何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年08月24日

【価格情報】レゴトレイン入門編/レゴ入門編

 JAMにて、レゴトレインに興味持ってくださった方のために。
(あと、既存読者の方でも……今は安くてお勧めですよ!)

 最初に買うべきセット群。全てはここから始まります。
(関山も、11年前にこの種のトレインセットでこの道に入り込んだのでした……)

 レゴは多くの場合、amazon.co.jpが最安値のことが殆ど(最近はかなりやる気出しています。実店舗では滅多にない38-40%offをよく出しており、実質世界最安値のことも少なくありません)。

  

 2014年夏に発売されたばかりのトレインセット。1セット購入すればリモコン・レールなど必要な物は一式揃っています。最近はJAMや各種レゴオフ会(多くの場合はトレインレール有!)でも現行PowerFunction規格(赤外線リモコン)の作品が主流です。PFのセットは最初に購入して損はないです。

 「#60051 ハイスピードパッセンジャートレイン」40%off 11036円
 3両編成の高速列車のセット。賛否の別れる前面の一体成型部品ですが、ICE3や小田急ロマンスカー(VSE)への見立ても可能な、意外と使える部品です。

 「#60052 カーゴトレイン」37%off 15698円
 アメリカンなディーゼル機関車の牽く貨物列車のセット。
(この種の機関車は日本でも使用例がありますし、アジア諸国でも身近な存在です)
 それだけで遊べる大規模ガントリークレーン入り。ポイント左右も含まれます。

 「#60050 トレインステーション」38%off 4618円
 小規模でも駅はあると楽しいです。自分で駅を作るときも、セットに入ってる小物使うと捗ります。

 

 「#31012 クリエイター ファミリーハウス」38%off 4891円
 建物を作る基本セット。3種類のインスト入りですが、このセットの真骨頂はアイディア次第でどんな建物でも組める柔軟性の高さ! お店・駅舎・病院……街にあるべきすべてが可能。
 鉄道に合わせた建物を作ることは勿論、レゴそのものの入門・再入門も最適です。
 セットをしゃぶり尽くして飽きたら? パーツ構成秀逸ですので自作ビルドの「素材」としてもパフォーマンス極めて高し。精神的にも物質的にも充足感有り。

 なお「クリエイター」カテゴリのセットはパーツ的にお得なケースが多いです。このカテゴリに鉄道車両が無いのが惜しまれてなりません(というかさっさと出さんかレゴ社!)。


 

 #7938「超特急列車」 40%off 11597円。
 これは「レゴトレイン組立体験」でも使っているセットで、2010年の製品です。
 
 公式には絶版品ですが、amazon.co.jpでは辛うじて入手が可能。
 #60051ではセット内での組み換えが困難ですが、#7938では極めて広範な組み換えがアイディア次第で可能。このセットの中の部品で貨物列車にもなれば電機+客車にもなります。

 レゴの基本トレインセットの中ではこの25年来随一の品と申しておきましょう。
 初めての方に強くお勧め。そして、低価格で入手できるのは今のうちです……。ベテランでも保存用にもう一箱?
 

 
posted by 関山 at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント:JAM】最大の出展は最高の出展、無事終了!



 今回で3回目となるJAM(国際鉄道模型コンベンション)出展ですが、暑い熱い3日間(設営含めて4日間)を無事に終えました。
 ご協力くださった皆様、ありがとうございます。

 お陰様で最大規模の出展を、最高に終えることが出来ました。
(正直、最大規模出展には不安はあったのですが、すべて杞憂でした)

 昨年の反省を生かした「テーマ制」「PFのチャンネル管理」「スタッフ腕章」「告知ボード(お客様用/スタッフ用の二本立て)」といったアイディア群も有効に機能。
 そして線路不足を根本的に解消した「3複線(6線。6線同時運転可)」という規模に広大な留置・展示用ヤードに、作業用テーブル。
 この大規模配置のお陰で、大量の車両群を捌き切り、かつ「電池や9Vモータの消耗を心配しなければならないほど」各車の走行時間も長くとれたのです。
(勿論、ゲスト車輌で9Vのものは走行時間に配慮しましたのでご心配なく……)
 みっともないというか興ざめな「卓上への車輌放置」という問題もほぼゼロに。

 9Vの電源管理も「饋電線」導入で全線に渡り電圧低下のない、スムーズで力強い運転を可能にしました。
 

 さらに。
 「本島」と「展示・留置スペース兼用のPeachtree島」以外に、本格的シーナリー付きの「AWAZO島」と、ひだか式モノレールの島を立てた「4島体制」。各島ごとに特性・個性も持たせた独自の展示により、ブース内における回遊性までを持たせることができたと。

 最後に。
 jamへの出展。おそらくですが、来年もありそう。
(「組み立て体験教室」もたいへんい好評。毎回ほぼ満員)
 皆様のご協力・ご参加のほど、宜しくお願い致します。

(来年は、Me-modelsの大曲線カーブレール[9vアルミ貼改造品]が大活躍する見込みですよ……?)

 
posted by 関山 at 21:56| Comment(10) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする