)

 切ない話はともかく、6x8という小空間によくぞここまでの密度を詰め込んだものですね。以前のミニモジュール製品(#10230)では8x8でしたから更に一回り小さいのです。
 このスケールの自作も意外と楽しいかもしれません。

 #41080 Theater
 レゴ社の好きなアールデコな映画館です。赤い絨毯とガラスのドアが雰囲気を盛り上げる。1x1ブロック1個にこんな力がありますとは。
 黒い自動車はミニマムなのにタクシーと分かります。

 #41081 Pizza Place
 6幅を「4+2」とすることで、ミニマルながら深みというか奥行を出したデザイン。
 これをミニフィグスケールに拡大して、12〜16幅の#31026スケール(所謂タイニーモジュール)に引き伸ばしてみたい誘惑に駆られます。排気筒などのディテールがそれらしい。
 フロントの花はスケールオーバーなのに、まとめ方が巧いと気になりません。

 #41082 Fire Station
 かつての#10197とも違う形のクラシック消防署。こちらは「3+4」を食い込ませることで6幅に収めるという設計。濃縮感にクラリ。
 これまた12−16幅に拡大しても素敵になりそうですね。#10197ほど破綻したバランスにはならずに済むと思うのですが……。
 消火栓はやはりスケールオーバーですが、やはり全体を引き締める効果ありましょう。

 #41083 Town HALL
 これまた#10220とは違った市役所。大きな建物であるはずなのに自然に6幅に収まる。まとめ方にはArchitectureの影響も感じられましょう。クリップやバーの使い方が巧みで、建物に装飾と奥深さをもたせています。「蛙」の使い方もまた巧い。
 「ルートマスター」が入っていますから、先の黒いタクシーも含めて世界観はイギリスか?
 

 記事書いてるうちに物欲が加速していきます……。
 まぁ、ミニモデルのたぐいは「本流」とは思っていないので(飽くまでミニフィグスケールが「本流」)、そのうち醒めてくるとは思うのですが(苦笑)。
 
 

posted by 関山 at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする