何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月25日

【作品紹介】sauseiji様の「氷河急行」。第二の瑞西ナロー(その1 客車篇)

 瑞西型ナローゲージ(1mちょうどのメーターゲージ。日本の1067mmに近い)というジャンルは、レゴトレインスケールとの整合性が高いのです。

 車体幅が狭くて、その割には高さがあってちょっと馬面感がある。
 大げさなディテールつけてもスケールオーバーにならない。
 そもそもガチなゲルマン系欧州型なのでレゴとの整合性も優れる……。

 そうした事実は、すでに なも氏の諸作品群で示されてきたこと。

 ただ、なも氏はRhB(レーティッシュ鉄道)にテーマを絞りこんでおられるため、その他の有名題材、例えばMOBのパノラマ急行に、MGB(旧FO)他の「氷河急行」は手付かずのまま……。

 ……新規参入の方が、内外問わずでもいらっしゃらないかな? と思っておりましたら。


 予想外の大物がやってきたのでした!
 おそらく日本で最も知名度の高いであろう瑞西の列車「氷河急行」の現行編成。


 客車は2006年からの「プレミアム」タイプ。全車両が天窓付きパノラマ客車。
 全ての乗客がこの列車を目当てにしている観光客ですから、一部の車両だけではなく全てを展望車にしているコンセプトは納得です。

 大きめの側窓は新型窓4x3で表現。細いピラーは実物通りの印象、上下や左右の寸法も極自然な感じです。この部品はもっとトレインモデルにも使われるべきでしょうね。
 肝心の天窓は新型窓2x3を並べて。構造上ピラーは太めですから、これも違和感がありません。
 斜め部分の処理は隙間が気になりそうなものですが、このモデルでは窓枠全て真っ黒なので全く気にならず。下手にポチスロ使って埋めたら違和感あるのかもしれません?

 圧巻は車端部。二両合わさって瑞西国旗を作るデザイン。ここの斜め表現は一筋縄ではいかないものの筈……。しかし、ポチスロの駆使で自然に・美しく。横組みならぬ33度組み……この発想、普通は出てこないものでしょう。当然隙間は発生しますが、実車ではドアなどがある車端部故に、隙間も却って自然に見えるのです。

 車輪をくっつけた小ぶりな足回りは違和感無いですね。
 連結器もまた凝った作りのようです。瑞西ナローはバッファなしで自動連結器?ですから、レゴの現行パーツがそのまま使えないのが辛いところです……。

 窓まわりのアップ。天窓はこれまで45度スロープ使うやり方が主流でしたが、2x3窓使うと透ける天窓が再現できるのですね。無論、全ての題材に利用できる手法ではありませんけれども。
 インテリアも当然再現。大窓な展望車はミニフィグ乗せると様になるのです。

 なにより、美しい、乗ってみたい! と思わせる客車です。

 厨房付客車。
 食堂車ではなく、食堂車同等の食事のシートサービスという方式は「全ての乗客がこの列車を目当てにしている観光客」という実態に即したものと云えましょうか(まぁ団体客多いらしいので、個人客対象の食堂車よりはケータリングのほうが団体向けという見方もできますが……)。

 赤一色というごまかしの効かない車両ですが、そつなくこなしています。
 厨房部分は2x3窓を横組み。実車も「窓枠」目立つデザインですからこれで正解に思えます。
 ロゴの表現も面白い。マーキングの部分にはFriendsのパウンドケーキ型?を使っているのですね。取り付け部凹ませて車体とツライチになるようにする配慮も。

 通常客車の端につける編成も、客車の間に挟み込む編成もアクセントになりそう。

 作品のFlickrフォルダこちら
http://www.flickr.com/photos/99420084@N06/

 製作者のブログ記事はこちら。「LEGOで氷河急行 完成」
http://ameblo.jp/sauseiji/entry-11767891795.html


 最後に余談ですが、「Glacier Express」を氷河特急っていう言い方は抵抗あり。
 特別な列車=特急って訳すのって、古くからの鉄道愛好者としては如何せん、許しがたい。
(ひどい例は「オリエント特急」……もう何を況や)
 その意味で、この作品の作者が「氷河急行」とつけてくれたのがうれしく思えたのでした。
 
<続く>
posted by 関山 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】型番不詳「卒業おめでとうセット」

 今年はあんまりシーズナル系ポリバック製品の話は聞こえてきませんが(去年はすごく多かったのに)、こんなのが出ている模様。


 情報源および画像は「The Brick Fan」より

 既存の「結婚おめでとう(850791)」「誕生日おめでとう(853340)」に続くシリーズか。ミニフィグそのものはMinifigure Series5のものと同等のようです(ガウンで覆われているため詳細は分かりませんが。まぁガウンと角帽が手に入れば良いって見方もあります)。

 おそらく日本でもクリックブリック店頭には並ぶでしょう。
 文化的な違い有りましょうから、日本で動くかどうかわかりませんけども。でもまぁ文化差というか欧米的なのはレゴの一つの特色ですものね。

 さて。以下は余談。
 昔は卒業というとレゴも卒業しなきゃいけないネガティブイメージ有りましたが(管理人の世代はそんな記憶持つ方も少なくないでしょう……自発的ならともかく、ね)、今は大人の趣味へのシームレスな流れができている感がありますかも。
 その意味じゃ、今はいい時代になったと思うのでした。いや、そうした流れを作って下さった先人たちに感謝を、と。
 

 
posted by 関山 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。