何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年08月25日

【イベント:JAM】2014年 動画やレポートまとめ【追記有】

 mazta-k様による設営様子のレポート
 「JAM2014 設営の様子&マツタケ所長の大冒険」
 設営の最初から最後まで。記録ありがとうございました。
 広大なグリーンカーペットの荒野が印象的です……。あそこにレールが敷かれ、街ができたのでした。


◆◇◆◇◆◇◆       ◆◇◆◇◆◇◆



 ひだか様による動画(2日目土曜日撮影)
 小型カメラ搭載車両による、前面及び側面展望も含まれます。
 カメラカーは技術的に可能でも、つい用意を忘れがちです。撮影・記録に感謝いたします。

 内容は「京阪神」題材が多いです。カメラカーと並走の阪急9300系が凄い……。



 Tamotsu様による動画(3日目 日曜日撮影)
 昨年版同様、センスよく編集された「短編映画的」記録画像。プロ的なカメラアングルや「パン」が極めて印象的。ミニフィグ目線の画像もまた嬉しい。

 内容は「東海道線東京口」「北陸」「リゾート列車」が中心です。ラピートの紺と赤の並走なんていうのも。ネタ列車もあり。


◆◇◆◇◆◇◆       ◆◇◆◇◆◇◆


 skt様に寄るレポート
「2014第15回国際鉄道模型コンベンションに行ってきました」

 当日は余りに多忙であったため見逃してしまったナロー系展示の画像がありがたい。
 なお、弊ブースの紹介として、拙作の「西武E52」と「札幌市A830」をお気に入られたようで何よりです。

 「HO自作動力ユニット+ペーパークラフト」は自分も何時か作ってきたいと思いつつ、これも未だに叶いません。

 なお、この記事も興味深いです。
「かつての国際鉄道模型コンベンションの入場券とリーフレット&配布冊子」
 数年前はいろいろ異なっていたのですね……。
 
 会場はビックサイトでも西4とか云っていますから今より狭かった筈。しかし、密度は濃い催しだったのでしょうか? 
 いろいろ、考えさせられます。
 




 なお、他でも記事にされていたりしたらご教示ください。
 関山は静止画専門なので、動画系は特に嬉しいです。
 
=========================================================================

【追記】
 G@ひたひた様「2014 JAM 撤収作業の記録……」

 撤収から逆に3日目、2日目と振り返っていく予定だとか。
 撤収記録は参考になります。
posted by 関山 at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント:JAM】2014 2日目速報(後半)

 すでにイベントは終わっておりますが、引き続き2日目後半の「速報版」を上げていきます。
 なお、現在brickshelfが安定していないようです(長期メンテ中?)。本レポートはbrickshelfの安定を待つことになるかも知れません。
 その前に「梅田」の最終日篇・建物篇も残ってるんですよね。
 
◆◇◆◇◆◇◆



 ゲスト様の持ち込み車輌。10幅のナローゲージ蒸機……ホームメーカーフィグサイズ。
 バルブギアの動きも再現。操作はリモコンではなく、側面レバーで行う仕様ですが、動作ゆっくりなので却って操作性よく、これはこれで凄く楽しい♪

 このサイズのモデル、今回は走行場所を用意できずに申し訳ございませんでした。
 しかし、構内側線の往復でも十分に楽しめました。このクラスも数が集まれば、専用の走行線を用意することも可能になるかも知れません……。
 そう、ナローゲージは小さい方だけでなく、大きな方への展開もあり得るんですよね。LGBのような大型モデルも、ナローゲージなら現実的ではあるのですから。


 りゅうせん様の持ち込み。マルチプルタイタンパ。想像以上の精細さに驚かされました。その上、自走まで可能。構内留置ではなく、本線を走行させたくなるモデル。
(京急の線路際に住んでるので、保線用機材の夜間高速回送は「かっこいい……」のです)


 「awazo島」より。限りなく旧型国電が似合うシーナリー。



 



 テーマ「国鉄形」より。
 「津軽レインボー」こと、14系レインボー+EF57(どちらもawazo氏)は有り得ない組み合わせでしたが、EF57もあと5年延命していればEF55のように動態保存機になり、団臨で大活躍できたのかも知れません。

 なお、mazta-k所長に倣って、関山も大冒険。EF57の後デッキは1975年頃まで普通列車の場合は「乗車黙認」されてたそうな。あぁ乗ってみたかった……。








 テーマ「欧州形」より。ICEとセッテベロ、あとRhbには大活躍していただきました。
 本線6線に側線2本で線路8本並ぶとなかなか壮観!
 
 余談ですが、今回は大型蒸機は持ち込みを避けました(大変にトラブルが多いため)。
 ただし、小型機(4110/6200/グラスカステン[上の写真])はそこそこ運用機会をもうけた由。殆どがノントラブルで乗り切る!
 実物蒸機の動態保存、大型機は長続きしないケースが多く、小型機では長期継続できるケースが多いのは模型でも納得できることです。
 とはいえ、トラブル少ない大型蒸機も今後の課題でしょう。











 テーマ「夜行列車」より。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする