何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年08月01日

【作品紹介】速報! G@ひたひた様の京阪3000系 落成

 速報版として。手短な記事でご容赦ください。



 先方の記事:京阪 旧3000系、ロールアウト!

 第一印象なのですが、悔しいほどに「鉄道模型的」。
 40ポッチという全長もそうですし、何より箱根細工的窓表現の濃ゆさ。CADでも凄いと思いましたが、実現するとここまでスタイリッシュに見えますとは。コストとか手間とかインテリアの諦めとか問題こそありますが、理論上は二段窓の車輌でできないものはない!ってことになります。

 色は京阪特急色(実に微妙な中間色です)を、単純明快に「赤+黄」で解釈しています。しかし、これまた違和感は皆無。この色だからって修学旅行用電車にも見えませんし、また12Vの傑作#7740にも見えません(笑)。京阪特急色にしか見えてこない不思議。

 先のMugen氏の251系もそうですし、拙作の475系急行電車もそうなんですが、意外とレゴでの色解釈ってシビアに考えなくても良いってことでしょう。
(カラーポジのような狭いラチチュードではなく、カラーネガやディジタルのような広いラチチュードってことですね。レゴのカラーパレット、特に基本色系ってやっぱり秀逸!

 京阪3000系に話戻せば、前面の微妙な角度付けもやっぱり効果的。
(ただ、ウチの1900形には一寸応用不可か……。1900形と3000系はなんか空気感が違うんですよね。図面上じゃ似た電車なのに)
 ワイパーもおでこの広さを巧く誤魔化して?おりましょう。この手法も広く使えそうです。


 cadでは懸念されてたタイルが縦方向にあるがゆえの「筋」はほとんど気になりません。
 ドアは沓摺のみの表現ですが、これでも十分に思えます。


 ダブルデッカー車が動力車。
 9Vモーター仮設すれば、DD車抜きでの3両走行(実車も大昔、ありましたよね)も出来るかと思いましたが、「台車中心ピン位置の関係で不可」と釘刺されてしまいました(苦笑)。まぁせっかくのDD車なので、抜きのほうが勿体ないってものでしょう。

 DD車はCADよりも更に魅力をあげています。
 屋根カーブも。そして側面の「時代祭絵巻」も狙い以上の効果出ておりませんでしょうか?
 
◆◇◆◇◆◇◆


 梅田イベント、ますます楽しみになって参りました。
 6300系(薬師山氏)に3000系。京阪神私鉄全盛だった、あの時代を象徴してきた車輌が並んじゃうんですね。
 で、スケールに色解釈も違いますけど(やっぱり臙脂は譲れない!)、拙作の京阪1900形との並びもやっぱり楽しみです。

 そういえば。
 G@ひたひた様のところにはあと117系が作業中なのでしたよね……。凄い。
 
posted by 関山 at 02:52| Comment(13) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする