何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年06月20日

【自動車作品】BMW 2002 関山なりの解釈

 先にも触れたよう、Tamotsu様のBMW 2002は画期的な作品でした。


 先方記事:【レゴ作品】BMWでストック VS スタンス対決

 先人に敬意を示しつつ、後発なりの解釈でまとめてみました。

 実物について:wikipedia BMW・02シリーズ

(写真はwikipediaより)

 管理人の世代だと既に「BMW=大きめの車」だったので、予備知識無しで初めて実車見た時に「コンパクトで、締まってて……格好いい!」と。その意味で、後世のZ3とも印象が近いです。

◆◇◆◇◆◇◆

 

 さて。あの時代のBMWで目立つのは多面体的造形というか、恰もレゴの車屋根パーツの如く面取りのされたボンネット。ここを「車屋根」で作ってみたかったのでした。
 無論、Tamotsu氏が避けられた理由も想像がつきました。ボンネットの長さが必然的に決まってしまい、車全体のイメージがやや大きめに支配されてしまう。「マルニ」のコンパクト感が出難い
 あぁこりゃ……ダメなんだと。

 でもホイールベースやリアオーバーハングを1ポッチづつ変えて試行錯誤(実は2シーターセダン化も検討しました、もう別の車ですが)。意外なところで小型クーペらしく見えるバランスを見出す。結果的に先人の作より1ポッチ縮めて落ち着いたのでした。


 ボディカラーは黒。フロントを固定するブラケットパーツの関係上、現状「手持ち部品」では他に選択肢はなし(笑)。そこから全体のカラーリングも詰めてゆきます。新灰のモールライン。そして新濃灰のルーフ。トランスライトブルーのウインドウ。

 ホイールは最初からスポーティな5スポーク。この車はノーマルといえどスポーティなイメージ強いですから。車高では、Tamotsu氏作品のノーマルと車高下げ車の中間値に。
 あと、ルーフは前後逆に使うのが好きです(笑)。まぁ他の拙作も皆そうですけど。


 変えたというとフロントバンパーの表現。
 最初1x4のカーブスロープ(両側傾斜)を試してみましたがどうしても重苦しくなる。側面とのバランスも悪い。そこで思い切ってサイドシルも1プレート張り下げたらバランスは良くなりましたが「1970年代の欧州車のノーマル」っぽくは見えない。フルエアロっぽく見えてしまう(それはそれでありですが)。

 そこで、キドニーグリルのためのグリルタイルの半分隠しは、4Lバーを用いたバンパーにペグさして「肉増し」したものにしました。これでもカーブスロープよりは遥かに軽快に。
 側面もノーマルらしいロードクリアランスに。

 まぁ、グリルが完全に隠れきっていないのでBMWじゃなくて他の車に見える懸念は少しありますが。

 
 先に作った「Z3」と。「マルニ」の方が少し小さいです。実車もこんな比率かしら。


 「タイニーモジュール」と4幅車の相性って最高! 漂ふ「欧」のかほり(笑)。


 その他画像こちら(少ないですが):brickshelf

 最後に。モチベーションとアイディアをくださったTamotsu氏に改めて感謝を。
 あの作品がなければ、BMWの……というより、「あの時代」の「あのクラス・カテゴリ」の魅力に気がつくの、もっと遅れたかも知れません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】「LEGO FUSION」リアルビルドをバーチャルに取り込む?

 情報源はEurobricks等。



 どういう製品+サービスかというと
「作った建物を規定の枠において、スマホカメラで撮影」
「スマホアプリがCAD化データ化」
「アプリ内のバーチャルな街に、CAD化された建物を並べて街が作れる。そこでゲーム(シムシティ系?)も出来る」
 というもの。
(「続きを読む」以下に公式解説の和訳貼っておきます)

 LDDで設計しそれをリアル化するという、昨今?流行りの方向性の真逆ではありますが、バーチャルによって「部品数の制約」から逃れるという方向性だけは共通していましょうか。

 大人買いばかりしてて「保管場所に悩む」日々送ってるとつい失念してしまいますが、自分が7−12歳の頃って「パーツ数の制約の中でなんとかやりくり、建物一つ作りのが精一杯。並んだ街は……脳内でイメージ」でしたからね。その意味では「可能性」は高い企画だと思います。常識的な数量のブロックで街が作れるのですから。
 また、「リアルブロック」はLDDよりはUIとして優れて?いましょうか。

 ただ、カメラで認識できるのは飽くまで「平面」です。
 製品イメージなど見る限り、建物の前面だけを作成し、立体化は「奥に引き伸ばす」感じの模様。ガチなビルドしているとそこは魅力に欠けるか。

 また、レゴ社はバーチャルとリアルの融合では余り成功しているとは云えませんから(LDDとかのCADは飽くまでレゴ社「非純正」のサービス)、不安要素はなくもない感じ。
 というか、バーチャルより「リアル」のほうが圧倒的に楽しい! のがレゴ社のバーチャルがうまくいかない最大の理由だと思うんですけども。こればっかりは人類の価値観が根本的に覆らない限り無理でしょう(笑)。で、どう考えてもリアルでブロック売れるほうがレゴ社は儲かるはず……ですから、価値観は覆らないほうがよさそうです。

 とはいえ。
 バーチャルというか、ゲーム側の観点でこの製品を捉えると、ゲームのエディット(※)を、「手慣れた」レゴブロックを通して出来るという考え方もできます。その意味では可能性は高いのかも知れません。或いはリアルな「パネキット」か???
 ※:ツクール系とか、或いはファミコン版ロードランナーとかにあった「ステージエディット」。

 そんなわけでこの企画の成否はゲームアプリの方の出来にも依存しそう。
 「パネキット」(地味な名作)ならいいですけど、「ゼクシード」(地味にクソゲー)じゃちょっと……。
 パネキット(PS 1999):wikipedia
  ……バーチャルビルド・バーチャルゲーム
 ゼクシード(PS 1996):wikipedia
  ……リアルビルド・バーチャルゲーム?

 製品は4種類リリースです。8月から9月に。各35ドル。

 ゲーム性はタワーディフェンス系か?

 ゲーム性はそれこそ「パネキット(但し車限定)」か?

 ゲーム性はやはりシムシティ系?

 共通のキャッチフレーズは「リアルビルド・バーチャルゲーム」。
 US内のレゴストアとトイザらス限定とのことで、日本はともかく、欧州での発売も未定な模様。

 もうひとつ不安要素を重ねるなら、対象年齢は7−12歳。
 この年代層のiOS/Androidの普及率? 親の型遅れを貰うケースもあるので、意外と高いのかもしれませんけど。でも、カメラ付きの携帯ゲーム機じゃダメだったのかしら?
 <<続きを読む>>
posted by 関山 at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする