何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月28日

【レゴ製品】HeroFactoryでもポリバック「40116 HF Hero Minimodel」

 バイオニクルでのポリバック系ミニ製品って最後はいつ頃でしたっけ?

 bricksetによると、HeroFactoryでの初めてのポリバック製品が出ているようです。

 コメントは難しいのですが(ロボ・メカに詳しい方からはツッコミ食らいまくりそう……)、最小限のパーツフィグ搭乗メカが作られていることは評価しても良いのかも?

 一体部品でも良いので、ミニフィグを覆うキャノピというか装甲板(もちろんクリアパーツ不可! レゴ社公式デザインはやたらクリアにしちゃいますよねぇ)があれば印象は変わったかもしれません。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】2013年のレゴ社の売上、11%伸びる(annual report for 2013)

 情報源 brickset 及び The Brick Fan

 公式プレスリリースこちら

 2012年までの超絶快進撃を思うと、11%という数字が多いのか少ないのか判断に迷ってしまいます。
(ちなみに2012年では25%の伸びでした)
 ただし、「多い・大きい」ものであるのは云うまでもありません。
 
 bricksetの記事を少し訳します。
・新製品の売上比率は毎年60%程度である
・売上の上位はCity、SW、デュプロ。2013年の売上に貢献したのはFriendsとCHIMA。
(ただ、具体的に順位や数字はありません。記述順で間違いないような気もしますが。Technic・Creatorも売上伸ばしているようです)
・レゴグループの長期的な持続可能コンセプトとならなかったため、ボードゲームラインは廃止した。

 The Brick Fanの記事も少し訳します。
・売上は過去10年間で4倍になっている
・成長市場はポーランド・ドイツ・中国である
・コネチカット、ロンドン、上海、シンガポールに拠点を置く
 (開発なのか、流通なのかは全く不明)
・オンラインワールドの拡大。lego.com及びyoutubeの拡大

 
 以下、管理人の勝手なコメント。
 日本はすでに成長しない市場と見なされてるんでしょうか。まぁ世界的に見たら仕方ないことではありますが。「拠点」が何なのかわかりませんが、中国市場と東南アジア市場を別にみなしているとしたら興味深いです。マレーシア・タイなども今後成長見込めるのでしょう。

 日本では売れていないような印象のあるCHIMAも、売上は上げてるようでほっとしたような。
 Cityは相変わらず強いですし、Friendsが新市場開いた功績も大きいのでしょう。

 Youtubeでの公式ムービーは最近は多用されてますね。レゴとPC等を持っている(日常的に使ってる)家庭は相性がよさそうに思えます。

 最後にそれでも気になるのは、成長率の鈍化です……11%でも、そのペースが維持できるのなら良いのですが。
 2014年は北米興行成績が絶好調な(3週連続1位)レゴムービーが牽引車たるのでしょうか……?

 
<追記>
 薬師山様の指摘で、日本に関する記述もあること分かりました(7ページの右上7行目)。
The Japanese market continued its decline, whereas the emerging Chinese market saw growth.
中国の新興市場が成長を見たのに対して、日本市場では、その減少を続けた。
 ただし、これは「Market development」の段落の中の記述であり、「The Market for traditional toys」が主語になっています。つまりレゴではなくて玩具市場全体を指した記述と考えられます。

 その下には「Lego(R) sales」という段落があり、そこでは「lego」の各地域ごとの状況について触れられています。
「アメリカ、イギリス、中央欧州と北欧では1桁の伸び。フランス・スペイン・ロシア・中国は二桁の伸び。多くのアジアの国々ではセールスの伸びが強い」

 というわけなので、レゴの日本に関する売上増減に関する記述はとくに見いだせないと云うべきでしょう。
  



 
posted by 関山 at 05:02| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする