何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年06月30日

【作品紹介】気分屋様の東京都交通局 5300系電車。リアル系窓割の威力。車体断面の効果。

 先の埼玉レゴオフ会2014で公開された新作です。

 実車は都営浅草線(別名「1号線」)の東京都交通局持ちの車で、1991年からの投入。
 通勤型なのに大胆な流線形やアルミ車体への塗装。ユニークな車内デザインなど良い意味でのバブルカー的?通勤電車。 (wikipedia)
 前面のみならず、車体断面でも丸みの強い車体は大変にリッチな印象を与えます。


<実物写真:wilipediaより>

 ただ、京急線内だと京急の車両クオリティが総じて高いため(セミクロス車は言うに及ばず、ロングシート車であっても、ふかふかのシート)、都5300は正直「ハズレ車」の印象が否めません。
 でも、1990年代以降の京急の豪華化への方向を示したのも都営5300系という考えもできますかも? 少なくとも旧1000や1500の更新前が浅草線直通に、線内快特には700まで使われてた時代だと都営5300は最高の「当たり車」であったのでしょうね。


 実物雑談はともかく。

 気分屋様の作品はとりあえず3両が先行落成。但し、フル編成が目標とのことです。

 一番難しそうな前面窓は3x6の大型キャノピーで再現。これが不思議と違和感ありません。平板なはずで、しっかり丸みが伝わってきます。
 その上で、前面窓上下のカーブスロープ処理のお陰で更に丸みというか流動感が加わる。
 ヘッドライトは実物は丸目ですが、この角目でもしっくり来ています。

 前面窓内部は「ガラス区切り」の部分をもっと密着させるとそれっぽく見えるかも知れません。
 また、行先表示器や運番表示器も「らしさ」を強調する意味で強力な武器になることでしょう。

 複雑な形状に挑戦されているのは連結器廻り。
 連結器・胴受け廻りの板状の表現がパネルなので、精細感が出ています。
 個人的な好みとしては隙間を承知のうえで張り出し部分+連結器は床面に水平であって欲しいとも思うのですが、でも前面逆テーパのスムーズ感優先されてる表現も捨てがたく。

 スカートは後期車のロングスカート。結構複雑な形状をこなしています。


 車体断面が屋根の丸みの強い……いわば「なで肩」を再現しきっていましょう。これが5300系らしさを強調。
 側窓はG@ひたひた氏考案の部分横組とフリーな順組部分併用の「箱根細工」的組み方。内部は構造材と補強でぎっちり。
 そのお陰で、素晴らしく存在感・現実感のあり、そして「レゴ離れ」した雰囲気の側面になっています。あの組み方はインテリア作れないとかパーツ数が嵩むというデメリットこそありますが、それを覆せるメリットもあり。
 台車はバネ表現が好ましいのですが、どちらかと言うと昔のコイルバネ的な雰囲気でしょうか。でも、精細感はあり。


 この角度からだと、京急線内のカーブだらけのイメージが伝わってきます。
 
 編成強化、期待しております。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】埼玉レゴオフ会 速報版「過去最大級の総合オフ?」

 参加人数58名。 去年の倍。
 幸いにも思ってたより部屋が広かった(午後)ので狭い感じはありませんでしたが。

 メンバー、作品とも凄く「濃厚」でした。
 個々の作品写真の紹介よりも、まずは速報編として概略をお伝えします。

 あんまり良い写真ではありませんが。申し訳ない。
 今回はテクニック系がものすごかった。GBC(グレート・ボール・コンストラクション? 「ピタゴラ的玉転がし」)の大規模実演。テーブル3つに渡る大規模なもの。
 ここまでのモノが可動しているのは初めて拝見しました。感動です。


 もう一つの目玉が「街並み計画」。
 鉄道やクルマのサブセットではなく、独立してモジュールビルの街並みを作ってしまう! 相当なクオリティなモジュールビルが集まる。道路もレゴパーツ製。あえて言うなら「BFT2014」と。主宰の片岡氏お疲れ様でした。


 あと、巨大ロボ系。モコ氏のガンダム。スケール感喪失するサイズ。


 ニクル作品もスケール感喪失する巨大サイズが。大型パーツが大型に見えません。


 おなじみニクルマン氏も今回パワーアップ。肩飾りも「グッズ」ではなく、れっきとしたレゴ部品(驚)。システムニクルの建物に使われた部品と、ダース・ベイダー用マント。


 巨大といえば空母。ミニフィグスケールの空母なんて初めて見るものです。物理的に可能なのですね。

 零式艦上戦闘機。外見もみごとですが、車輪の格納。操縦桿操作によるフラップやエレベータの可動。ギミックも。

 ミリタリー+萌。
 キャラクターモデルとウォーターラインの組み合わせはレゴ界も席巻か? 

 カツマタ氏持ち込みの、「49年前」のレゴモータの可動デモ。
 ビンテージというか、歴史がここにあり!

 4幅車もTamotsu氏の尽力によりオフ会の定番ジャンルに。
 撮影背景用のガソリンスタンド。オールドアメリカンな雰囲気にはマスタングが似合いすぎる……。


 さて。
 劇濃なイベントではありましたが、今回はトレイン系にはあまり作品数なし。
 「新作」が気分屋氏の都営地下鉄5300系と拙作の旧ビスタカー程度。やや寂しい(この世界は西高東低なのかも……?)

 まぁ、他が盛り上がった分「今は」おとなしめで良いのでしょう。
 トレインジャンルの「本番」は8月ですからね!

◆◇◆◇◆◇◆      ◆◇◆◇◆◇◆


 写真のないジャンルですが、パーツの交換なども盛んに行われていたようでした。多くの方のパーツ環境の向上に貢献があった模様。八王子オフに次ぐ、ミクセルの袋内早組も盛り上がる。

 また、エリック氏による「JLUG(JAPAN LEGO USER GROUP)」立ち上げの話もあり、大きな関心を寄せていました。

 大きく、そして濃厚な催し。
 しかし更に大きな流れへの下地にもなりつつある。そんな流れを感じたのでした。


 <蛇足>

 関山は「旧ビスタカー」で往復してきました(嘘)。
(実際の往復の足は京急2000形/2100形/あとはE233系(笑))

 なお、終了後に有志でクリブリ行ってファミレスで二次会行って……ここは良い意味で昔ながらの小規模オフ会ムードで盛り上がりも有りましたのでご心配なく(笑)。大は小を兼ねる?

 
posted by 関山 at 08:42| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする