何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年05月10日

【鉄道作品[日本形]】阪急9300系の試作(続:反省篇)

 <参考:before>

 まず教訓。
 試作品というのは、最低一晩は空けないと正当な評価しちゃいけません。
 できたばかりの時は微妙にハイになってるので、「意外といいじゃないか」とか思いがちです危険です。

 そんなわけで、試作の翌朝になって記事にまでしてしまった9300系試作構体見て、おもいっきり後悔。

 側窓、デカすぎ。
 前面は平べったすぎ。実車は「縦長」というか「ウマズラ」なデザインです。
 屋根部分(白塗り部分の)のボリューム感、無さすぎ
 トータルとして「丸み・流動感」が足りない。
 あと、言葉にしづらい違和感……。




 嘆いてても仕方ないので、試行錯誤のすえ此処まで改修してみました。
 先ず、車体高を「1プレート」上げる。前面も側面も。これで屋根部分のボリューム感を改善。
 そして、前面の平べったい感じも収める。省略してた窓下の手すりも再現。
 更に折妻の後退角を変更。2800と同じく半ポッチ分の後退だったのを、0.75ポッチ分に。つまり角度を強めに。実車の丸みというか流動感が少しは強まったかと。
(外見は僅かな差に過ぎないのに、内部構造が全く変わってくるので、かなりの大仕事)

 仕上げに屋根肩部分。正面方向幕真上の1x1タイルをポチスロにして、貫通扉に繋がるラインをボリューミーに。「言葉にしづらい違和感」はこれで解決……?

 飽くまでテスト構体ですが、白い装飾ついた屋根は全長に伸ばし、またダミーの床下機器もつけた由。ここまでやらないとイメージが掴みにくい題材なのです。

 で、肝心の側窓は悩みました(この写真では前後で仕様変えています)
 流石に側ドアは窓小さくする方向で統一ですが。

 「2x2パネル+クリアプレート+高さ稼ぎの窓枠上辺灰色」版(mazta-k様のご意見)。
 窓小さめにしたほうが全体の精密感が上がり、また全長を少しでも長く見せられるメリットもあり。

 ただ、窓まわりが煩雑な感じがすることがデメリット。21世紀現在のシンプルな車体だと、意外と窓枠上辺の表現も悪目立ちする感じがします。タイルで窓の大きさかせいでる部分もちと気にならなくもない。
 また、阪急というより近鉄の通勤車的な側面になるのもちょっと。
 そのうえ9300系造ったつもりなのに「9000系ですね」と云われるリスクも。

 「3x4パネル」版。
 すっきり感+実車の「妙な大胆さ」の再現って意味で捨てがたし。
 似てるかというと似てはないですが。でも他の何かには見えないのはメリットかもしれません。少なくとも9000系には見えない(笑)。
 車高を1プレート上げたことで、多少は大窓感がゆるいだのもあります。

 何よりドア窓を小さくしたので、側窓が大きくても全体での纏まりが良くなったのは大きかった(g@ひたひた様のご意見)。

  「3x4パネル」版を真横から。
 今のところ「3x4パネル」版に傾いてます(……コスト面も有利ですし)。

◆◇◆◇◆◇◆


 ともあれ、試作からは二晩空けて随分落ち着いて来ました。

 読者諸兄に見苦しいもの見せて申し訳ないというよりは、「制作過程・改良過程」を晒してるので何かの参考になったかも知れないと言い訳をば(苦笑)。

 それ以前にご意見をいただけたのは大変に助かりました。特に「ドア窓を小さくしたら」という提案がここまで有効でしたとは。
 
 2800との並び。改めて。
 新旧どっちも大好きです(2800よりもっと古いのも……)。
 
◆◇◆◇◆◇◆        ◆◇◆◇◆◇◆


 おまけ。9300系改の、折妻の固定方法。
 「水平クリップ−レール付きプレート−水平クリップ」で微妙な位置・角度を決めてる由。レール付きプレート(タイルなどでも可)は、飽くまでクリップ同士の「中間体」であり、他とは一切固定されていません。
 クリップで直にプレートを留めると0.25プレート分位の微妙な高さ方向の差が出てしまうので、これを吸収するために中間体が必要になる由。

 貫通扉は上から吊り下げてます。
 全体で「ヒンジ」は一個も使ってないのもポイント(色の制限ありますから。新茶は激レア……)。

 以上、参考になれば。
 
posted by 関山 at 19:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】再告知;群馬オフ会は来週土曜日 5月17日!



 Tamotsu様主催の、群馬レゴオフ会はいよいよ来週土曜日、5月17日に迫って参りました。
 直前情報ではありますが、関山も参加です(……あとトレイン系で古めの人が2名参加予定です)。
 ED12(西武E51)と、475系電車 5連は多分確実に持ってきます。他、可能なら未公開新作も。

 東京からはガチで「日帰り小旅行」な距離ではありますが、開き直って旅行気分で参加するのも有りかも知れません。

 詳細及び、参加表明は以下にお願いします。
 

posted by 関山 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする