何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年04月09日

【実物鉄道】トイコーの阪急電車。9000系電車のレビュウ

 結局、購入してしまいました。
 この種の玩具は絶版になると入手が絶望的になること。その際には中古品がまともなコンディションじゃないであろうこと(元来の対象年齢鑑みれば当然)。そんなことから「普通に買えるうちに」と決断した由。あと、実車が引退するくらいの時期になって懐かしさで眺め回すのも楽しみじゃないですか(笑)。あ、でも阪急は余裕で50年電車使い倒す会社でしたけど(苦笑)。


 造形は上回りに関しては「完璧」といいたいクオリティ。
 対して、足回りはトイ的です。でもまぁ対象年齢とかコストとか耐久性鑑みればこれでよいのでしょう。

 調色の難しい?阪急マルーンも「完璧」。今の阪急のマルーン。
 ただ、屋根のクリーム色が濃いのはちょっと気になりますが(個人的には十分許容範囲)。

 なお、前後とも連結器はありません。二両繋いで遊べないのはちょっと残念?
 しかし、妻面の精巧さは驚かされる部分。外幌とか、貫通扉の塗り分けとか、パンタ配管、通気口とか「マジ?」と言いたくなる水準です。30年前の「鉄道模型」でもここまで精巧じゃなかったんですよ。

 表記類も完璧と言いたいのですが、前面のナンバー書体は阪急らしくないのがちょっと残念。
 でも、側面はきっちり阪急書体です。

 わかりにくいですが、車内はシートの表現があります。それも緑に塗装。よく見るとロングシートの間仕切りまで。自分が子供の頃だったら狂喜乱舞したでしょう……。
 当然、ドアは左右別に開閉できます。梅田駅1号線気分で右空けて降車。左空けて乗車なんて遊びも自在。

 サウンドボタン
 1:車内アナウンス。「本日は阪急電鉄をご利用いただき……」走行音入。
 2:ベル→運転士発車合図。
 3:警笛。割といい音♪
 4:起動、加速音

 タイミングよく2−4−1と押せば、ドア閉め・発車・発車後のアナウンスと続けた音になります。
 購入して2週間ほど、一日一度は鳴らして遊んでました(笑)。音質は過度な期待しちゃいけませんけど、価格考えれば上等。
 サウンドってこの程度の価格の玩具にも入れられるものなんですよね。
 Nゲージなどに普及しないのは不思議ですし(DCCほど本格的なものじゃなくても、何らかの遠隔操作は出来るでしょうし、もっとアナログな方法もあるはず)、我々の身近にある「赤外線リモコンの電車」になかなか実装されないのは残念でもあります。

 裏面。ここだけは価格相応の「玩具」という感じがします。フリクション走行の車輪はもう少し内側よりのほうが、二軸アレンジとして説得力は生まれると思うのですが。

 展示台。これがシリーズ中、阪急9000を差別化している部分でもあります。
 レール幅が広すぎ。上の裏面写真の、走行用車輪の内側に合わせたゲージにしておけばもう少し見た目良くなったかも。
 でも、これがあると「阪急グッズ」として飾っておきたいモチベーションが上がります。やはり必然性は高い。


 サイズ比較。Oゲージサイズと言われるだけあり、レゴトレインよりは明らかに一回り大きい。


 ところで、この製品を三線式Oゲージに改造された方っていらっしゃるのかしら?
 Oゲージだと動力系もHOゲージのようにパワートラックをポン付けってわけにはいかないでしょうから難度は低くないと思いますが、このクオリティのディフォルメ電車が、往年のEB電関やら、アメリカンなトイトレインと同じ世界観にいたら楽しそう。
(自分がレゴやってなかったら、確実にOゲージかLGBのどっちかにはハマってたと思いますよ……)

 いやいっそ、トイコー自らが「廉価版Oゲージ」としてサウンドトレインシリーズを展開してくれたら面白いだろうなぁとおもったり。規格はきっちり45mm。でも線路はプラ製で廉価に(急カーブでOK♪ レゴトレインくらいの)。

 操作は赤外線リモコンで。無論サウンドは標準装備。
 プラレールの3廻りほどでかい電車が走り回るのは、絶対に楽しい。子供にも、そして親世代にも。
 でかい電車が走り回る感動はこのブログの読者諸兄なら既にご存知のはずでしょう。

 そのうえで、造形は今のプラレール以上のリアルさですからホビー性まで有する。手近になったOゲージが一気に流行るかも?

 そんな妄想まで引っ張ってしまう、秀作なのでした。
 
 比較2度目……世界観は近いようで、やはり、何かが違う。
 逆に云えば、拙作(2800)がそれなりにトイコーには迫ってることがわかって一安心?
 
 

 2372円。この価格でこのクオリティ! 箱も渋めでかっこ良い。商品名が阪急電鉄ではなく「阪急電車」なのもわかってる感じがします。あの映画もそうですけど、「阪急電車」という俗称出会っても商品化許諾通してくれる寛大さも評価すべきでしょうね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】#7938 14350円まで下がる……。ムービー/ディズニープリンセス/他

 

 26%offで14350円。
 でも、まだちょっと高い印象あり。実店舗でポイントあるところのほうが安い可能性あります。

 レゴムービーのセットの価格がちょっと落ち着いて来ました。映画観て気になるシーン、気になるフィグのセットを抑えるのはありかも。

 ロボヒゲの戦い 70807は33off
 おしおき部屋 70801は25%off
 ゲッタウェイ・グライダー 70800 は23%off
 アイスクリームマシーン 70804は31%off

 雲の上の宮殿 70803は22%off(値引きしょぼい。欲しいのになぁ)
 トラッシュチョッパー 70805 は31%off
 キャッスル・キャバルリー 70806は31%off
 クリエイティブ・アンブッシュ 70812は32%off
 (ミニフィグや小物が充実したセット!)

 このへんは悪くない価格です。
 おしごと大王のアジト 70809 33%off
 スーパーサイクルチェイス 70808 34%off
 バッド・コップの追跡 70802 36%off


 新テーマ、ディズニープリンセスもシンデレラ城以外は下がってきています。Friendsもそうですが、女児向けは希望小売価格がボリュームに対して低め設定です。 シンデレラの馬車はそろそろネタ購入もできるかも?

 ラプンツェルのすてきな塔 41054 32%off
 シンデレラのまほうの馬車 41053 32%off
 アリエルのひみつのたから 41050 29%off
 アリエルのマジカルキス 41052 32%off


 メリダのハイランドゲーム 41051 25%off
 シンデレラの城 41055 20%off 未だ品薄なんでしょうか。

 その他お買い得品?
 カーゴプレーン 42025は久々に34%off 12153円。税上げ前の33%off価格とは誤差範囲!
 くみたてキューブ 10681は33off。2504円で600ピース。但し中身は要確認。この種のセットは極端に好みがわかれますよね。パーツリストこちら(bricklink)。
 


 モトクロスバイク 42007は34%off 歴代テクニックバイクでは低価格。
 海賊船アンブッシュ 79008は41%off どうもLOTR/Hobbitは伸び悩んでる感あり。
 ブラックゲートの戦い 79007はなんと53%off 但し送料別途で630円。でも安い?
 そろそろ絶版か? フォレストポリスヘリコプター 4439は42%off 処分価格?
 

  銀の鉱山での決戦 79110は48%offで送料無料。6680円。「鉱山」をジオラマ的に切り取った造形は秀逸だと思いますし、ガンマンやインディアンのフィグも後日貴重になりそうな気がするのですが……当分はウエスタンはやりそうもないですし(苦笑)。


 なお、未だamazon.co.jpには未登録ですが、6−7月にはスター・ウォーズやレゴムービーの大型セットが来るようです。「宇宙船」は一般販売ありでホッとしましたよ……。
 

posted by 関山 at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】南海(海賊・Pirates)、再度復活。

 情報源Eurobricksより。
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=94235

 2011年のパイレーツ・オブ・カリビアンが早々と絶版になって以来。
 オリジナル・版権系ともに「南海の勇者」(Pirates)は休止状態。

 レゴの海賊船には一定の需要ありますから(それこそ「お城」位に)、それに応えられないんじゃまさに南海大飢饉状態。
(これ思えば、トレインはまだ恵まれてるんだなぁ……と思ったり思わなかったり)

 ですが、2015年の初頭?に復活する模様。正に朗報。

 さて。
 どんな雰囲気になるのでしょうか。2009年パイレーツは些かカラーリングが明るすぎる印象があって賛否割れるものでした(まぁあのころも復活を素直に喜ぶ雰囲気が主流でしたが)。
 POCは版権物なれど、色彩の渋さが注目されたもの。願わくばPOCの渋さでオリジナルの自由さがあればと思いますが……はて?


 ……ところで。
 ダークグリーンの供給が最近は著しく良くなってるので、そのうち電車の方の南海でも作ろうかしら(をい)。
 
posted by 関山 at 14:10| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする