何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年05月20日

【イベント】群馬レゴオフ会レポート:自動車篇

 鉄道篇こちら:http://legotrain.seesaa.net/article/397426349.html


 主催のTamotsu様の動画レポートこちら(youtube)。

 撮影・編集。余りに巧いです。自分の記事上げるモチベーション下がりまくりです……(苦笑)。
 車メインと言いつつ、少しトレインのシーンあるんですが、これがまた撮り方巧い!
 0:45辺りの阪急のシーン。脳内に1970年代の「西宮北口」が再現されちゃいましたよ(2800の2ドアは西宮北口に来ないぞっていうのは云わない約束)。awazo氏のEF57も格好いい。件の踏切や信号の動作も入っていますし。

 また、自動車系の画像レポもこちらに上がっています。流石に説明が熱入ってます。
【オフ会】群馬レゴオフ2014 画像レポート


 気を取り内して、関山なりの自動車系・ミリタリ系のレポです。押さえてない作品が多すぎるのですがご容赦ください。

 BUCHI氏の大量の黒塗りセダン軍団は怪しさ炸裂。接近するパトカー。そして遠目に見守る?街宣車。物騒な狙撃者たち……。いったい何が始まるんだ?
 こうした微妙な情景がさらりと造られるのはオフ会ならではの楽しさ。

 ドイツな名車たち。VW・BMW・ポルシェ。バスは一応、メルセデス・ベンツですよ!

 カーショウの楽しさ。ノーマル嗜好だとここまで楽しめない。改造車をさらりと自由に作れるセンスは凄いと思うのでした。このカラーリングも綺麗。

 同じく。車のダンス。

 ミリタリー。あまり撮影せず後悔しています。SIGEZO氏の空モノが安定の完成度なのもありますけど、奥の海モノ「ウォーターライン」がえらく気になります。もっとしっかり見とけばよかった。サイズの小ささゆえに密度感がありますし、膨大なディテールをセンスよくディフォルメするセンスも要されましょう。
 実物プラモもウォーターラインが売れるようになってきた昨今、レゴの海モノも伸びてきましょうか?

 カーショウ全景。奥の建物は撮影用のハリボテとのことですが、背景としては十分に過ぎるもの。ロードプレートもやはり必須品ですね。道幅の広い現行品がやはり使いやすいか?

 SIGEZO様の新作。シュビムワーゲン専門ショップ。インテリアまで作りこまれた力作。
 「カーディーラー」「カーショップ」というのは、自動車作品を支えるインフラとしてもっと造られて良いジャンルかも知れません。

 同じくSIGEZO様のボーイング737。去年のミリオフ以来の再開ですが、このインパクトは会場を支配しうるものでした。民間輸送機モデルというのもいろいろ考えさせられますね。作りたいプロトは多かれど、なかなか進出出来ないジャンルでもあります。

 しづをか様の街宣車。街宣車としてネタモデルで見るよりは、「実に出来の良いエスティマ」に見えるのは管理人だけでしょうか?ノーマル、意外とありかも。
 あと、この種のワゴン・バンは4幅車的に未開拓ジャンルでもありますし(除くVW)。バニングって古典的ジャンルもありますが、そのへんの話は主催者殿にお譲りします……。

 実は会場に来るまでにAWAZO氏と「BMWって4幅じゃやっぱ無理だよね。あのキドニーグリルどうやって再現すりゃいいのよ?」なんて会話で盛り上がってました。
 それだけに、このオレンジのBMW見た時のショックときたら。肝心のキドニーグリルはシンプルに半バメして押さえつけるのみ。いろいろな車種に使えそう。

 右の赤いのはそのawazo氏の久々の4幅車新作。ダルマセリカ? 1970年代なかばの日本車っぽさが炸裂していて(いや、イタ車っぽさもあるか?)鮮烈なモデルでした。あの時代の国産車は未だ難易度高いと思われていましたが、今後は流行りますか?

 BUCHI氏の懐かしい作品。今観ると光岡っぽいですね。あと、シルバニアファミリーの「おでかけファミリーカー」っぽくもあります(ファビュランド復活しないかなぁ……チーマじゃなんか違うし)。

 同じく。BUCHI氏の旧作。2003年ころ登場した新車屋根部品を使いこなした低車高のモデルは当時なりにインパクトのある作品でした。今の目で見ても色褪せません。シンプルな高級セダンを志向しているのも、ついゴテゴテ装飾付けたくなる傾向へのカウンターとなっていましょう。

 改めて、全景。この密度が堪りません。

 改めて、主催されたTamotsu様に感謝申し上げます。

 蛇足。ハリボテ?の中身。格納庫というか倉庫というか閉鎖されたモール的というか。このちょっとアングラ系の空間はもっと有効活用されても面白かったかも知れませんね。写真は取りにくいですけど(笑)。

<続:未だ続きます>
posted by 関山 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#71007 Minifigures Series12のリスト

 シリーズ12といってもピンときませんが、「レゴムービー」と「シンプソンズ」を含めると第14弾となります。
 久々のレギュラーシリーズでもあります。

 情報源はこちら。facebookのKockaMánia.hu氏の投稿より。
 Space Miner
 Battle Goddess
 Wizard
 Dino Tracker
 Swashbuckler
 Jester
 Piggy Guy
 Hun Warrior
 Fairytale Princess
 Pizza Delivery Man
 Video Game Guy
 Spooky Girl
 Prospector
 Genie Girl
 Rock Star
 Lifeguard
 以下関山コメント。
「Space Miner」宇宙の炭鉱夫。昔そんなタイトルのOVAありました。でもまぁSF的テーマとしては王道の一つかも。
「Battle Goddess」戦いの女神。これは素直に期待できる?
「Wizard」古風なとんがり帽子の魔法使いでしょうか? 定番だけにどう変化つけてくるか。
「Dino Tracker」恐竜の追跡者……? いろいろな解釈ができます。
「Swashbuckler」直訳は暴れもの、ですが。これも解釈幅広そう。画像検索だと銃士みたいなのが。それなら人気でそう。
「Jester」道化。一時期お城シリーズでよく入ってましたが。最近はご無沙汰ですよね。
「Piggy Guy」定番のアニマルスーツ。今度は豚さん。そろそろ軽音部の勧誘できそう
「Hun Warrior」フン族の戦士。古代重戦士枠かしら。期待。
「Fairytale Princess」お伽噺のお姫様。最近は「姫」フィグもそれほどレアじゃないので、どうやって差別化してくるか?
「Pizza Delivery Man」ピザ配達。意外と今までなかったですよね。
「Video Game Guy」ゲームセンターあらし(意訳し過ぎ)。って云うのは冗談としても、ゲーマーはゲーマーでも古風な感じが、ビデオゲームって言い方に。ヴァーチャルボーイとかパワーグローブ装備だと嬉しいな♪
「Spooky Girl」お化けの、幽霊の少女。期待できるようでもあり、期待外されるととんでもないのが来る可能性もありますよねぇこの手は。過渡な期待は避けときます。
「Prospector」試掘者、探鉱者
「Genie Girl」ジン(ランプの精)の女の子版。素直に楽しみ。青肌も使い道あるでしょう。
「Rock Star」どんな雰囲気なんでしょうか。楽器は新作で願います……そろそろベースも欲しい。
「Lifeguard」以前もありました。どう差別化?
 
 そんなわけで、割と期待できそうなシリーズです。
 極端な「ハズレ」アイテムも無さそうですし(アソート次第ですけど)。10月発売とか云われているので、画像出てくるのはもう少し先でしょうが……。
 
posted by 関山 at 13:24| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする