何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月10日

【歴史番外編】カツマタ様の、古典レゴモータ使ったトレイン。50年の時を超えて。

 レゴのモーター・電気系は1966年、4.5Vトレインシステムと同時に始まったと認識されています。
 このシステムは1970年代後半までの4.5Vシステムの絶えざる改良の中で、互換性を保ちつつ、システムとしての一貫性を持ってきたとも云えます。
 そして、12Vシステムを並行しつつ、1986年以降ゆっくりと連続的に9Vシステムに置き換わっていったのでした。ちなみに現PowerFunctionも9Vシステムの流れにあると云えましょう。

 しかし、それ以前にもレゴにモーターなどの電気系が存在していました。

<画像はbricklinkより>
 #002 4.5V Samsonite Gears Motor Set 1965年?

 セット内容はクリアケースに収まったパックモーターと、同じくクリアの単2電池×3用の電池BOX。接続ケーブル。要は4.5Vですので、後のシステムと互換性はあります。但しケーブルのコネクタが左右分離しているタイプである必要がありますが。
 互換性が無いのは車軸。ぶっとい金属製のボス。1970年代まで使われていた金属製車軸とも互換性はなさそうです。

 正直なところ、これが日本に現存しているとは思いませんでした。
 それも、稼働状態で。


 まずは、動画ご覧ください。50年前の電気系が稼働しています。
 しかも、状態が綺麗です。デッドストック品でしょうか? クリアやホワイトに劣化が全くありません。コレクションとして奇跡的なコンディションと云えましょう。

 以下は、動画からのキャプチャーです。

 動力車と「バッテリーカー」。使用している歯車も#001 ギアセット(1965年)のものを使用しています。
 なお、この世代の電池BOXにはなんとスイッチがありません。動画では、ケーブルの抜き差しでスイッチ代わりにしています。

 右の白いギアが、黄色いギアを回し、左の白いギアを回しています。そこから先は1970年代後半以降の現行テクニックシステムの世界。そして車輪は2006年以降のRC/PF用という混成なのが、レゴシステムの高度な互換性を物語る。ここは感動的でさえあります。

 2軸駆動。ちなみに#002のパックモーターは、後日の4.5V(12V/9V)パックモーターと異なり1軸しか駆動しません。

 #002の箱。美品です。奥の乾電池が時代を感じさせます。

 その中身。電池BOXとモーターと、接続ケーブル。なお、セット外の電球ユニット(ヒューズ形の管球使うもの)も入っています。

 モーター本体。後の4.5Vパックモーターよりもコンパクトで、一見使い勝手もよさそうに見えるのですが、1軸しか駆動しないのはパワー不足であったかもしれません。
(9V・PFなどで自作動力造った方ならご存知でしょうが、駆動軸数1はパワー的に厳しい場面が多いです)

 それにしても、このコンディションは素晴らしいです。
 また、クリアで中の見える電気系・動力系というのも知育玩具としては効果的、魅力的なものでもありましょう。ただ、完成作品のリアルさなどを考えると、後日の青や黒になったのは致し方ないことだったのでしょうね。

 歴史の証人がまたひとつ。大事になさってください。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴトレイン製品史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】ごちゃごちゃ言うより数字見ろ? レゴムービーの興行収入1週目

 http://movies.yahoo.com/box-office/
 アメリカの「yahoo映画」より。

 言いたいことは表題どおりです。
 宣伝広報に相当にコストかけたのかなぁとか、或いは他に大物がない時期を上手く利用できたのかなとかも思いますが、週末興行成績1位って事実とインパクトは揺るがないものでしょう。

 それにしても……あぁ、コケなくてよかった。
 ゲームの映画化とか、おもちゃの映画化で成功例なんてあんまり聞きませんからね。
(ポケモン?って思いましたけど、あれはTVアニメの映画化と考えるべき)

 レビュウはとりあえずbricksetとThe brick Funのものリンクしておきます。

A Bricktastic Opening Weekend for The LEGO Movie
 主に興収面について触れています。当初予測を上回るものであったこと。また、続編決定についても触れられています。なお、観客の60%以上が18歳以上の大人であったとのこと。
(あの……、レゴランド・ディスカバリー・センターの差別主義者共、聞いてますか?)

The LEGO Movie Review (Spoiler-Free Version)
 絶賛してますね(荒く読んだので誤読あるかも)。映像表現も高評価の模様。

 上のyahoo映画のユーザレビュウはバラけてます。1点も5点もあり。
 まぁ「数字」出てる以上は、5点の方を信じても良いのでしょうか。

 なんであれ、日本での公開も楽しみになってきました。
 
posted by 関山 at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。