何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年05月02日

【レゴ製品】#21108 ECT0-1のパッケージ画像など公開

 #21108「ゴーストバスターズ Ecto-1」の製品サンプルが提案者のところに届いたようで、画像レビュウをされています。
 cuusooへの提案版と製品版が「並ぶ」のも初めてのことではないでしょうか?

 情報源及び画像は「THE BRICK FAN」より。

 <追記>更にその元はfacebookの「LegoGhostbusters」より。


 箱。これまでのcuusooと同じく、開閉とか保管を考慮したパッケージです。
 デザインもオトナ対象の渋さ。文字情報の少なさはレゴの良さ。

 ミニフィグに右の製品版の方が、解像度がぐっと高くなっています。どっちが似てるかは感性の問題もあり、難しいところですが……。

 箱裏。車内には4人が収まるようです。ゴーストバスターズ30周年記念ロゴ入り。
 なお、cuusooではなく「LEGO IDEA」のURL表記……。cuusooよ永遠なれ?

 左の提案版。右の製品版。
 製品版の方が一回り小さい。それでいてフォルム・ディテールなどは維持している。このアレンジは正しい意味でプロの仕事でしょう。

 日本では6月下旬に発売。手元に届くの、楽しみになって来ました。
(で、その直後にはトレインやアーキテックもありますから忙しい6−7月……)
 

posted by 関山 at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品:トレイン系】Me-modelsの大曲線レール、キックスターターで出資を募る(1)

 キックスターターについて説明するところから記事書かねばならないので正直及び腰だったのですが、先に「レゴ系」さんで記事にされているからには、細かく解説することにします。

◆◇◆◇◆◇◆


 なお、キックスターターそのものについてはこちらを参照ください。
 コタク:今さら聞けない? クラウドファンディング「Kickstarter」の投資方法まとめ

 gigazine:「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ

 先ず、商品の購入ではないということに注意が必要です。飽くまで先行出資で、その見返りとして商品が送られてくると考える必要があります。

 支払いはamazonペイメント(amazon.com)を利用します。amazon.co.jpではダメで、あとpaypalも対応していません。とはいえ海外通販・個人輸入の経験あれば大丈夫でしょう。但し要クレジットカードです(VISAデビットは対応不明。多分大丈夫だと思いますが)。

 「出資額に満たない場合はどうなるか?」が気になる方居らっしゃると思いますが、この場合は引き落としがされません。すなわち全額返金です。(達成されて、初めて引き落としがされます)
 この場合は心配はありません。
 
 寧ろ、リスクがあるのは達成後でしょう。
 この場合、最悪商品が送られてこないこともあります。詐欺的意図がないにしても、大幅な遅延はよくあることらしいです。

◆◇◆◇◆◇◆


 Me-modelsのプロジェクトページはこちら。

 これを話題にしている、Eurobricksのフォーラムはこちら。





 現在、79000ドルの資金募集に対して、18282ドルが111人から集められています。
 期間はあと14日間。
 最初は勢い良かったのですが、期間半ばになってちょっと落ち着いてしまってる感はあります。
 但し、締め切り間際の出資は集まるかもしれません。


 さて、Me-modelsが信用できるかどうか。これは難しい問題です。
 過去に製品(金属製直線レール)を購入した経験から云えば、クオリティ・サービスは問題ありません(弊ブログのレビュウ記事

 問題は、2011−2013年と何度も大曲線レールの製品計画を延期・中止してきたこと。
 自己資金での開発に限界があるがゆえの、キックスターターの利用のようなので、様々な問題の突破点にされようとするのは分かるのですが……。まとまった資金あれば金型・工作機械を自分で揃えることもできましょうし、外部業者に発注もしやすくなります。

 とはいえ、Me-models自体はEurobricksなどのコミュニティに積極的に参加されてるという姿勢。
 また、過去に何も生産や販売を行ってない「素人」ではなく、経験ゆえの「失敗者」であるということをプラス要因として見てもよいかもしれません。
 失敗のない未経験者と、失敗もある経験者。出資すべきは後者でしょうから。


 もう一つだけ不安要素があるとしたら、計画してるプロダクツの種類が多すぎること?
 既に試作品は完成している金属製のR56(56ポッチ半径:ちなみに通常曲線レールは40ポッチ半径)と、金属製直線レールの再生産だけならともかく、R56/R72/R88/R104のABS製レールも製造予定と。
 ここは絞った方が安全に見えるのですが……。
(流石にR72以上はプラ製のみにして、金属化はユーザ対応にされたのは賢明だと思います。プラ製のレールでもアルミテープ貼れば9Vとして実用性はありますから。少なくともフレキシをABSボンドで固めた奴よりは優れていましょう)


 内側からR40(レゴ公式)、R56、R72、R88。
 実現するなら、魅力的なラインナップですが……。

◆◇◆◇◆◇◆


 あと、Me-modelsによる、今回の出資締め切り後の製品の継続生産予定は不明です。
(キックスターターの規約上は出来ないとなっていますが、Me-models直販は可能でしょう?)

 但し、今回の出資では「海外発送一律、プラス10ドル」というのが「美味しい」かもしれません。
 アメリカからの場合、レールなどの重量品は結構送料が高いのです。15ドルから数十ドルは覚悟しなければなりません。これが10ドルで済むなら大変にありがたい話なのです。
 
<続>
 
posted by 関山 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする