何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年04月08日

【作品紹介】AP様の『「春」の鉄ジオラマ』。並木としての「桜」

 先方の記事です(他にも写真あります)
 http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/54647404.html


 満開の桜。ちょっと言葉が出てきません。花パーツ薄ピンクはやはりそれっぽいもの。
 巨木ではなく、小さめのを複数にして並木というか群生させたところがジオラマとしてはユニークですし、また先日の片岡氏の桜との差別化にもなっていましょう。
(比べて恐縮です。でも「どっちも良い!」のです)
 樹形に関してはシンプル?ですが、枝ぶりと花のボリュームで十分それらしく見せることに成功していましょう。

 参考写真。片岡氏のバージョン2(3月30日版)。客車はsauseiji氏の氷河急行。機関車は拙作のED12(E51)。
 

 幾つか掲載された写真ですが、このアングルは堪りません。
 「桜並木」からひょっこり顕れた小さな貨物列車という風情じゃありませんか。

 機関車は英国製のED17(ED51)。バタ臭い舶来車輌が日本の風土に馴染んでるという雰囲気。
 その意味でも、桜の下に置く価値はありましょうね。

 なお、出来れば別アングル、別の車両との組み合わせも多々拝見したいものです。
 特にローアングル……強いて言えばミニフィグ目線……も素晴らしい魅力を放つであろうと思うのですが……如何でしょうか?
 このジオラマのクオリティなら、線路脇で「実物」写している気分さえ味わえそうに思えるのです。


◆◇◆◇◆◇◆


 さて、予告編として一枚だけ。片岡氏・AP氏に対抗して?
 ぎりぎり間に合ったリアルな「桜」で撮影してきました。車両含めて詳細は後日。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】suu様のナローゲージ編成。充電式で森林鉄道風?



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=541344

 紹介が遅れてしまいましたが、suu様によるナローゲージの新作です。
 
 気になる動力システムは、2002年ころのレーン走行する充電式レースカー(#8364及び#4558)の転用です。

 なお、同じシステムではBUCHI氏の作品もあり(2009年)。
 記事:【作品紹介】BUCHI様の、ナローゲージの新提案
 画像:brickshelf
 あの作品が出た頃は入手し難かったナローカーブですが、今は「黒」ならかなり廉価に入手できます。

 当然何らかの制御など出来ず、走らせっぱなし。円周を2-3周程度は出来るとのことですが、動くってことのインパクトは大きいもの。何より、ナローらしい機関車サイズが維持できるってことが有難い。

 機関車はグリル廻りがなんとなく酒井風。産業用の極小型ディーゼル機関車らしさは十分。
 3幅のボンネットが良い感じでもあります。排気筒も良いアクセント。

 床下は動力システムむき出し・車輪むき出しですが、充電器の上においてレールに載せるまでの間のパワーロスなどを考えると、車輪を抑えて置けるという意味で若干有利かもしれません。全体の雰囲気が良いので気にもなりませんし、走り優先するのは当然でもありましょう。

 貨車は簡易ですが十分にそれっぽい。理想をいえば二台車の運材台車にして欲しいところですが、きわどい動力廻りを考えたらこれでも上等。
 それよりは、森林鉄道っぽい極小のカブース(車掌車)が嬉しい。これがあると編成が引き締まりましょう。

 先にもふれましたが、運転は制御なしで円周を2周ほどするのみ。
 でも、この2周はとても楽しいものでしょう。
 持ち運びも簡単ですから、宴席の卓上などでも軽く披露して盛り上げとかできちゃうかも知れません。

 やや気になるのは、10年以上も前の品ですのでそろそろ充電式バッテリの劣化が始まるんじゃないかってこと。その意味では「時限」の題材かも知れません。何らかの形でセルの交換などが出来ればよいのですが……。
 
posted by 関山 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介・ナロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする