何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年06月18日

【自動車作品】BMWのライトウエイトスポーツ Z3

 ついこないだまで、レゴ4幅車界隈では「BMWは鬼門」とか云われてたような(笑)。
 名車が多く、また街で普通に見かける車でもあるので避けるどころかむしろ作りたい題材。
 しかし、肝心のキドニーグリルの表現が難しかった。

 そこを突破して下さったのが、Tamotsu様の「BMW 02」でした。


(先方記事:【レゴ作品】BMWでストック VS スタンス対決
 問答無用でそれっぽく、そして格好いい。
 
 最初はコピーしつつ、自分なりの解釈入れた「02」のモデルを考えてたのです。二つ目のBMWの小さめのモデルはなかなか魅力的ですから。

 でも、自分なりの解釈には部品がひとつ足りなかった(ブラケット 1x2-2x4 93274)。まさか手許にひとつもないとは……?
(って記事書きながら気が付きました。黒いのがTGVに入ってたわ……)

 で、実はキドニーグリルは別の表現もあったの思い出してました。BMWじゃない車作品(アメ車パトカー)に使われてた手法ですが(作者名失念:失礼!)、文字タイル「D」を向かい合わせに使うやり方。
 この方法だと、平べったく変形した今様のキドニーグリルの表現になります。
 
 すんなり脳内にライトウエイトスポーツ、Z3の姿が浮かんできて「作れる!」と。

 実物詳細こちら(wikipedia)
 1996-2002年に製造された「アメリカ産」のBMW。日本でも割と見かける機会は多かった気がします。


 この車のイメージは「ロングノーズ・ショートデッキ」。1990年代の車、それも小型車にしては大胆なバランスでしょうか。実際の性能はともかく、スポーティさは同カテゴリ他社製品より上に見えますよね。
 2Lクラスで初期型は5ナンバー枠に収まってたくらいですから、大きく見えないようにも留意。

 背景は#31026。やっぱり4幅車が似合う。
 余談ですが、ミニフィグ合わせるなら今の車には(いや、15年以上前の車ですが)、今の解像度の高いトルソ・ヘッドじゃないとしっくり来ません。
 一方、レトロな車にはレトロなミニフィグ……かというとそうでも無いのですが。
(レトロな車でも、4幅車モデルって「最新部品てんこ盛り」ですものね。また、現実にはレトロな車を今のファッションで乗りこなされてる方を見る機会も多いわけですし)


 ワイドトレッド用のホイルホルダ、これ使うと車検通らぬタイヤが車幅からオーバーした車になってしまいます。しかし。
 4幅車に関しては、広義の「オーバーフェンダー」という解釈もできるように感じますが、如何でしょうか?
 低車高のスポーツ系だと特に違和感は無いのですが……。


 リアビュー。ハイマウントストップランプあると、今の車に見えやすく。


 オープン。飽くまで「オマケ」。


 過去に何台かクーペカブリオレの可変機構を内蔵した車も作りましたが、普通は「差し替え変形」で十分ですよね?

 あと、個人的なコダワリなのですが、オープンの車は原則、幌を展開した状態を前提に作ります。
 何故かというと、製品に多い「屋根つけるコスト省いてオープンししただろ」ってコダワリ皆無の作りが嫌だから(笑)。実物だとカブリオレのほうがクーペより値段高いのに(笑)。
 

 ボンネット内に余裕があるので、ヒンジ使ってグリルやライトに角度をつけています。最初は無角度垂直で作ったんですが、実車は結構「寝てる」感じがあります。


 シャーシは%30029使用。
 ひたすら車高を下げるのに便利。乗用車、特にスポーツ系は「ノーマル前提」での車高は低くなければいけませんから。
 或る程度キープしておきたい部品です。ホイルベースが縛られるのと、ワイドトレッドのホイルホルダしか使えないのは欠点ですが。

 その他写真(brickshelf 検閲済)

◆◇◆◇◆◇◆


 そんなわけで、久々の4幅車。
 電車ほど大量の部品は消費しない代わりに、特定の代用不可の部品に縛られるのが4幅車ビルド。部品管理・捜索に別のセンスが要されるなぁと。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする